なめくん
なめくん
気まぐれでプロ不写真を変更してみました(2008.05.12) この人形、メタボ腹所以か全身プニプニです。(^^ -- リスニング環境より、モニター環境に馴染んでいる、あるいみホームシアターと遠…

マイルーム

趣味と仕事混在のカオス部屋
趣味と仕事混在のカオス部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~4ch
モニターしたいんだか、リスニングしたいんだか意図不明な構成です。 個人的には常に聞きなれているモニタリング環境の音に馴染んでしまっているので、脚色が付かない素直な出音が大好きです・・・というか脚色加…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

お気に入り製品

日記

ダビング10アンケート/製作者として私もその通りだと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年05月29日

http://www.phileweb.com/news/d-av/200805/29/21131.html
↑のアンケート結果。
まさにその通りだと、ユーザーとしてはもちろんコンテンツ製作者としても思います。

CD等のソフトの売り上げは、家庭内利用に制限を入れても、まだまだ下がっていくと思います。
理由は簡単「昔と違って、遊びの種類が豊富だから、エンターテインメントのお金が集中しない」
昔は大人がしなかったゲームも全世代で遊び、他の趣味のカテゴリ範疇もものすごく広がり、
音楽がエンターテインメントの主流だった時代も終わり、映像作品などと平行するようになり・・・。
もともとの”それぞれが稼ぎ出せる範疇”に収まりつつあるというのが現状だという気がしています。
作る方は本物が欲しくてたまらないように作ればいいのですよ。
それが商売というものです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんは。

    原著作者に近い人の考えが聴けるのは貴重です。
    自分も製作者に近い立場なので、メディア保証金みたいなどこを流れているのか良くわからない、しかも全然還元されていないモノはいらないと考えています。

    by蛇踊り at2008-05-30 01:29

  2. 多分にグレーな存在がチラホラするこの問題・・・なんなのでしょうね。

    個人的には欲しいものがあればメディアで買うし、買うほどでもないなら借りる事もほとんどしないので、この人たちのいっている理論からは大きく外れている一人です。

    レンタルが大多数だとしても?
    ダレが金を払ってコンテンツを買っているのか忘れてるのでしょうか?

    買おうとする人を萎縮させるような行為をすることが、どのような結果を生むかをCCCDで学ばなかったのでしょうか?
    コンテンツの魅力不足をコンテンツを保持する為にお金を払っている人たちに向けてどうしたいのでしょうね?

    娯楽が多様化する中で、自らが生き残る為にコンテンツ自体が何らかの訴求をしていかないと、ただ制限するだけでは全く意味の無いものとなると思いますけどね・・・。

    実際どうすりゃいいかは、むずかしいんですけど・・・
    itunesなどで視聴できたり買えたりなど触れる機会を多くするってのは購買欲をそそられる一つの良い例だと思いますし、そーゆー方向性でもっていけないものかなぁと思います。

    結局ネット配信まで手が回らないのも放送業界の痛いところなんでしょうかね?

    by凛吏 at2008-05-30 09:23

  3. 皆さんやはり思う所あるみたいですね。
    コンテンツ商売って、いつからこんなに御高くとまる形の商売しているのやら。




    --------------------------------------------------------------------
    ここからはブチブチ言いますので、気分が沈んでるヒトは絶対見ないでください(爆
    --------------------------------------------------------------------




    そういえば、基著作物も持っててJASRACの正会員でもありますが、保障料金の配当なんて一切貰ったことないですね。
    支払われる配分資金明細にも一切記載されて無いです。
    包括契約での利用履歴も雑なのか、TV放送で自分のコンテンツつかわれても支払いされないケースがほとんど(95%以上?)です。
    そんな状況でも別に制作者として「まぁ今作った物のギャラじゃないし」と脳内収入計算から除外してることが多い現状ですが、なぜか管理側はさらなる収入科目を増やそうとする姿勢を取るのがフシギなんですよね。

    自分らの本来の仕事をもうチョット考えて欲しいところです。
    給料分である委託料や手数料支払ってるのに、まだ取りますか。
    もともと儲けを出すために作られら組織・団体ではないというトコロを忘れてるんじゃないかなと。
    ライセンス代理窓口という組織にはもうならないんでしょうけど。

    一制作者のつれない愚痴を読んでくれた方、失礼しました。

    byなめくん at2008-05-31 15:12

  4. なめくんさん、その話事実だと思います。
    私の身近なところにも著作権者がいるんですが、黙っていても放送局から支払われた著作権料が還元されない話を聞いて驚きました。
    JASRACに対してしっかり請求しないと駄目らしいです。
    つまり、殆どのアーティストの方は自分の作品が使われて著作権料を取り損なっていることになる。
    JASRACが制作者へ著作権料をしっかりと還元するシステムを作って初めて、放送局やメーカーへ請求できるというのが筋です。

    byfreestyle at2008-05-31 15:54

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする