元住ブレーメン
元住ブレーメン
高校生時代にベータマックスで映像に目覚め、フォーマット変遷を何世代と経た今、撮影から編集、映写まで4K環境がついに実現しました。ホームシアターのための家も建て、充実した日々を送っております。 コ…

マイルーム

ホームシアター「建築」記
ホームシアター「建築」記
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
我が家の(地下室)ホームシアターです。 もともとは賃貸派の私でしたが、好きなときに好きな映画や音楽を好きなだけ好きなように鑑賞するには、持ち家しかないと一念発起。2005年の10月に地上二階、地下一…
所有製品
  • Blu-ray Discレコーダー
  • HDDレコーダー
    PANASONIC DMR-4W400
  • センタースピーカー
    B&W HTM2
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-55GX850
  • 一眼レフ ハイクラス
    NIKON D850

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

サンスイの終焉

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年01月20日

四半期の売り上げがアフターサービスのみの300万円足らず、残った5人の従業員の方々の生活を心配してしまいます。もう新たなサンスイトーンは聴けないのかと思うと寂しいばかりです。

http://www.sansui-jpn.co.jp/ir/pdf_report/2011-3q-report.pdf

私が最初に「本格的な」オーディオを買ったのは、高校生の時に新聞配達のアルバイトをして購入した、当時の「三種の神器」、ソニーのCDプレーヤー、サンスイのアンプ、ダイアトーンのスピーカーでした。三菱はすでにダイアトーンのスピーカーをあきらめ、サンスイは資本がしばしば変わりながら再建の道を探っていましたが、ここにきてとうとうその道も弊えたようです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 元住ブレーメンさん、こんばんは。

    >三菱はすでにダイアトーンのスピーカーをあきらめ
    いえいえ、DS-MA1はまだ販売継続中ですし、車載用と
    液晶テレビ用でも生きながらえています。
    うちで使っている液晶テレビにもDIATONEの文字は入っています。
    http://www.mitsubishielectric.co.jp/carele/car_diatone/top.html
    http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ctv/diatone/
    http://diatone.mee.co.jp/index.html

    サンスイのほうは・・・サンスイ使いとしては残念ですが、
    今のままでは新製品は難しいでしょうね。
    英国サンスイの製品を導入すれば話はまた別なのでしょうけど・・。
    それでも社員数が5人では厳しい(と言うか無理)でしょうね。

    byタグボ~ト at2012-01-20 21:45

  2. タグボ~トさん、ダイアトーンの今の姿はかつての廉価版から業務用までをカバーするフルレンジの展開とは完全に異なり、ブランドをつけているだけの実態のないものに見えます。英国サンスイもブランドを継承しているだけで、その製品にはかつてのサンスイの実体のかけらもありません。サンスイファンほどこれをサンスイとは認めたくないのではないかと思います。

    by元住ブレーメン at2012-01-20 22:32

  3. なるほど、確かにおっしゃる通り、往年のフルラインナップからすると、
    今の製品展開は高額品が1機種、あとはこれも高額品の
    カーオーディオ用ですから、ブランド存続のためだけにDIATONEの
    名前を使っているとも思えますね。

    >サンスイファンほどこれをサンスイとは認めたくないのではないか
    これもまたおっしゃるとおりでして、英国サンスイを持ち出したものの、
    型番も姿かたちも往年のものとは違いますから、サンスイ使いとしては
    正直微妙なのです。ただただ、「メーカー」としては
    製品を出してなんぼ…と言うことを考えると、形だけでも・・と
    願わずにはいられないところです。

    ダイヤ使いとしても、何とか幅広い製品展開を復活してもらえたら
    と願わずにはいられません。
    数年前のシーテックジャパンで、三菱電機のブースで担当者に
    聞いてみたことがあったのですが、下のグレードの製品は
    考えていないようなことを言われた記憶がありますが、
    方針が変わっていてほしいものです。

    byタグボ~ト at2012-01-20 23:07

  4. 良質のAV製品がなくなりつつあるのは、安かろう悪かろうをよしとしてしまった消費者にも責任があると思っています。企業は適切な利益が出なければ事業を継続できません。このPhilewebのようなパブリックフォーラムで発信する我々「マニア」の重要な機能として、良いものは高くても良い、悪いものは安くても悪いと声高に主張することは非常に重要だと思っています。

    by元住ブレーメン at2012-01-20 23:37

  5. http://page.freett.com/knisi/sansui07.htm

    こちらに07シリーズの主なモデルの系譜をまとめてくださっている方がいますが、往年の勢いをひしひしと感じますね。私は自分のα907 Limitedをできるだけ使ってやろうと思っています。

    by元住ブレーメン at2012-01-20 23:46

  6. 山水のアンプも、三菱のスピーカーも(ロクハンを例外にしたら)あこがれはしたものの結局使ったことはありません。ソニーは連綿と使い続けてきましたが、会社はますます巨大化し立派ですが中味はやっぱり違ってしまいましたネ。昔のソニーはよかったなぁ。

    byベルウッド at2012-01-21 00:47

  7. ソニーとアップルの差は、アップルがハードビジネスをあきらめず、徹底的に拘り続けたのに対し、ソニーは技術の差が昔ほどなくなって来た頃にジャーナリストが社長になり、ハードを軽視してしまったことが大きいと思っています。ユーザーエクスペリエンスはハード抜きにしては語れないのに、ソニーはコモディティのハード製品しか持たなくなり、差別化の要因を失いました。確かにかつての技術力をピュアに信じていた頃のソニー製品は眩しく見えますね。

    by元住ブレーメン at2012-01-21 15:43

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする