Ray
Ray
オーディオ歴は中学生からと長く、現在使用のExclusive 2402はほぼ30年使用しています。大学入学後ジャズ喫茶に入り浸り、そこの再生装置ーJBL Pro multi が気に入りそのまま同じSP…

マイルーム

趣味の部屋
趣味の部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5.1ch
'05年に自宅を建て直すときにこのオーディオルームには力を注ぎました。 まず、コンクリート直置き床の必要性から基礎をスラブオングランド工法の建物にし、スピーカーを置いている所には30mm山西黒御影石…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

McIn2102-電源コードによる音色の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年03月09日

前回前々回はオーディオ工房さんのCDPプロトタイプでの、接続電源コードによる音の違いを報告してきましたが、今回は拙宅のmain ampであるMcIntosh 2102(KT-88はGoldenGragon Premium 48に、12AT7はMullardに、12AX7はIECに換裝)での試聴記をアップしたいと思います。

拙宅の再生環境は、

ESOTERIC P0s-VUK ←自作電ケ(IEGO ,AVCT PS-35電源ケ 30 cm,P-079)← CHIKUMA DM-22EVT ←CSE TX1000(200V降圧)

( OYAIDE DR-510 ←INFRANOISE ABS777 ←MIT ZcordⅡ ←MIT Z center

)

↓アコリバ DSX1−1.0 BPAⅡ (88.2 kHz DUAL)



ESOTERIC D-70VU ←CHIKUMA EMV-15DC← CHIKUMA DM-22EVT←CSE TX1000(200V降圧)


( OYAIDE DR-510 ←INFRANOISE ABS777 ←MIT ZcordⅡ ←MIT Z center

)

↓アコリバXLR-1.0 PA II


Mark Levinson 326S ←MIT ZcordⅡ ← WATTaGATE 381(常時通電のため壁コンから)



↓ CHIKUMA XLR-TRUENESS 5m



MCHINTOSH 2102 ←自作電ケ(IEGO ,AVCT PS-35電源ケ 25cm,P-079)←CSE TX2000(200V→99.5V降圧)



↓ MIT Shotgun MH-750



Exclusive 2402→MURATA ES103A                                   ↑                                         Victor sc1005

[SW]
salogic SPD-W4←←←←MARANTZ DA-04←←←←salogic SPD-P4←←←←ML 326s
        ↑ ↑          ↑       
                                                Black & White LS-1002 1.5m  根岸通信ZXLR       hina RCA      

で、試聴は2102の自作電ケに変えての試聴です。

試聴ソフトは
JAZZ  Gerry Malligan meets Jhonny Hodgesから1曲目
VOCAL Best Audiophiles voices 1から2曲目
CLASSIC TELARC HOLST "The Planets"より4曲目 木星
FUSION 富樫雅彦 陽光より1曲目 
                  で行ないました。


結果です。


1)ZONOTONE 2P電源ケーブル 6N2P-3.5 Blue Power

・JAZZ 低域の締まりは充分ある。中高域はよく出ているも線が細く、音楽の熱さが感じられない。解像度は十分であるが、中域の温度感が感じられない為にデジタル音楽の感じが強くなる。

・VOCAL 解像度が高いがゆえに口の動きが手に取る様に解る。しかし、音楽に浸れる感じはない。ベースは適度に締まりよく出ている。全体として、顕微鏡を見ている様で少し疲れるかなと思いました。

・CLASSIC 音場は左右に広がり、それぞれの楽器もよく把握出来、音場、音像的に合格であるがオケラの重厚感が無い。真空管アンプで駆動していると言うより石のアンプの感じがして、長い間は聞けない感じがする。

・FUSION 非常に細かい音まで出ておりオーディオ的には非常に興味のある電ケである。しかし、非常にクールな感じがし、もう少しホットな感じが欲しい。ジャンル別ではこのFUSIONが一番合っている気がするが、音楽の熱気が感じられず、音楽を楽しむ電ケではない。


2) Sharkwire AMAZON 金メッキ

・JAZZ 低域はよく出ており適度な締まりも感じられる。中域の熱さは充分感じられ、解像度も素晴らしい。サックスでは、テナーとバリトンの違いをきっちりと表現出来ている。ピアノの胴の響きも聞こえてくる。音楽が熱く聞こえ、これは好みである。コネクターの金メッキに寄る所が大きいのかも。

・VOCAL 声の押し出しも十分で、艶が有り色気を感じる。線が太く、ブレスも感じとれ、声に奥行き感がのっている。疲れを感じる事無く聞いておれる安心感がある。解像度はゾノトーンが一歩先に行っているが、中域が熱くアナログ的である。

・CLASSIC 前後左右に音場が形成されオケラの雄大さを感じる。各パートもきっちりと聞き取れ定位も十分である。聞き疲れは全くしない。弦、金管の音は団子にならず、リズミックに聞こえる。非常にオケラに合っている感じがする。

・FUSION ピアノの余韻が充分感じられ厚みもある。音楽が熱く聞こえ安心感がある。音に厚みがあり、それでいて躍動感があり、体が自然とリズムを刻む。ベースのソロも音離れがよく、重なりが感じられない。音楽を楽しめる電ケである。アナログ的な所も気に入った。


3) Sharkwire AMAZON 銅無メッキ

J・AZZ 非常に素直な感じで、癖が無く、低域の強調されている感じも無い。その結果低域の締まりもある。中域は非常に良く出ており奏でられる音楽も素直である。高域も素直で素晴らしい。全域に渡り音が非能に素直な感じがし、音の出方も中途半端ではなく蛇口全開である。

・VOCAL 声に響き(エコー)がついている感じがある。JAZZの時の素直さが無い。何故なんなんだろう?。バックの演奏にもエコーがのっている。これがこのCDの本来の音なのか。響きの点ではHQCDあるいはXRCDを聴いている感じがする。

・CLASSIC 非常にワイドレンジな感じがあるが、高域が少し五月蝿い感じがする。
聞いていて少し疲れる。エージング不足が如実に現れているのか。

・FUSION  低域から高域にかけてレンジが広いがエージング不足か高域が耳につき落ち着かない。JAZZでは素晴らしかっただけに残念な結果である。


4) Sharkwire AMAZON ロジウムメッキ

・JAZZ 非常に素直でこれも色付けが無い感じがする。低域も適度に締まっており芯があり、中域の音の張り出しも素晴らしい。高域は非常にクリアーで聞き疲れもしない。全域に渡る音質が素晴らしく感じ、エージング不足も感じられない。
PIANOの余韻も素晴らしい。音が太く聞こえ、それでいて繊細さも持ち合わせている。解像度も十分である。

・VOCAL ボーカルの張り出しが素晴らしく、バックの演奏も細かい所まで十分に聞こえる。もちろんブレスも感じ取れ、雰囲気も充分伴っている。
中高域の出方が素晴らしい。もちろん締まった低域も充分出ている。これは良いんじゃない。

・CLASSIC 音場、音像どれをとっても良いですね。音場は前後左右に広がり、定位も素晴らしく、弦、金管の重なりも無くきっちりと聞こえ余裕さえ感じる。音楽が前に出てきているにも拘らず、高域の荒さも無く、却って角が取れており聞き疲れは全くしない。エージングが殆どなされていないコードとは思えない。エージング後にはどのような音楽を奏でるのであろうか。

・FUSION 他の分野と同じ傾向で素晴らしい音楽を奏でる。特に中域の済んだ音は特筆ものである。また高域もクリアで抜けが良い。参りました。


5)SharkwIre SOUNDART 金メッキ

・JAZZ 音の分解能は素晴らしい。低域の分解能もあり、音階もはっきり聞き取れる。バリトンサックスの音色も素晴らしいが、スピード感が後退している為にリズム感に少し欠ける。また、低域のスピード感もない為に音楽が少しだるく聞こえる。低域から高域まで十分出ているが、ロジウムメッキの音を聴いてしまった後なので余計にその感が強いのか。C/P的には高そうな電ケである。

・VOCAL バラード調のこのボーカルには非常に合っている。分解能も高そうで声の雰囲気が充分出ている。ベースが少し重たく聞こえるが、バックの演奏もきっちり聞き取れる。中高域は合格点である。

・CLASSIC オケラの情報量についていけない部分がある。結果すべての楽器の合奏部では音が重なっている。それ以外の所では五月蝿くなく、聞き疲れしない。音場は左右に広いが奥行き感は減少している。

・FUSION 音楽が前に出てきているが、音が少し重なる部分がある。しかし及第点は与えられる。
音の分解能は良いが、低域のスピードが少し遅い為かリズム感に欠ける。
少しだれ気味に聞こえてくる。



以上の様な結果に成りました。
 まず、前回のCDPにおける電源コードで良かったZONOTONEが余りマッチしなかったのには驚きました。解像度は非常に高いのですが、音楽に熱さが全く感じられませんでした。オーディオ的には合格なのですが、音楽的には疑問符がつく結果になってしまいました。

次にSharkWireのAMAZONですが、この電ケには基本的にスピード感がありますね。金メッキ、ロジウムメッキ、無メッキでの音の違いに非常に興味が湧くと共に、音の違いを明瞭に聞き取れました。
すなわち、金メッキには音楽の温かみ、躍動感、中高域の抜けを、無メッキにはバランスの取れたフラットな傾向を、ロジウムメッキにはクリアーでよく抜ける高域、リアリティーを伴う中域と力強い低域を感じました。
SOUNDARTの金メッキ電ケはスピード感がやや後退する為に、音の重なりが気になりました。

以上より、拙宅でのPOW AMPに於けるこの5本の電ケにあえて順位付けをすれば、小生の好みから
AMAZON ロジウムメッキ≫AMAZON 金メッキ>AMAZON 無メッキ≧SOUNDART金メッキ≧ZONOTONE 2P電源ケーブル
となりました。

前回のCDPにおける順位
ZONOTONE 2P電源ケーブル>SOUNDART金メッキ>AMAZON 金メッキ>AMAZON 無メッキと比較すれば随分違うものですね。
(このときはAMAZONロジウムメッキは未だ到着していませんでした。)

エージングが殆どなされていないAMAZONロジウムメッキが今回の試聴で一番素晴らしかった事に驚くと共に、上流CDPで好結果を残したZONOTONEがもう一つの結果だった事に興味がつきませんでした。
電ケにより上流機器へのマッチ、下流機器へのマッチ、また、機器との相性等があるのでしょうね。

以上の印象はあくまで拙宅の機器、再生環境下で感じた事であり、もちろんそれぞれの環境下で印象が異なる事をお含み置き下さい。

また、今回もこれだけの電ケを新しく制作し、ご提供して頂いたオーディオ工房さんに厚く御礼申し上げます。

次回はDAC,CDTに使用した印象を記させて頂きます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Ray様 こんばんは

    当コミュで一世を風靡した方々が趣味性深くご自身の理想を追求される世界に旅立たれ、寂しく思っておりましたので、音といものに対するこれほどまでの言語表現を拝見できることに驚嘆すると同時に心からの喜びを感じております(^^;イェ~イッ!

    出来ることなれば、一気にやり遂げハ~ッしんど、となることなく、色々な機器やアクセに対するRay様のインプレを長~く拝見させて頂ければと思っております。
    目上の方に申し上げる言葉ではないとは思いますが、本当~に心の奥底からご苦労様です。

    とっても面白かったです!

    byそねさん at2010-03-09 00:55

  2. Rayさん
    こんにちは。
    CDPとパワーAMPでは順位が違いましたか。
    それぞれの機器が持つキャラクターとの兼ね合いもあるかと思います。
    深遠な世界ですね。私がもし嵌ったら抜け出せそうにないです(笑)

    by吉田兼好 at2010-03-09 12:26

  3. ケーブルの適材適所・・・難しいですねーー。
    また、とても興味深く拝見しました。

    んーーー、次回のデジタル系への投入がものすごく楽しみになってきました。

    byさもえど at2010-03-09 12:48

  4. そねさん 今日は いつもレス有難うございます。

    拙文に対する過分なお言葉、恐縮いたしております。
    小生は他のプァイルの方の様な的を得た喩えを駆使する術を持ち合わせていませんので、試聴時に感じたままを記させて頂きました。
    また、記述した事も的確かどうかは定かではありませんが、備忘録として流し読みして頂ければ幸いです。

    byRay at2010-03-09 13:31

  5. 吉田兼好さん 今日は いつもレス有難うございます。

    拙宅においてはPOWが真空管アンプと言う事もあるかも解りませんが、結果がほぼ反対になってしまったのには驚きました。
    解像度の点ではZONOTONEがベストだったのですが、音楽性(これこそ個人の趣向により多いに左右されるものかと思います)の点で最下位に成ってしまいました。
    もう少し健闘するかと思っていたのですが。

    小生もアクセを色々使用する方ではありませんので、電ケの試聴は2月で完全に終了しております。今回の結果で少し手直しをしておりますが、暫くは今のままで音楽に浸りたいと思っています。

    byRay at2010-03-09 16:11

  6. さもえどさん 今日は レス有難うございます。

    僅か6本のケーブルだけでも色々な音の違いを体験出来ました。本当にケーブル(インコネも含んで)の適材適所は難しいと実感しました。
    また、趣味の世界の事なのでそれぞれの方が持っている音の趣向により大きく結果も違ってくるのでしょうネ。

    今回はアナログの極地、真空管機器での検証でしたが、これが石のAMPなれば違う結果が出たのではと思っています。

    次回のCDT、DACのにおける検証の結果で、拙宅の電ケもほぼ決まり、現在それで音楽を楽しんでいます。

    byRay at2010-03-09 16:21

  7. Rayさん、こんばんは。

    凄いパワーですね。私にはこのような比較試聴はとても出来ません。お疲れになったことだと思います。

    私はリード線のシェルチップのメッキ処理の違いを試聴しましたがDL-102,DL-103C1での好みはロジウムメッキでした。
    他のカートリッジでの試聴はやる気が出ませんでした(笑)

    byVOTTA7 at2010-03-09 20:05

  8. Rayさん こんばんは
    いつもながら感心したします。

    わたしもVOTTA7さん同様、
    このような詳細な聞き比べは出来そうにありません。
    せいぜい3種類ぐらいまでですね。

    合う合わないは機器によっても違いますので
    ほんとに難しいですね。
    わたしなど基本のものだけで十分な感じです。

    bynaskor at2010-03-09 20:37

  9. VOTTA7さん 今晩ワ レス有難うございます。

    今回は工房さんから多くのコードをご提供頂き、CDPに一番適切な電ケを探す事が当初の目的でしたが、それで終わってしまうのは勿体無く思い拙宅の機器でも試させて頂きました。

    今まで概念的な感覚で数種のコードをそれぞれの機器にあてがっていたのですが、この様な機会を得て拙宅の機器に合うであろうベストな電源コードを感覚的に探せた事は望外の喜びでした。疲れと言うよりも楽しみが先にたっていました。
    工房さんに感謝です。

    SharkWireの銀メッキコードに対してロジウムチップがベストでしたか。
    まさに王道でしょうか。

    銀単線では何が合うのでしょうかね。やはりロジウムでしょうか。

    イカンイカン、深みにはまりそうです。先月で音を聴く試聴は終わっているのに。

    byRay at2010-03-09 20:57

  10.  Rayさん、こんばんは。

     またまた興味深い日記ですね~以前からの日記から金メッキやゾノが上位かなと思いきやロジウムですか~。これまでロジウムを多用してきた私にはちょっとホットした結果でした。上流に金&無メッキで下流にロジウムがRayさんの好みということでしょうか~?

     ???私の所はまったく逆です~・・・機器はロジウム、大元の壁コン&電ケーは無メッキなんです。これも適材適所の結果・・・自信はアリマセン。電ケー聞き比べるほど持っていないので・・・Rayさんの環境がうらやましいです~

    byzyan at2010-03-09 21:01

  11. naskorさん 毎度です。

    naskorさんの凄耳を持ってすればこのような試聴は朝飯前ではないでしょうか。
    駄耳の小生にとっては久しぶりの音の試聴でしたので、時間がかかりましたが、逆に楽しみでもありました。

    >合う合わないは機器によっても違いますので、ほんとに難しいですね。
    まさにご指摘の如く、機器による相性、試聴環境による相性、嗜好性などいろいろな要素が混ざりあうので絶対的なものは無いと思います。
    今回の日記はあくまで小生の独断と偏見とお思い下さい。

    でも結果気に入る音が手に入りましたヨ。

    byRay at2010-03-09 21:05

  12. zyanさん 今晩ワ レス有難うございます。
    シアターを満喫しておられるでしょうか?

    今回の試聴を通じてご指摘の様に結果的に、上流は金メッキ、無メッキに下流にロジウムメッキになりました。
    ただ、せったくの機器はすべてCSE TX-1000,2000、MIT Zcenter等のトランス、レギュレーターを通しているのですが、これらの端子がそのような材質なのか全く把握していないと言うオソマツな現状です。

    これ以後の違いを試聴したものとお思い下さい。

    自分で思う適材適所が結局はベストなんでしょうね。

    byRay at2010-03-09 21:20

  13. クロ大好きさん いつもレス有難うございます。

    >CDPには細いケーブルが良い

    小生の記述が紛らわしく、誤解を与えた様ですのでお詫びいたします。
    小生が言いたかったのは、細い線で撚ったと言う意味でした。

    具体的にはAMAZONは0.08mm ,0.12mm,0.50mm,0.80mmと言う細いOFC単線に銀メッキを施した線を撚った4本の線から出来た芯線断面積4.8sqのコードです。
    片やZONOTONEは銀メッキを施したOFCを含む3種類の単線を撚ったもので、その単線の径は0.32mm、導体面積3.5sq x 2と比較的太い線のです。
    ちなみに接続部はロジウムメッキですね。

    拙宅のPOWに対して、単線の細さの違いは別として、銀メッキを施している単線を含む3種類のハイブリッド構造、ロジウムメッキコネクターのZONOTONEが一番気に入らず、単線の細さが4種類の、銀メッキを施した4本の構造のコードで、ロジウムメッキのAMAZONがベストと言う結果を見れば、もう何が何だか解らなくなってきます。
    もちろんAMAZONは単線に対する銀メッキの厚さがが80μ、40μと非常に厚いと言う大きな違いはあるのですが。

    そんなんでもうこれ以上の深入りは2月で止めとしました。

    byRay at2010-03-09 22:18

  14. さすがにRayさんですね。

    これだけの聞き比べには膨大な手間と時間がかかります。
    それをモノともせずに遂行されるあたりが素晴らしいですね。
    何度も言ってますが、私にはとても出来ません。

    視聴の結果も大変わかりやすいです。

    しかしこだわればこだわるほど、どんどん深みにはまりそうで、ちょっと怖い世界ではありますね。

    byMac_cel at2010-03-10 15:00

  15. Mac_celさん 今晩ワ レス有難うございます。

    レス遅くなり済みませんでした。例のHMVへのSACD,DVD Audioの注文に時間が取られていました。今回35枚程注文していまいました。

    久しぶりのコードの試聴と言う事で余り気になりませんでした。非常に楽しんでいろいろトライをしていました。
    色々なコードを一度に試聴できる機会は得難いので、この際にと拙宅の機器にもトライした次第です。

    ハイエンドコードではなく、C/Pの良いコードと言うところが良いでしょう。

    小生コードを買ったり、申請して借りでの試聴と言う事はしないので、深みに嵌まる事はまず無いと思っています。今回みたいに頼まれる機会があればまたトライしたく思っています。
    非常に意義のあった経験と思っています。

    byRay at2010-03-10 23:08

  16. Ray さん 初めまして Tada-Min と申します。

    電源ケーブルの種類による音質への影響は確かに有りますね。

    お気に入りのケーブルが見つかったら、今度は是非

    ケーブルの長さを調節して音を比べてみて下さい。

    byTada-Min at2017-10-06 09:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする