いなかのクラング
いなかのクラング
オイロダインSP装置でLPを主に楽しんでます。 石井式のルーム(コピー)約15畳で高さ3.76幅4.45奥行5.36m(1:1.17:1.43に近似)で定在波が分散する寸法に、現在は吸音面全てを塞い…

マイルーム

音楽とオーディオを楽しむ
音楽とオーディオを楽しむ
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
石井式を真似た15畳の部屋でクラングフィルムオイロダインを鳴らしています、ルームチューニングは初期部を反射に、関与しない面は散乱(プール効果狙い)を残響音の拡散を増やす方向に配慮をしてます。 定…
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

今年もよろしく。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月12日

ファイルウェッブの皆様、今年もよろしくお願いします。

正月休みの合間に屋内配線の見直しを、パナソニックのブレーカーに、電線も交換
4回路の中1回路がFケーブルでしたのでフジクラCV-S5.5sqに。

ブレーカーをテンパール小型タイプから評判のPanasonicBJW型50フレームブレーカーに入れ替えを。

途中試しに回路による音の違いをテストをしてみました(図面イメージ)
Room直近からの分岐と契約ブレーカー直下からの分岐
やはり電力計直下からの分岐が歪感と静寂感等軍配が上がります、手間と材料代は嵩みますが出てくる音に代えられませんね。
後者を(図面下側)選び工事終了後、試聴は愛聴盤ベームの7番ベルリンフィルを
歪感と奥行、質感がいままでと違って聴こえてきます。

本年も、生には敵わぬ“缶詰の音“の探求が始まります。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする