Ray
Ray
オーディオ歴は中学生からと長く、現在使用のExclusive 2402はほぼ30年使用しています。大学入学後ジャズ喫茶に入り浸り、そこの再生装置ーJBL Pro multi が気に入りそのまま同じSP…

マイルーム

趣味の部屋
趣味の部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5.1ch
'05年に自宅を建て直すときにこのオーディオルームには力を注ぎました。 まず、コンクリート直置き床の必要性から基礎をスラブオングランド工法の建物にし、スピーカーを置いている所には30mm山西黒御影石…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

日記

今年1年を振り返って

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年12月27日

本当にご無沙汰です。今年の4月から日記の更新をしていないので初心者の気持ちでこの日記を書いています。
日記なるものは日々、己の歩んできた道を振り返る道しるべのようなものと思っていますが、この1年のオーディオ遍歴を振り返るのに、更新していない4月以降苦労しました。やはり継続は力なりみたいですね。
と言う事でこの1年を思いつくままに振り帰ってみたいと思います。

1月 そろそろ各社のDATのTapeの生産も中止されると言う噂を聞いたもので、まず今年最初の購入がDATのTape20本でした。
次に拙宅のマルチ再生環境構築の上からBDプレーヤーOPPO BDP-83SE Nuforce EditionとAVプリIntegraResearch RDC-7.1の購入です。購入前に手に入れた取り説ではアナログマルチ チャンネル入力が2系統との事でしたが、実際は1系統のみで、DVDマルチ、BDマルチのアナログ出力を生かす為にマルチチャンネルセレクター CH6-SEL2を購入せざるを得ないはめになりました。
この時のONKYOの返事がふるっています。
『弊社製品をご利用いただき、ありがとうございます。
お問い合わせの件、RDC-7.1につきましては、マルチチャンネル入力2のかわりにAES/EBU端子が用意されており、マルチチャンネル入力は1系統の構成となります。
取扱説明書の記載が分かりにくく、ご迷惑をおかけいたしましたことを
お詫び申し上げます。
また、折角お問い合わせを頂きましたにもかかわらずこのようなお答えとなりましたことをお詫び申し上げます。
今後とも弊社ならびに弊社製品をよろしくお願いいたします。』
と取り説にマルチアナログ入力が2系統あると明記されている事には全く触れてはいません。「取扱説明書の記載が分かりにくく」では無いでしょう、誤った記載をしていたのでしょうと突っ込みを入れたくなりました。残念!!

さて、この月の終わりに東京から、とある放送局の音楽ディレクターがお越しになり音楽、音楽再生についてのお話をいろいろお聞きし感銘を受けました。ピアノ演奏も達者で、奥との連弾も楽しませて頂きました。また、拙宅のマルチ再生環境についても指導を受け、まさにこの月が拙宅のマルチ再生黎明月と言っても過言でないと思います。

2月 オーディオ工房さんよりCDPプロトタイプの試聴と電源コード各種の試聴を依頼され、初めてプラグ端子のメッキの違いによる音質の変化を体験しました。個人ではなかなかこのような機会を得る事が出来ないので非常に良い体験になりました。

3月 長年使用してきたマルチプレーヤーMARANZ SA12-S1が修理不能の故障となり、ESOTERIC UX-1 Limitedを購入、我が家でもDVD-Audioの再生が可能となり、DVDAの高解像度の初体験をし、驚きました。また、CD再生においても、同じEsoのCD専用機 P0s-VUKとは全く音色が異なっており、ジャンルによりこの二つを使い分けています。

4月 愚息の結婚式に長期ハワイ旅行し、日本のオーディオ環境の良さを思い知らされました。ソフトにしてもハードにしてもそれらを取り扱っているお店が日本には数多くありますね。

5月 外部クロックとしてInfranoise ABS7777を長らく使用してきましたが、それほど顕著な効果は見られなかった為に、7777を下取りに、話題のAntelope AudioのOCXを購入しました。このOCXはいいですね。外部クロックを入れたときと、そうでないとき、また周波数ごとの音の違いを明確に表現してくれます。この値段でこの性能は非常にC/Pが高い逸品と思われました。

6月 PCオーディオ構築を有り合わせの機器で行う。
PC(Mac G5,i-Tune,外部CDT Prextor Premium2U/JPB)→Behringer DEQ2496 ultracurve Pro→Infranoise CRV-555→外部クロック OCX 44.1KHz→VICTOR XP-DA999→SONY TA-E1→MARANZ DA-04→ORB MC-S0→Exclusive 2402
このような機器構成で、ベーリンガーのイコライザーで部屋の調音を行っています。
また、機器のインシュレーターとしてムカイのハイブリットインシュレーターHB_1 を購入、それぞれの機器のインシュレーターとして使用しています。
これとは別にオーディオ機器用としてCERABALL Universal4P / Finite Elemente 5箱を購入、これは壷に嵌れば非常に効果を発揮してくれます。
  今年最大の買い物がML32Lの購入です。拙宅のML326sにあまり不満も無かったのですが、326sは中域の張り出しが強く、結果高域が少し犠牲売りに出ていました。326s購入に際して32Lも考慮していたのですが、既に生産中止で流通在庫のみで手に入れる事が出来なかった思い入れのあるプリです。導入しての両者での比較ですが32Lは音の立ち上がり、たち下がりが絶妙なバランスであり、一音一音が重なり合うところが無く、高い解像度を得ており、低域においても音が非常にしまっています。解像度が高くなれば音に潤いが得にくくなるのですが、326sに比して音に潤いが乗っており、密度が非常に濃いところが大きく違うところでしょうか。また、付属のフォノイコの音も素晴らしくGyroSE-UNV1の方はこのプリのフォノイコを使用しています。

7月 ターンテーブルシートFTK-KH-1を購入しました。これは静電気除去ターンテーブルシートを検索中にググッて知ったものです。しかし、どうも会社は倒産しているのか、なかなか販売しているところにヒットせず、札幌の中古雑貨販売業者が一括して持っているものをオークションに出している事が判明し、そこで新品2枚を購入しました。結果、中高域がクリアーになり、低域が締まりますね。静電気ノイズも激変しました。これは良い買い物でした。

8月 神奈川テレビジョン オーディオ工房さんからTRV-CD4SE A.k.premiumの最終プロトタイプが完成したとの事で試聴を依頼されました。分解能が非常に高く、細かいニュアンスも聴き取れ、音が前に出てくる様は、前回の試聴時より約六ヶ月が経過、日を掛けただけあって非常に完成度の高いCDPとなっていました。真空管をバッファに使い、アナログ的な音楽を奏でる事も特筆されました。

9月 7月にターンテーブルシートFTK-KH-1を購入して、これはこれで気に入っていたのですが、VOTTA7さんのターンテーブルシートOyaide MJ-12のレビュー、およびその表題” GT-2000必須アイテム”を見て即座に購入、VOTTA7さんのレビュー通り拙宅のYAMAHA GT-2000Lが豹変しました。ただMichell Engineering GyroSE-UNV1にはFTKがベストでした。

10月 Luxman CU-80を機器購入としては初めてオークションで購入しました。真空管(プリ管)は主にオークション購入をしていたのですが、機器購入となると二の足を踏んでいました。ただCU-80はもう既に生産完了品で、逸品館で販売中のカスタマイズモデルしか無い現状です。そこで今回、8chにバージョンアップされたモデルがオークション市場に出ていたので落札しました。拙宅では以前よりBD,DVDの2系統マルチアナログをセレクターCH6-SEL2でその都度切り替えていました。音色の変化はあまり感じなかったのですが、その都度ボリュームをミュートしなければならず、あまりにも軽量すぎて精神衛生上もう一つの感があったのも事実です。そこで本格的機器としてマルチ入力2系統を備えているCU-80は当初より候補にあがっていたのですが、良品が見つからなかったので購入出来ずにいました。今回オークションでこのCU-80を見つけ、これが最後であろうと思い購入に至りました。結果は非常に満足するもので、マルチ再生の中核を担ってくれています。

11月 関西で地道にオーディオ活動をされているMit T2邸に初めてお邪魔しました。さすがにそこには日頃の活動を通じての血と汗の結晶が展開されていました。ご本人はまだまだ不満げでしたが、そこに展開する音楽は非常に素晴らしいものでした。音響ボードを少し位置を変えるだけで大きく音場が変化するの事には大変驚かされ、突き詰めてオーディオを楽しむ奥深さを垣間みた気がしました。
また、オーディオとはあまり関係がないのですが、音には悪い影響しか与えないとは分かっていても、今年もイルミネーションの飾りをやってしまいました。

12月 今年最大の不幸が年末に襲ってきました。
    最近、真空管アンプのプリ管を交換して音の変化を楽しんでいました。主にこれらのプリ管はオークションで落札したもので、RCA,Mullard,Brimarなどの、中古品よりもNOSを中心に、またマッチ管を中心に落札をして変化を楽しんでいたのですが、12月初め頃より電源を落とした際に、SPからのボッソと言う音が以前より大きくなったように感じていました。そしてある日、真空管プリ2102の電源を落とした時です。1秒くらいしてからバリバリと数秒間音を立てるようになり、その後には電源を入れているときにも時々異音が出てくるようになりました。こうなれば素人の悲しさです。解決手段の見当がつきません。早速オーディオ工房さんに電話をして原因を探す手段を教えて頂きましたが、やはり真空管そのもののトラブルのようです。そこでこの15日にアンプを工房さんに送りました。点検の結果は、McIntosh 2102の自己バイアスには微妙なところがあるようで、プリ管12AT7の交換により右側出力管KT88のバイアスに影響を与えていたようです。結果、右側のKT88の交換を余儀なくされ、小生の希望もありKT88 8本全部を交換する羽目になりました。この日記を書いている本日、工房さんから修理、エージング完了の電話があり一安心です。McInのある機種においては、安易にプリ管を交換するのも考えものと思わせました。12AX7の交換はそれほど影響を与えないとの事ですが、12AT7の交換は注意する必要があるようです。
退院するまでの間はSONY TA-NR1を引っ張りだして来てオデオを楽しんでいます。さすがにクラッシック、特に弦楽器はしんどいようです。しかし、アナログのジャズはこの石のアンプが合っているような感じがしています。

以上真空管アンプの到着を心待ちにしつつ、今年1年を長々と振り返ってきましたが、長い期間を振り返るには、やはり地道な日記の更新は必要みたいですね。
来年は日記の更新にガンバロッと!!!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Rayさん、ご無沙汰しております。
    日記更新は随分間隔が開いたとはいえ、この1年の振り返りを拝読すると、随分色々地道な改善がなされているのですね。

    小生はというと、1月終わりにお邪魔して以来はもっぱらコンサート三昧で1年が暮れてしまいました。
    それでもDPATの音質に瞠目する機会にめぐり合う等、今後のネットワークオーディオの可能性にも目覚めた一年でした。

    いまだ大きな進歩が見られない小生宅ですが、機会があればオペアンプMUSESチップの音を聴きにきてください。
    1年経ってなかなかいい音を聴かせてくれるようになりました。

    by椀方 at2010-12-27 23:25

  2. 椀方さん 今晩ワ
    駄文に対する早々のレス、有り難うございます。

    今年は主にマルチ再生にいろいろ手をかけた1年でした。結果、クラッシック、特にフルオーケストラ再生ではやはりマルチが一歩抜きん出ているようにと思っています。プリのML32L,Luxman CU-80によるところも大きいのではないかと思っています。
    PCオーディオ再生では、外部クロックの導入とベーリンガーのイコで音場調整をする事により聴けるようになりました。

    それにしても椀方さんの演奏会鑑賞の回数には恐れ入ります。気分的には休暇の時にはほぼ毎回の感じを受けておられるのでは?
    オペアンプもやはりエージング必要ですか。機会があれば是非貴宅にお邪魔させて下さいね。

    byRay at2010-12-27 23:40

  3. Rayさん、おはようございます。
    先日は、拙宅の実験オフにお付き合いいただき、貴重なご意見、ご感想をいただいた上、先行きへのさりげないヒントまでいただき、大変ありがとうございましたm(_ _)m

    さらっとお書きになられておりますが、この1年の変遷としては、非常に大きく変更、進展されていらっしゃったんですね!(@@
    これだけの機器の更新に合わせて、きっと、それぞれに想像以上の試行錯誤や微調整を積み重ねられているのだろうと思います(^^;
    次は、この新生サウンドをタップリ聞かせていただけるのだと、今から楽しみにしています・・・よろしくお願いいたしますm(_ _)m

    byMt.T2 at2010-12-28 06:42

  4. Mt.T2さん お早うございます。

    今年の変更はMultiを中心としたものでした。あの1月のオフ会以来、出来るだけ改善をしてきたと思っています。やっとオケラが安心して聴けるようになりました。今回購入したCU-80もセンター出力が2系統あったので、センターSP2台を使っている小生にとってはベストな機器でした。

    ヤマテツ邸では素晴らしい音楽を奏でていましたよ。あのS/N,解像度、定位,音場どれをとっても小生は満足するものでした。あれで不満と言う事はヤマテツさんの求めるものが高すぎるのかな?
    あるいは突き詰めている為に、少し何かを変えるだけで音が変化をするので、それを楽しんでいらっしゃるのでしょうか。
    あのスペースであれだけの音楽を奏でていらっしゃる努力には敬服いたします。
    またお聞かせ下さい。

    byRay at2010-12-28 08:43

  5. Rayさんどうもです。

    着実にシステムの進化が進んでおられるようですね。

    私と同様にプリアンプの入れ替えは大きいですね。私が最後まで悩んだNo.32Lでしたが、その音はやはり素晴らしいようでなによりです。

    パワーアンプの故障には難儀されたようで、お察しいたします。

    私の方は日記の通りにNP-S2000のネットオーディオの試行錯誤とリッピング中ですが、最近やっとある程度の音が出始めました。

    来年もよろしくお願いいたします。

    byMac_cel at2010-12-28 09:45

  6. Mac_celさん 今日は

    進化と言うより一進一退でしょうか。
    アナログマルチにこだわりを持って調整しているのでなかなか進んでいません。
    HDMIならばコード一本で済むのでいろいろ試す事は出来るのでしょうが。

    現在、アナログマルチを生かすべく、UX-1のマルチは直にCU-80に、OPPOのマルチはRDC7.1のアナログ入力を介してCU-80に接続しています。
    音質を考えればOPPOを優先するべきなのでしょうが、UX-1の基本性能とソフトの数から言えばDVDA,SACDマルチが断然多いのでこのような接続になっています。
    また現在拙宅ではサラウンドバック1本の6.1での再生で、OPPOからのバック2chをRDC7.1で1chにダウンミックスしています。ただデジタル入力のものはダウンミックスが確実に可能と思っているのですが、アナログ入力が可能なのかは不確実なのですが。

    NP-S2000でのネットオーディオ再生も思いがけないバグが出て大変みたいですね。でもMac_celさんならこれらのバグを解決出来るだけの知識をお持ちなのでうらやましい限りです。
    各社の機器が落ち着けば小生もいろいろtryしたく思っています。それまでは化石のPCオーディオでお茶を濁そうと思っています。

    秩父の山々もこれからますます温度が低下してくるでしょうね。どうぞご自愛下さい。
    こちらこそ来年もよろしくお願い申し上げます。

    byRay at2010-12-28 12:14

  7. こんにちは。
    11月のハイエンドオーディオショーの時は失礼しました。
    日記には書かれていないだけで、随分と変化があったのですね。
    拙宅は、10数年ぶりにDACが入れ替わり、BDレコーダーが
    やってきたぐらいで、カワイイ変化です??(汗)
    あと、資金難から、部品いじりをしたぐらいです。

    これで、来年早々のご訪問が楽しみになってきました。(笑)

    来年も宜しくお願いいたhします。

    by吉田兼好 at2010-12-28 12:28

  8. Rayさん今日は。この前はMt.T2邸でお世話になりました。

    短期間で5ch、アナログレコード、PCオーディオと手を広げておられますね~。

    1月には、Ray邸の前座として、吉田兼好さん、たくみ@深川さん、songbirdさん、Mt.T2さんとごいっしょに拙宅にもお寄りいただけるとのことで、辛口のご批評を歓迎しますので、楽しみにしております。
    音響ポール、音響パネルを多数揃えておりますので、一風変わった音響空間がお聴きいただけるかもしれません。

    この場を借りて「吉田兼好さん、たくみ@深川さん、songbirdさん、よろしくお願いします」

    by何も聞こえなくなった at2010-12-28 12:52

  9. 吉田兼好さん 今日は
    ハイエンドショウの折り、非常に楽しいひと時を過ごさせて頂き、こちらこそ有り難うございました。

    4月以降、職場における電子化でいろいろあり、PC作業に気が向かず、日記の更新が滞ってしまいました。しかし、音楽を聴く事だけは継続していましたので、それなりにマルチ環境の整備が出来たのではないかと思っています。

    2ch分野ではプリアンプの変更ぐらいで、オーディオはアナログから入門し、その当時のプレーヤー YAMAHA GT-2000Lが頑張っているくらい旧式の機器ばっかりですが、その節には忌憚の無いご意見を賜ればと思っています。

    こちらこそ来年もよろしくお願い申し上げます。

    byRay at2010-12-28 13:20

  10. そして何も聞こえなくなった さん 今日は
    レス、誠に有り難うございます。

    今回は、突然のご無理なお願いを快くお引き入れ下さり、有り難うございます。
    前座などとは、とんでもございません。縁側でいろいろ拝読させていただいていますが、マルチ環境構築の一端を垣間みれればと、今から楽しみにしております。

    今回お世話になる方々は、小生を除いてその道でのオーソリティーばかりですが、この人たちの満足するオーディオ環境はそうざらにあるとは思えません。そこで、今回ヤマテツさんに相談し、そして何も聞こえなくなった邸ならば皆様満足して頂けるのではと思い、ご無理を申し上げた次第です。
    詳細については、年明けに改めて相談させて頂きます。

    小生と言えば、マルチの真似事をしている位なので、一度そして何も聞こえなくなったさんにお越しいただき、いろいろ貴重なご意見を賜ればと熱望しております。

    今年に懲りず、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    byRay at2010-12-28 13:33

  11. ハイエンドショーの時に久しぶりにお会いして楽しかったです。
    RAYさんも 色々とトライしていますね。
    PCオーディオも積極的になされて
    頭が下がる思いです。

    私のところも今年は色々導入したので
    (殆ど中古ですが)
    来年はおとなしくしていようと思っていますが
    はたしてどうなるやら。

    どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

    byモモンガ at2010-12-28 20:12

  12. モモンガさん 今晩ワ
    レス有り難うございます。

    久しぶりにハイエンドショウでお会いして、多いに楽しませて頂きました。
    それにしても早朝、バスで出発され、深夜にご帰宅、そのエネルギーには恐れ入りました。これがモモンガさんのオーディオ継続の原点なのでしょうか。

    今年は、モモンガさんもSPの変更で一大変貌を遂げられましたね。もうなじんできたでしょうか。いつかは四国のオーディオの巣窟にお邪魔したく思っています。

    当方も、昨年はいろいろ導入したので、今年はおとなしくしておこうと思っていたのですが、振り返ってみると結構散財しているものですね。
    来年こそはおとなしくするつもりです。

    モモンガさんは、そのエネルギーを持ってすれば来年も大暴れでしょうね。
    サイトへのアップ期待しております。

    こちらこそ来年もよろしくお願い申し上げます。

    byRay at2010-12-28 20:55

  13. こんばんわぁ(^^)

    ML32Lを購入されたんですね。
    遅ればせながら,,,おめでとうございますm(__)m (^^;)

    私は、、、まだ 今の機器の実力を引き出せていない(^^;) 
    ので周辺の環境の充実をはかってます・・・f^^;)


    > 来年は日記の更新にガンバロッと!!!

    楽しみにしております (^^)

    来年もよろしくお願いしますm(__)m

    byの~てんき at2010-12-28 21:40

  14. Rayさん、こんばんは。

    オヤイデのターンテーブルシートはGT-2000以外のプレーヤーではイマイチのようですね。ターンテーブルの材質によるものなのかなー。

    うちのMC275は先月でしたから続けてMC2102が入院でオーディオ工房も驚いたでしょうね(笑)
    最近低域に使っているサンスイのアンプもたまにノイズが乗る様になってきて来年修理に出す予定です(^^;
    そろそろ新しいアンプが欲しい!

    byVOTTA7 at2010-12-28 22:02

  15. の〜てんきさん 今晩ワ レス有り難うございます。

    小生はと言えば4月以降日記もレスもさぼり気味で、日記を見させて頂く事に専念していました。の〜てんきさんの着実な進歩をしたためた日記を見るにつけうらやましく思っていました。

    電源環境も随分進歩し、インコネもフルテックの最上級品ですね。
    試行錯誤を繰り返しての進歩はとどまるところがありませんね。
    まず外堀を埋めての本丸への出陣、これからも期待しています。

    来年もよろしくお願いいたします。

    byRay at2010-12-28 22:19

  16. VOTTA7さん 今晩ワ

    アクセはやはりいろいろ相性があるようですね。でも、オヤイデターンテーブルのGT2000Lでの見栄えは本当に素晴らしく、純正と言っても良いくらいですね。
    加えて音も素晴らしくなったので言う事なしです、本当に素晴らしい逸品のご紹介、有り難うございました。

    2102の件は工房さんに電話したときに、同じような事を店長さんが言っておられました。275の不具合への至る過程が2102と全く同じだったのには驚かれたでしょうね。
    これがMcInの欠点と言えば欠点なのでしょうが。

    今回はKT88の交換と言う決断をしたのですが、これでここ2年で4回目の入院となってしまいました。もし今後早い段階での不具合が生じれば2102とは決別する覚悟で交換を依頼しました。出てくる音楽は非常に気に入っているので、故障が出ない事を祈るばかりです。

    来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    byRay at2010-12-28 22:33

  17. お久しぶりです。
    所有製品リストを見ていて、CU-80を手に入れたのは知っていました。
    AIRBOWバージョンを購入したのだろうと思っていたのですがそうではなかったのですね。よく8ch品がオークションに出てきたなぁと驚きました。
    私も一時8ch化したくなり、逸品館に相談しましたがLUXMANでの8ch化が終了していたため断念しました。

    私の方では今年はMultiは数回聴いただけです。リア用アンプとSPを廊下に設置するのでは自然と腰が重くなろうと言うものです(笑)
    また、思うところがあって、今後はセンターSPレスの4ch Multiの方になりそうです。(ここでCU-80のミックスダウンが活きてくる)
    一方、AVアンプと5.1chスピーカーセットの導入でシアターがポン置き状態ながら構築できたのでそちらで鑑賞することが増えました。DVDオーディオとBDオーディオ(2Lなど)はシアター側で楽しんでおります。SA-60をここにどう組み込むかが来年の課題となりそうです。

    今年は訪問しませんでしたが色々と進化・発展があったのですね。
    来年また聴かせてもらいたいと思います。

    byFCA at2010-12-28 23:02

  18. FCAさん 今晩ワ レス有り難うございます。

    Lux のCU-80はなかなかオークション市場に出てこず、逸品館での購入を決めた時にたまたま市場に、それも8chが出てきたので、すぐさまそれを落札しました。
    マルチでのオケラ再生はやはり別格ですね。拙宅のフロントSPがホーンと言う事もあり、2chではなかなか臨場感が出てきませんでした。
    マルチにするとホーン臭さを取り払ってくれるようです。

    センターSPレスのマルチに関しては、センターSPが無い方がベターだと言う意見があるくらいですよね。フロントSPしっかりしていれば、それも有りかと愚測します。拙宅でもセンターのダウンミックスで聴く場合があるのですが、音楽の種類によってはこれも有りかなと思っています。

    これ以上に、拙宅ではSWのダウンミックスが有り難いですね。
    拙宅では映画用にSW-8、音楽用にSALOGICと二つのSWを使用していますが、音楽のマルチのときにSWのダウンミックスを入れる事によりSW-8がオフになるので重宝しています。
    お互い、マルチに関してはこれからも試行錯誤ですね。

    FCA邸の音楽も是非お聞かせ下さい。
    拙宅にはお時間のあるときにいつでもお越し下さいね。

    来年もどうぞよろしくお願いいたします。

    byRay at2010-12-28 23:53

  19. Rayさん こんばんは
    大変ご無沙汰いたしております。
    レスが遅れてしまいまして申し訳ありません。
    公私共々バタバタでオーディオどころでありませんでしたのでお許しください。
    また落ち着きましたらまた遊んでやってください。
    パワーアンプのいち早い帰還を祈っております。

    bynaskor at2010-12-29 00:05

  20. naskorさん お忙しい中でのレス、有り難うございます。

    早く落ち着いてオーディオが出来るといいですね。落ち着きましたらいつでもお声をおかけ下さいね。
    それまで精進してお待ち申しております。

    おかげさまで、POWのほうは本日工房さんが発送したとのメールが先ほど届きました。早く調整された2102での音楽を聴きたい衝動に駆られています。

    来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    byRay at2010-12-29 00:21

  21. こんばんは、そしてお帰りなさい
    益々磨きがかかっていらっしゃるご様子 なんとも羨ましい限りです
    拙宅ではメインの機器は一向に変化ありませんがPCトラポ回りの小型機器のみが増え続けております
    ピアノを中心とする不自然な音色に苦しんで1年になりますが 自作電源のコンデンサと内部配線の変更に一筋の光が見えてきました(ような気が致しております
    最後になりますがアンプの一日も早い治癒をお祈り申し上げます

    byそねさん at2010-12-29 00:38

  22. そねさん お早うございます。レス有り難うございました。

    久しぶりに日記を書くと、貼付ける写真のサイズの選択などを忘れてしまい、不十分なものになってしまいました。
    職場での電子化もそろそろ落ち着いてきたので、来年は、ぼちぼちアップしていこうかなと思っています。

    音楽再生の磨きはかかっていませんが、聴いていて疲れない音楽を目指しています。オーディオ的には?では無いかと思います。お近くであれば試聴して頂き、ご批評を頂きたいのがやまやまなのですが、いかんせん遠すぎますね。

    ピアノの再生は本当に難しいですね。それにもまして、適正な響きを記録したCDが殆どないのが現状だと思います。楽器メーカーの音色の違い、演奏者のタッチなどはよく反映されているのですが、いかんせん響きが付きすぎているのが残念です。
    収音マイクの位置、数など、セッティングが難しいのでしょうか。

    アナログアンプに関しては、お陰さまで本日、あるいは明日到着予定で、正月はオケラ三昧が出来そうです。拙宅の環境では、石のアンプでは少々つらいものがありました。

    寒さが厳しいおりご健康に留意して下さいね。
    来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    byRay at2010-12-29 09:06

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする