FCA
FCA
2007年、約10年ぶりにオーディオ復活。殆どの機器を入れ替えて六畳間に5ch Multiオーディオを構築しようと悪戦苦闘中。 →5chは諦め、4chバーチャルサラウンドに…

マイルーム

6畳の魔窟
6畳の魔窟
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
やっと、お見せできるレベルに達したので公開します。(2008年2月2日) 6畳の和室を横長に使って無理矢理4.0chを置いています。 アナログプレーヤー(Technics SL-1200Mk3…
所有製品
  • その他オーディオ関連機器
  • ヘッドホン
    STAX SR-L700
  • スピーカーシステム
  • レンズ一体型エントリークラス
    PANASONIC DMC-LX100
  • セットステレオ
    ONKYO CR-N765

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

Ayreアンプの試聴を終えて

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年05月31日

本日(日付変わったから正しくは昨日)、Ayre K-1xe・V-1xeの試聴を終えて店に発送しました。梱包がこれまた大変で…少し腰を痛めたか?

印象を一言で言うと、残響・余韻が豊かで音に広がりがある、それが雄大な空間を生み出す…と言えるでしょう。低域も十分に出ていて、どっしりとした安定感のある音でした。オーケストラや協奏曲ではこの特徴が良い方向に働いて規模の大きな力強い表現を楽しみことができました。また一部のJ-Popも美しい余韻で実に心に染み入りました。
しかし、豊かな残響が曲によっては仇となり、響き過ぎる、音を濁らす、と言う方向に作用することも少なくありませんでした。特にピアノでこうなる傾向が強く、聴いていて違和感を感じる曲も結構ありました。
自分なりの推測ですが、想定している部屋の広さに対して我が家が狭いのではないかと考えています。部屋が広ければ、残響・余韻がもう少し薄められてほど良く聴こえると思います。今は響きが飽和していると言えるのではないでしょうか。(以上は私の主観です。正しいかどうかはわかりません)

1週間使っていて気になったこと
・SPケーブルにバナナプラグは使えない。
・V-1xe本体の唸り…他の機器を使うと覿面に唸りました。
・発熱と消費電力…V-1xeの発熱量は相当なものです。消費電力も大きく、音質のために連続通電できるか?迷うところです。
・小音量時のボリューム…最小領域では4dBステップで、小音量時のボリュームコントロールには苦労しそう。

結論
Vitus Audio SS-010の方が好みだなぁ

最後に、最も感動的に聴くことができたソフトを紹介しておきます。

片桐麻美:鏡をこわす (Epic Sony ESCB1298、廃盤)

明日からMU-80の試聴を本格的に行います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 試聴&返送お疲れ様でしたーー。m(__)m

    総合的には、VITUSの方が良かったみたいですね・・・。
    やはり、自宅で聴けての印象が第一ですから、悩ましい部分があると(価格が価格だけに)シビアになっちゃうのは仕方ないと思います。

    明日からのMU-80試聴も頑張って下さいませーー。m(__)m

    byさもえど at2009-05-31 01:29

  2.  試聴お疲れ様です。ただ聴くだけでなく、この3機種を導入する以上のことにつながる冷静な判断がおありだなぁと感じました。

     Ayreが広い部屋向けというご推測には、納得できますね。あのクラスのアンプを購入するアメリカ人であれば、かなり広い部屋を持っているでしょうし、アメリカの家屋は音が抜けやすいといいますし。確かウィルソンオーディオはそれを見越して、アメリカ向けと、ヨーロッパ向けで設計を変えているという話を読んだ記憶があります。それでも、Ayreの音が気に入られたという日本家屋に住んでいる方だと、ルームアコースティックやイコライザと格闘ということになるのかな?

     さらに、FCAさんのところの205も、うちのCHARISMA+CHARAも6畳間で鳴らされることは想定していないのでしょう。アメリカも北欧も広い部屋が多いみたいですし......。そうなると、Ayreのスピーカーがスピーカーに与えるスケール感は至極まっとうなものだったのかもなぁなんて思ったりもしました。ああ、やっぱり広い部屋が欲しい......。

     すいません、FCAさんの記事を読んで、妄想が入ってしまったようです。

    by黒川鍵司 at2009-05-31 09:04

  3. さもえどさん
    Ayreも曲によっては非常に素晴らしいものがあったのですが、Vitusだとほぼオールジャンルで理想に近づける…って感じです。
    MU-80の方は今日はセッティングだけで終わるかも知れません。

    タイガーマス君さん
    Ayreは本当に曲によって印象が変わるので判断が難しかったです。
    まさに「良いものもあれば、悪いものもある」(笑)って感じで…
    MU-80はできることが多いのでじっくりと楽しんでみようと思います。

    黒川さん
    いやぁ、恥ずかしいレビューで…
    部屋については6畳間で聴いている限り逃れられない宿命なのかなって重いました。
    Ayreは元々、広大な音場空間が持ち味らしいですから狭い部屋とは相性が良くなかったってことなのでしょう。
    スピーカーについても我が家にREFERENCE205は多分オーバースペック(笑)
    いつか広い部屋で聴ける日が来ると信じて今は楽しもうと思います。

    byFCA at2009-05-31 11:45

  4. 立て続けの試聴お疲れ様です。
    それとご無沙汰しておりました。

    うちも基本は六畳ですが、最近はとなりの八畳間とのふすまを開けて聴いたりしております。
    やはりある程度の空間的ボリュームがあると音の飽和感が緩和されるような気がします。
    でもこれから蒸し暑い梅雨を迎えるとエアコンが効かないのが悩みですが。。。

             ニャンタでした。

    byニャンタ at2009-05-31 14:03

  5. ニャンタさん
    ご無沙汰してます。
    ニャンタさんのところは6畳と言っても京間だから我が家よりはかなり広いですよね。おまけに開放にすると14畳あるのは羨ましいっす。
    夏はエアコンが要りますかぁ。我が家は暑くてもエアコンつけずに汗だくになりながら聴いていました(笑)
    ソリッドステートのアンプにすると暑さの点では楽になるなぁ。

    byFCA at2009-05-31 18:22

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする