球磨のぬいぐるみ
球磨のぬいぐるみ
-自己紹介- 球磨のぬいぐるみと申します。球磨と書いて「くま」と読みます。カメラで風景を撮影すること、オーディオで好きな音楽を聞くことを趣味にしています。また、気になるアーティストのライブ、役者の舞…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

日記

PS-510とPS-520を比較視聴

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年04月30日

オーディオユニオンお茶の水の4Fアクセサリー館にて
アキュフェーズのクリーン電源PS-510とPS-520を比較視聴してきました。

結論から言うと、「なんじゃこりゃ。全然違うやんけ」でした。

視聴のプレイヤーのみをクリーン電源に接続し、
PS-510 -> PS-520またはPS-520 -> PS-510と切り替えて聴き比べました。

視聴に用意したディスクは以下の3枚。
1)Suara 『花凛』 1.凛として咲く花のように
2)alan 『JAPAN PREMIUM BEST & MORE』 1.明日への讃歌
3)Perfume 『JPN』 3.GULITTER (Album-mix)

3曲とも良い方向に音が変化しましたが、
一番変化量が多かったのはPerfumeですね。

PS-510と比較してPS-520の方が良いと感じた点は以下の通り。
1)ノイズレベルが下がり、透明度が増した
2)音離れが良くなり、1音1音が聞きやすくなった
3)ボーカルが埋もれることなく前に出てくるようになった
4)特に中域で力強さ増した
5)繊細さが増し、表現力が豊かになった

PS-510も悪くないですが、PS-520を聞くとPS-510には戻れないですね。
と言うことで、PS-520を注文しちゃいました。
プレイヤーだけでこの変化、わが家だとアンプも接続するので、本当に楽しみです。

ちなみにPS-510とPS-520の比較視聴は5月末までできるとのことでした。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする