TYPE-Y
TYPE-Y
カーオーディオにこだわり始めたのがきっかけで、ホームもやるようになりました。 今は車はドノーマル、ホーム一辺倒です。 2015年くらいからホームオーディオの世界に戻ってまいりました。 2018年…

マイルーム

寝室オーディオ
寝室オーディオ
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
デスクトップ横にスタンドでSPを設置するニアフィールド仕様。 機器がもったいない使い方なのは重々承知しておりますが、いましばらくはこれで我慢です。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

マスタークロックの効果

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月19日

ゴールデンウィーク中に入手したESOTERICのG-02の感想でも書いてみます。
これに合わせるDACはTEACのUD-503です。


うちのオーディオ設置状況は85cm四方のテーブルにDACとプリアンプP4Amk2を置き、テーブルの両サイドにDYNAUDIO SP40を純正スタンドに設置しているニアフィールド仕様で、テーブルの下に自作ラック(かないまる式ラック風)でマスタークロックG-02とパワーアンプH20を設置しております。テーブルの下は暗いのでフラッシュ撮影した写真です(笑)。今の所、インシュレーターには大した物を使ってなくてスピーカー周りの見直しが終わってから機器の設置は改めて手をつけていくつもりです。

さて、タイトルのマスタークロックの効果ですが、これはDACのグレードがひとつかふたつくらい上がったのではないかというくらいに音質改善がなされました。導入前後で聴き比べは特にせずに何となく聞いても分かったくらいです。導入後は音のピントがしっかり合い、より本物っぽい音になりました。今まで聴いていた音はにじみのある音だったことを感じさせられました。音の輪郭が強調されるわけでもなくスピーカーから出てくる音が以前より正確になったことで、音の前後感や広がりもあるべき場所で鳴っている、そんな感覚です。うちのセッティングでは決してステージが倍の広さに!とか音が天井を突き抜けるとかそのような効果はありません(笑)。専用部屋でスピーカー間を広く取るようなセッティングができればそれも可能なポテンシャルは感じます。

G-02の設置状況は純正の脚の下にクリプトンのIS-20、電源ケーブルは付属品、BNCケーブルはタイムロードのAbsoluteⅡを使用しています。マスタークロックの導入は初めてなので、店の人に電源ケーブルの変更で音が変わるのか聞いたところ、トランスを使った製品は良し悪しは別にして電源ケーブルで音は変わるので、余裕ができたら変えてみると面白いですよ、とのこと。というわけで、今うちに余っている電源ケーブルがないので、新しく電源ケーブルを発注しました。うちで使っている電源ケーブルはSAECのAC7000にフルテックFI-11CUと、クリプトンのPC-HR1000M-Triple CにFI-11CUと全てPC-Triple Cを使っております。今回はちょっと奮発してアコリバのPOWER SENSUAL-TripleC18000を発注し、これをタップ壁コン間のAC7000と換装、外した電源ケーブルをクロックに入れてやる計画です。
正直、電源ケーブルの変更はあまり聴き比べたことないので、レポートできるか自信がありません(笑)。何か感じるものがあればまた書いてみたいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする