元住ブレーメン
元住ブレーメン
高校生時代にベータマックスで映像に目覚め、フォーマット変遷を何世代と経た今、撮影から編集、映写まで4K環境がついに実現しました。ホームシアターのための家も建て、充実した日々を送っております。 コ…

マイルーム

ホームシアター「建築」記
ホームシアター「建築」記
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
我が家の(地下室)ホームシアターです。 もともとは賃貸派の私でしたが、好きなときに好きな映画や音楽を好きなだけ好きなように鑑賞するには、持ち家しかないと一念発起。2005年の10月に地上二階、地下一…
所有製品
  • BDプレーヤー
    OPPO UDP-205
  • AVアンプ
    ACCUPHASE PX-600
  • デジタルスチルカメラ
    PANASONIC DC-GH5
  • D-ILAプロジェクター
  • パワーアンプ
    ACCUPHASE PX-600

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

日記

Cinema EOSに50万円台のエントリー機。えっと。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年08月30日

従来のビデオカメラと比べ、撮像素子のサイズの大きさから大きなボケなどの魅力的な表現が可能で、人気を博してきたD-SLRムービー。ただやはり「本職は静止画」という趣きは否めず、特に動画撮影時にはミラーアップしてしまい、ファインダーが使えなくなることから、ピント合わせに苦労している人は多いのではないでしょうか。まぁ本格的に映画製作ができる予算があれば、なんでもありですが、そんな人はめったにいない訳で。

過去にビデオカメラとD-SLRの溝を埋めようとした機種がソニーから発売されています。民生用のハンディカムと業務用のNXCAMで、大判センサーのNEXシリーズがそれです。しかし民生用は画質がイマイチだったこと、NXCAMはレンズなしで最廉価機種が60万円を超え、しかもEマウントということで、ちょっと買いづらい。80万円近い機種の10倍スローモは魅力ですが、システムの完成度として今ひとつの印象でした。

そこに、EOS-5Dmk2でハリウッドに旋風を巻き起こしたキヤノンが力を込めまくって作ったデジタルシネマカメラが登場。以前にC300についてはここで記事にしましたが、今回のC500に関しては4Kの激安ソリューションとして納得感のある機種だと思います。ただここで注目したいのは50万円台と報道されている末弟のC100です。AVCHDと敷居の低い記録方式かつEFマウントでレンズの選択肢は豊富。これならインディーズムービーの福音になるかも?

ただし過度な期待は禁物です。例えば同社のフルサイズD-SLRと比べると、撮像素子のサイズは小さいので、ボケは小さく、ワンショットAFやアイリスは同等。外部レコーダーを使えるHDMI出力は、タイムコード重畳といいながら絶対時間が使えるのかどうかとか、4:2:2なのか4:4:4なのか、8-bitなのか10-bitなのかが分からず、どれだけ付加価値があるのか現時点では判断できません。あとはD-SLRにないのはEVFくらいか?という感じです。

この機種の魅力はガンマに尽きます。ガンマ設定は通常の709の他に、12ストップの再現域を持つがポスプロ必至のCanon logに加え、手軽に800%のダイナミックレンジを享受できるDRガンマを備え、これが魅力的と感じる人にはこのカメラは超バーゲンでしょう。601や709といった「テレビ規格」でしか撮れなかったビデオカメラには出来ない芸当がここにあります。

さてそれで何台売れるか。私はSLRはここ30年ニコンを使っているので、EFレンズは持っていません。それでもこのカメラはちょっと気になっています。11月の発売まで楽しく悩みます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ねこ@さん、こんばんは。

    仕事に使うには手に入ってから勘定に入れた方が良いでしょうね。
    あと、アダプタを使うとなると、ソニーのEマウントでも良くなってしまう訳で、まぁその辺はどう考えるかですね。

    by元住ブレーメン at2012-08-30 23:18

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする