くまぴょん
くまぴょん
2001年にサラウンド環境をAVC-3550で構築して以来、少しずつ強化中です。

マイルーム

趣味の部屋
趣味の部屋
借家(マンション) / リビング兼用 / その他 / ~8畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / ~5.1ch
B&W 5.1chサラウンド環境 B&W 800SD(フロント/バイアンプ) B&W HTM2D(センター) B&W 802D(リア) B&W DB1(サブウーファー) MARANZ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

DLA-Z1とDP-UB9000の組み合わせの最適化

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月29日

DP-UB9000とDLA-V5、DLA-V7、DLA-V9Rの組み合わせで
HDRのトーンマップを最適化する機能が紹介されました。
https://www.phileweb.com/review/column/201901/18/648.html

DLA-Z1でもDP-UB9000で最適化してみようと思い、
ベーシックな輝度のプロジェクター(350nits)の
カスタムガンマを計算しました。

input output
5% 20
10% 43
15% 71
20% 107
30% 204
40% 347
50% 559
60% 869
65% 1023
70% 1023
80% 1023
90% 1023
95% 1023

JVCのキャリブレーションソフトでカスタムガンマを作っているところ。

明るいところはDP-UB9000のトーンマップで色を残して
暗いところはDLA-Z1のカスタムガンマカーブで暗部階調を出します。

このカスタムガンマカーブではHDR(ST.2084)のガンマ設定で
調整しきれなかった黒つぶれ部分が解消できました。
DLA-X770RやDLA-X990RにもJVCのキャリブレーションソフトがあるので
DP-UB9000との組み合わせで最適化ができますね。

次はVideoForge Pro 4K HDRパターンジェネレータが届くので
いろいろ試してみようかと思っています。

2019/02/14 計算式を追加しました。
inputは0から1.0。MaxCLLは350または500。
outputはキャリブレーションツールで入力する値。

output =MIN(POWER(POWER((MAX(POWER(input,1/78.84375)-0.8359375,0))/(18.8515625-18.6875*POWER(input,1/78.84375)),1/0.159301758)*10000 / MaxCLL, 1/2.2)*1024,1023)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. くまぴょんさん、どもです。

    お、興味深いネタですね。
    videoforge pro 4K HDR 届いたら情報提供お願いします。
    気になるのはカラーフィルターが入った状態でcolor checkerの測定をしたらどの様な結果になるかですね。
    また、UB9000側でトーンマッピングONにした状態での測定結果も気になります。

    ではでは。

    byガッツ at2019-02-01 12:59

  2. こんにちは、ガッツさん。

    VideoForge Pro 4K HDRは届きました。
    CalMAN Home Enthusiastは販売終了前に買えました。
    光学センサーはi1Basic Pro2とSpyder5のどちらも使えていますが、
    暗部の測定能力の差が出てしまうようです。

    byくまぴょん at2019-02-10 03:59

  3. くまぴょんさん、どもです。

    お、VideoForge Pro 4K HDR届きましたか。
    これでHDRの本格的な測定できますね。

    プローブは暗部の測定に拘りだすときりがないのですが、CalMANで測定する場合、基本的にリファレンスをi1Pro2にして、測定用に暗部の測定に強いものを利用しています。
    事前にCalMANのメータープロファイルの作成をして運用する感じです。

    JVCオートキャリブレーションにはi1Pro2を利用し、キャリブレーション後の詳細確認をCalMANで上記プロファイルを用いて実施するイメージです。
    ちなみにですが、比較的購入し易い価格帯で通常利用の暗部の測定にも適しているのが、SpectraCal C6あたりのプローブですね。
    HDRがつかないタイプですが、現行の超高輝度モデルを除いたモニター環境では十分な輝度をサポートできています。

    ◾️UB9000のベーシックな輝度レベルのプロジェクター設定を利用したZ1の運用
    UB9000とZ1の組合せ運用ですが、LDパワーを高輝度モードにして、Z1をキャリブレーションする際は400nitsあたりのEOTFを狙ったプロファイルを作成しておくと良いかもしれません。
    Z1のポテンシャルですと100インチでカラーフィルター無しですと全白400nitsは余裕という事もあり、絶対輝度レベルのエラー込みでの測定をした場合でもエラー値が低いためDCI P3色域カバー率が100%未達という点を除けば、カスタムプロファイルを作成した運用がベストなのかもしれません。

    カラーフィルターを入れた場合、DCI P3 100%をカバーする代わり、絶対輝度レベルでのエラー値は高くなりますので、輝度が下がる分発色は落ちますが、相対輝度レベルではエラー値が低く(カラーフィルター無しより優秀)、階調表現力が増した深み、艶感のある映像はとても魅力的です。
    特にプライマリーカラーの赤、緑の表現は眼を見張るものがあります。

    実際に映像を観てカラーフィルターのON/OFF運用を考えてみると良いかもしれません。
    タイトルによってはカラーフィルターを入れなくても良いぐらいDCI P3色域を使い切っていないものもありますので。

    ではでは。

    byガッツ at2019-02-10 10:13

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする