元住ブレーメン
元住ブレーメン
高校生時代にベータマックスで映像に目覚め、フォーマット変遷を何世代と経た今、撮影から編集、映写まで4K環境がついに実現しました。ホームシアターのための家も建て、充実した日々を送っております。 コ…

マイルーム

ホームシアター「建築」記
ホームシアター「建築」記
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
我が家の(地下室)ホームシアターです。 もともとは賃貸派の私でしたが、好きなときに好きな映画や音楽を好きなだけ好きなように鑑賞するには、持ち家しかないと一念発起。2005年の10月に地上二階、地下一…
所有製品
  • Blu-ray Discレコーダー
  • HDDレコーダー
    PANASONIC DMR-4W400
  • センタースピーカー
    B&W HTM2
  • 一眼レフ ハイクラス
    NIKON D850
  • BDプレーヤー
    PANASONIC DP-UB9000

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

お気に入り製品

日記

今年のアカデミー賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年02月28日

今年のオスカーはARRIの最新のデジタルカメラ「ALEXA」による3D映画の「Hugo」とモノクロ(!)でサイレント(!!)という「Artist」の対決でしたが、私の予想に反して「Artist」が作品賞を取りました。アカデミー会員の平均年齢が60歳を超えているということで、回顧的な作品が受けたのかもしれません。両作品とも5部門ずつ受賞して、対照的な作品が賞レースでは激戦を繰り広げました。「スコセッシ組」が目立ちましたね。

後の部門は大体予想通りだったのですが、10年かけて7作(最終作は二部構成)を映画化し、通産77億ドルあまりの興行収入をあげて映画史に残るシリーズになったハリポタがほぼ無視されていたのは(この映画が好きかどうかではなく)どうかと思いました。アカデミーの大衆離れを心配してジャスティン・ビーバーをちょっと出すくらいなら、会員のリフレッシュを図ったら良いのではないでしょうか。

82歳で受賞年齢記録を2歳更新した助演男優賞のクリストファー・プラマーや17回目のノミネートにして1983年以来三回目の受賞を果たした主演女優賞のメリル・ストリープは映画界の重鎮と言ってよく、功労賞的な意味合いもあったのではないでしょうか。

スピーチで一番印象的だったのは、イラン初の外国語映画賞を受賞した「A Separation」の監督の「イランの輝かしい文化は政治の厚い砂ぼこりに隠されてきた。この受賞をすべての文化や社会を尊重する母国の人々に贈る」という一節で、これはイランの人達も大きく誇りに思ったようで、ネット上で大きく取り上げられ、ニュースにもなっていました。これがきっかけでイランの国際社会への復帰が進んだりするとよいですね。

来年は「The Dark knight Rises」、バズ・ラーマンの「The Great Gatsby」、私の趣味でレイチェル・マクアダムズの「The Vow」あたりがフィーチャーされると嬉しいです。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする