元住ブレーメン
元住ブレーメン
高校生時代にベータマックスで映像に目覚め、フォーマット変遷を何世代と経た今、撮影から編集、映写まで4K環境がついに実現しました。ホームシアターのための家も建て、充実した日々を送っております。 コ…

マイルーム

ホームシアター「建築」記
ホームシアター「建築」記
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
我が家の(地下室)ホームシアターです。 もともとは賃貸派の私でしたが、好きなときに好きな映画や音楽を好きなだけ好きなように鑑賞するには、持ち家しかないと一念発起。2005年の10月に地上二階、地下一…
所有製品
  • HDDレコーダー
    PANASONIC DMR-4W400
  • センタースピーカー
    B&W HTM2
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-55GX850
  • 一眼レフ ハイクラス
    NIKON D850
  • BDプレーヤー
    PANASONIC DP-UB9000

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

JVCの新型プロジェクター、最上位機種は日本未発売!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年10月26日


昨日のPhilewebの記事より

「ビクターは、独自開発のD-ILAデバイスを採用し、3D映像の投写に対応するホームプロジェクター「DLA-X7」、「DLA-X3」を12月上旬に発売する。価格は上位機の「DLA-X7」が84万円(税込)、「DLA-X3」はオープン価格だが、およそ49万円前後での販売が見込まれる。(中略)なお、先ごろ米JVCが北米市場向けに展開する製品として発表した、ネイティブコントラスト値に秀でる上位機種の「DLA-X9」(関連ニュース)については、「国内市場でのニーズをみながら、今後投入するかを検討していく」(同社広報)予定という。

ちなみに9月24日の同Philewebの記事によると、

「米JVC、3D対応D-ILAプロジェクター「DLA-X9」など6機種を発表 - 上位機はネイティブコントラスト10万対1」

で、この「上位機」DLA-X9が今回日本での発売が発表されなかったものです。

しかし、ホームシアター市場ではハイエンドの一角を形成する日本で、日本のメーカーのビクターが最上位機種を投入しないことは考えづらいでしょう。私の推測する真相は、DLA-X9が(歩留りの悪さなどで)発売できる状況になく、一方で年末商戦を逃すのは得策ではないことから、出せる下位機種だけ発売し、一方で買い控えを避けるため、出せない上位機種に関しては日本市場への投入を「今後検討」という言い方にしているのではないでしょうか。

私はDLA-HD750を使っており、3D可能なプロジェクターへの買い替えを検討しています。ビクターも有力候補ですが、年末に間に合うDLA-X7を買ってしまうとすぐにDLA-X9が出て悔しい思いをする、ということになりそうです。ソニーの対抗機種もふくめ、慎重に検討したいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. たしか現行のシリーズでも、日本国内で最上位機種は販売していなかったと思います、
    供給の問題ではなく、(その使用環境がシビアで)受け入れられる購入者が、少なすぎるということではないでしょうか

    byPlaceBell at2010-10-26 12:46

  2. 確かにJVCのサイトには現行機種としてDLA-HD990という、国内未発売でHD950よりスペックの高いモデルが存在していますね。

    ただ、全暗のシアタールームを所有する人は珍しくなくなっており「コントラスト比が高い=買う人が受け入れるのが難しい」とは私は思わないので、JVCの真意が知りたいところです。HD990とHD950の差はコントラスト値と、保証期間の違いで2000ドルの値差がついています。

    http://tv.jvc.com/product.jsp?modelId=MODL028599&pathId=140&page=14

    個人的には他国で上位機種が手に入るにも関わらず、下位機種を甘んじて購入するというのは受け入れがたいところです。

    by元住ブレーメン at2010-10-26 14:38

  3. 元住ブレーメンさんへ

     http://www.phileweb.com/news/d-av/201010/25/27120.html

    まァ- 何はともあれ 3D対応機を出してくれた事は良かったです。  一、Victorファンとしても 「ホッ!」と出来ました。     購入の目途は立ちませんが・・・  アッハッハ。



     しかし・・・  Victorは 『日本』のメーカーなのに、日本を軽視している様な態度はちょっと悲しいですね。   確かに、米国市場は日本の比でないほど デカイと思いますが・・・   もう少し「母国」を大切に扱ってほしいものです。

     まァ- この流れはビクター以外にも言える事で、特に「シアター関連」のオーディオ機器はその傾向ですよね。   アンプなんかは特に・・・   まァ- ビジネス(儲け)あっての 会社ですから 仕方がないのかな?



     でも、3Dのリアリティーが どれ程表現できるのか?  ぜひ、試視聴してみたいですね。  3Dメガネと 送信機が別売! なのはどうして? と思っちゃいますが・・・   

    それと・・・  メガネ制御用の信号は・・・  赤外線?  電波?   どこに設置?    写真の送信器が デカイ様な 気もしますが・・・  アッハッハ。   さすが! 初号機!   2代目、3代目で改善されそうですが・・・。

    byアコスの住人 at2010-10-26 21:41

  4. 65インチのプラズマで見た3D「タイタンの戦い」はなかなか楽しかったので、プロジェクターも前向きに導入を検討しています。次の映画のリリースが何になるのか分らない現状は不安ではありますが。。。ドキュメンタリー映画などは何本か予約をしました。3D映像はサラウンド音声以来の飛躍と期待しています。

    JVCの3Dグラスドライブ用のエミッター(送信機)はサービスエリアを考慮してか結構大きい感じですね。私はこういうこなれていない製品を(多少苦労しながらでも)使いこなして、人より先に新しい体験をするのもマニアの醍醐味と思っています。

    そういう私にとって、フラッグシップが手に入らないというのは無条件に我慢なりません。JVCにはぜひ再考を促したいところです。

    by元住ブレーメン at2010-10-27 20:55

  5. インストーラー向けの販売網が弱いのかしら?
    おそらく素で出すと、通常モデルとの違いを、価格に合わせられない恐れがあり それが二の足状態とさせているのではないでしょうか?

    インストール代金で、しっかり商売できる体制(消費者であるこちら側も、物にではなくアイデアと知識と手間にお金を払う心構え)が、残念ながら日本の市場にはまだないのかもしれません。

    byPlaceBell at2010-10-28 17:46

  6. 最新のプロジェクターですか、私は3D対応のプロジェクターを待ち続けています。

    テレビは2Dにしたのですが、プロジェクターは3Dにしたいと思っています。
    アンプ、プレイヤーともに3Dが出ているので、後はプロジェクターのみとなっています。
    はやく、我が家の環境で3Dの映画が観たいです。

    byかぶと at2010-11-01 11:13

  7. >通常モデルとの違い

    アメリカはシビアかつ客観的に違いを容赦なく浮き彫りにするお国柄で、日本より選択眼が甘いとは私には思えないので、モデル間の差がないから、ではないのではないでしょうか。

    >我が家の環境で3Dの映画

    「アバター3D」が今月中に手に入りそうで、楽しみです。ただ中々あとが続かないですね。ハリポタはクオリティの観点から3D制作をあきらめたようですし。

    by元住ブレーメン at2010-11-01 17:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする