試聴記
試聴記

マイルーム

                                                                                                                             
                                                
                              
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

第122話 2つのゴルトベルク ・ 2つのPLCフィルター

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年04月29日

今日HMVでは、休日ということでポイントが10倍であったので、久しぶりにネットではないリアル店舗に行ってみた。そこで前から狙っていたハープのカトリン・フィンチを選んだ。また同じ試聴機にセットしてあった曽根麻矢子のゴルトベルクも聴いてみると、予想外に良かったのでこちらも購入してみた。

曽根麻矢子のソフトは、以前からハイブリット盤でリリースされていたので、その音質には興味があったのだが、私には音質よりもその演奏に癖が感じられ今まで購入したことはなかった。しかし、今日買ったゴルトベルクの演奏は、以前のアッサリした演奏から、極めて抑揚に富んだ見事な演奏に生まれ変わっていた。ライナーノートを読むと、10年前の録音よりもテンポが落ちてCD一枚では収まらなかったので、繰り返し部分をカットしたそうだ。しかも録音時には、全くこの事に気付かなかったそうで、もし知っていたら早く演奏したかもしれないので、かえって知らなくて良かったと書かれていた。

もうひとつのベルクはハープによるもので、演奏・録音とも文句の付け所が無い素晴らしい内容だった。まずそのサウンドだが、CDにも関わらず曽根のSACD層よりも、奥行きや高さの表現が突出して素晴らしく、またハープの弦の音がピッタリ、センターに定位していて、聴いていてとても気持ちがいい。またハープの表情も興味深かった。ハープのCDを買ったのは初めてかもしれないが、こうやって聴いてみると、その音色は何か神秘的なものを感じた。手で弾かれるハープは、指と弦の摩擦の仕方で、曲に印象的な表現力を与えていることから、ある意味、村治佳織などが弾くアコースティック・ギターと同じ仲間かも知れないと思った。

曽根のチェンバロは、以前タワーレコードのイベントで彼女の生演奏を聴いたことがあったが、思いのほか音が小さく、またピアノのように強く弾いたりして、表情を与えることが難しい楽器だと感じた。それに引き換えこのハープは、例えば強く訴えるパートでは、強く弦を弾くことで「ピンッ」音にアクセントが付き、逆に穏やかにするときは優しく撫でるように弾くことで、うまく曲に表情が付くようだ。ライナーノートには制作過程のインタビューが載っていて面白かったが、カトリンがこのゴルトベルクの中で最もハープに適していた曲に第七変奏を挙げていた。試しに同じ曲を曽根のチェンバロと比較してみると、同じ曲であることが、言われなければ分からない程、違っていたのが興味深かった。

また、今日はヨドバシにいって、パナのPLCノイズ・フィルターを手に入れた。
家に帰り、先日購入したサンワの物と交換して早速試聴してみた。すると明らかにサンワとは違った音色が感じられた。パナは中域あたりのエネルギーが減少し、またハイハットの音数が減り、音も硬くなってしまった。試しにサンワに交換すると、一気に音数が増え今まで感じられなかった音の佇まいが感じられた。更にサンワを刺したまま、違うコンセントにパナのフィルターをコンセントに挿すと、やはり音が硬くなり音数も減少してしまった・・・。どうやらうちでは、パナのPLCノイズ・フィルターはコンセントに入れるだけで弊害がでるようだった。

またサンワのPLCノイズ・フィルターについても、面白い現象があったので記して見たい。それはこのフィルターは、ノイズ源である家電につなぐと取説には書かれていたが、うちで検証した限りでは理想の音が出る電源環境の条件に、冷蔵庫などのノイズ源にフィルターをつなげることには、関係ないということだった。例えばTVや冷蔵庫がノイズ源だとすれば、これらをコンセントからはずした状態が、ベストな電源環境と仮定できるだろう。しかし、そうではなかった。家電のコンセントを外した状態では確かに音がよくなったのだが、この外れた状態でサンワのPLCノイズ・フィルターをコンセントに繋ぐと、音が一気に良くなった。さらにこのフィルターに冷蔵庫等の家電をつなげてみると、逆に低音の力感が僅かに向上した。まとめると、サンワのノイズ・フィルターがコンセントに繋がっていれば、コンプレッサーが唸っている状態の冷蔵庫でもオーディオの音の状態が最も良く、逆にフィルターがささっていない状態では、例え家電のコンセントを抜いた状態でも良くなかった。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 不思議ですね~!
    なぜこのようなことになるのか?これは是非とも解明したいものです。私もサンワのPLCノイズ・フィルター(と他も)を買って試してみることにしましょう。

    ちなみにウチの主要家電の電源コードには、すべてフェライトコアのノイズフィルターをつけていますが、おまじない程度の気持ちで付けたので効果は確認していないんです。(笑)

    PLCノイズ・フィルターの効果ははたして、私の駄耳でもわかるのか!

    byヒジヤン at2009-04-29 22:26

  2. パナのやつは確かに固めの音になりがちですね。でもエージングで変化して随分落ち着くようです。当方の環境では音と関係ないところに入れて弊害と感じたことはないですね。環境でかなり変わるみたいです。

    byfreestyle at2009-04-29 22:38

  3. 試聴記さん

    今日、ご紹介のPLCノイズフィルターを買いに行ったのですが、売り切れていました。他店取り寄せや注文も聞いたのですが、メーカーにも在庫がないと言うことで諦めました。

    メーカーのHPも見てみましたが、コンセントとノイズを出す機材の間に挟んで使うものとの説明なので・・・・・理解に及ぶ範囲を超えているようです。

    でも、これは面白いのでもう少し深掘りしてみるのも良さそうですね。何かわかったら、またご紹介下さい。

    byヒジヤン at2009-05-01 18:09

  4. 試聴記さん、こんにちはぁ

    うち部屋では、夜中の3時ごろ電気を使っていないのに NOISE HARVESTER が激しく光りだすことがあります (ーoー)
    きっと、冷蔵庫等のノイズが回り込んできているんだろうと推測しているんですが・・・

    どうしようか? と 思っている時に非常に参考になるレポありがとうございましたm(__)m

    明日、後輩の結婚式に出席するため大阪に行きますので、ついでにヨドバシ梅田に サンワのPLCノイズフィルターを調達に行ってきます(^^)

    byの~てんき at2009-05-01 18:27

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする