試聴記
試聴記

マイルーム

                                                                                                                             
                                                
                              
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

第406話 バスレフ・チューニング

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月15日

今日は、ダイアトーンの試聴会に出かけたのだが、そこで面白いお話が聞けた。
バスレルポートを流れる気流は、中心の流速は早いのだが、ポートに接触している空気は、そこにへばり付いて流れが遅くなるという。そこで、ポートにへばり付いた空気を剝がす為に、とうもろこしのような小さい粒をポートに付けて流速を上げているという。

トヨタも、アルミ板をフェンダーに付けて静電気を逃がすことで、空気の流れを良くしたという記事を読んだことがあったので、まずはレコードスプレーを布に吹き付けてバスレフに塗ってみた。

あまり違いが感じられなかったので、今度は期限切れのカードを、はさみで切って、バスレフポートに置いてみた。すると音の抜けが向上し広がりも出て驚いた。低域のレスポンスも明らかに良くなった。

付けたり外したり、その効果を確認してみたが、カードの破片をバスレフに置いただけで、明らかに解像度と広がりが向上していた。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする