球磨のぬいぐるみ
球磨のぬいぐるみ
-自己紹介- 球磨のぬいぐるみと申します。球磨と書いて「くま」と読みます。カメラで風景を撮影すること、オーディオで好きな音楽を聞くことを趣味にしています。また、気になるアーティストのライブ、役者の舞…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

日記

イヤースピーカーのスピーカー化計画(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年04月13日

 3月7日の日記で、「オメガ系イヤースピーカーを2つ使ってスピーカーにできるか」と言う実験をしました。そのときは、「実用にはいたらないかな」と言う結果でした。しかしながら、わずかながら可能性は感じていました。「もう少し、きちんとすれば。。。」そう思いながら、懐が寂しかったのと、中古品が見つからなかったこともあり、計画の実行にはいたっていませんでした。それから、ヤフオクでわずかながら懐を暖めてところにちょうど、中古品が出てきたではありませんか。ちょっと運命を感じました。

 買ってきたのは「SRS-2050A」です。「SRS-2050A」を実験体に決めていたのは次の理由からです。
 ・完全分解するため元に戻せないのでそんなにお金をかけられない
 ・イヤースピーカーとアンプ込みで新品で実売40,000円前後購入できる

 分解する前に30分程度普通に聞いてみました。オメガ系と比較すると比較になりません。しかし、値段を考えると、満足度はこっちの方がいいでしょう。音の繊細さは、他のと引け劣りません。ただ、線の細さは顕著に現れますね。中低域の質感に不足が感じられます。そういう不満はありますが、歪のなく透き通った音を聞いてしまうと、虜になってしまいます。

 と、まぁ、前置きはこのくらいにして、本題に入っていきましょう。


 まずはイヤースピーカーの分解です。
 1.イヤースピーカー
  きちんとした姿を拝めるのはこれが最後です。
 2.ハウジングとヘッドリストを分離します
  30秒程で作業完了。こんなにかんたんに外れていいの?と思ってしまいました。
 3.ハウジングとイヤーパッドを分離します
  40分程掛かりました。接着剤がなかなか取れず、四苦八苦しました。まだ、完全には除去しきれていませんが。。。
 4.ハウジングとスピーカーユニットを分離
  5分程で作業完了四つ角にネジをはずすとかんたんに分離できました。
 総合所要時間が約45分と、思ったより時間が掛かってしまいました。


 「イヤースピーカーを固定できるものは?」と思いながら、部屋を物色していると、本立てが目に入りました。「もしかして?」。と、思い、イヤースピーカーのサイズを測ってみると、綺麗に収まるではありませんか。本格的なことは先のことにして、今回は簡易的に本立てを使うことにしました。


 できあがった(?)スピーカーを所定の位置において、早速視聴開始です。結果は、前回よりぜんぜんいいです。音場の表現が確実に増しています。手っ取り早く音のイメージを伝えると、「イヤースピーカーで聞く音をそのまま前もっていって、奥行きは小さく広がり、横は大きく広がる」と言ったところでしょうか。簡単設置にしては、まずまずの結果でした。ただ、質感がいまいちだったので、それは今後の課題にしておきましょう。

※よい子は、絶対にまねしないでください!!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 迷える球磨のぬいぐるみさん。
    こんばんは。

    イヤースピーカーのラウドスピーカー化ですが、以前やっていたことがあります。

    ダンボールか出来れば木の板などでバッフルを作ってやると中低域が充実しますよ。
    そのとき、ユニットはセンターを避けるとよいでしょう。
    また、バッフルは正方形や丸を避け、長方形にするのが基本です。

    bypiyo at2009-04-13 00:13

  2. piyoさん、こんばんは。

    >イヤースピーカーのラウドスピーカー化ですが、以前やっていたことがあります。
    おぉ、先駆者がいたとは。そのときはいかがでした?実用に耐えうるものになりましたか?

    >そのとき、ユニットはセンターを避けるとよいでしょう。
    >また、バッフルは正方形や丸を避け、長方形にするのが基本です。
    助言ありがとうございます。スピーカーの自作はもとより、設計もやったことがありません。特に制限時間を設けるつもりはないので、型にはまらず、いろいろと試してみようと思います。

    しばらくはダンボールで試行錯誤やっていくつもりです。

    by球磨のぬいぐるみ at2009-04-14 00:39

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする