FCA
FCA
2007年、約10年ぶりにオーディオ復活。殆どの機器を入れ替えて六畳間に5ch Multiオーディオを構築しようと悪戦苦闘中。 →5chは諦め、4chバーチャルサラウンドに…

マイルーム

6畳の魔窟
6畳の魔窟
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
やっと、お見せできるレベルに達したので公開します。(2008年2月2日) 6畳の和室を横長に使って無理矢理4.0chを置いています。 アナログプレーヤー(Technics SL-1200Mk3…
所有製品
  • その他オーディオ関連機器
  • ヘッドホン
    STAX SR-L700
  • スピーカーシステム
  • レンズ一体型エントリークラス
    PANASONIC DMC-LX100
  • セットステレオ
    ONKYO CR-N765

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

GWのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年05月05日

GWは1~4日で帰省しておりました。3日は午後から秋葉原に繰り出し、久しぶりに「D300+」を試聴しました。
課題曲は例によって大貫妙子の「横顔」。
他に持参したのが
La Chimera/Tonos y Tonadas
Eduardo Eguez/The Lute Music of J.S.Bach - Vol.1
(どちらもMA Recordings)

以下、試聴した順に独断と偏見で印象を述べてみます。
なお、システムの写真を撮っていないので写真については、黒川さんの記事を参考にしてください(笑)


3階
プレーヤー:LUXMAN D-08
プリアンプ:LUXMAN C-800F
パワーアンプ:LUXMAN M-800A
スピーカー:THEIL CS3.7
総額300万円+αの筈が実に500万円近いシステム。しかし、SPの両脇に置いてあるJBL S9800との距離が近いし後の壁からも近いのが気になる…
聴いてみると案の定、課題曲・「Tonos~」では広がり・奥行きが感じられずこじんまりと纏まってしまっている。「The Lute~」では奥行き感が出て幾分マシだが広がりは少ない。
折角のシステムがセッティングで損をしている印象だった。


2階
プレーヤー:SOULNOTE cd1.0
アンプ:SOULNOTE ma1.0
スピーカー:B&W 805Diamond
2階は合計128万円と言うD300+の中では低価格なシステム。しかし今回はケーブルに奢っているし、SPが新800シリーズなので興味深い。
聴くと、非常に深い奥行き感に圧倒された。「The Lute~」では僅かに高域の抜けが悪いかな?と感じられる点もあったが、全体としては帯域的にもバランスが取れていて実に聴き易い。
805Diamondやケーブルの影響もありそうだが、黒川さんの写真でもわかるようにSPが後の壁から3m程度離して設置してあるのが主要因か。個人的には今回の東の横綱…であった。


5階
プレーヤー:ESOTERIC X-05
アンプ:OCTAVE V70
スピーカー:LINDEMANN Boogie
ほの暗い後方の照明が独特の雰囲気を醸し出していて和室オーディオ派としては参考になる点がある設置だった。SP後の空間はあまり大きくないが拡散パネルを内振りに設置してある影響なのか、あるいはSPの特性なのか、程々の奥行き・広がりが得られていた。
「The Lute~」をかけると僅かに音が濁るように感じられたが、他の2曲は問題なく、かなりのレベルで鳴っていたと思う。


6階
プレーヤー:Olive 4HD
アンプ:LINDEMANN 882
スピーカー:Consensus Audio Bogen
このプレーヤーはHDD内蔵でリッピングもできる…らしい。LANケーブルを繋ぐとネットから曲名やアートワークをダウンロードして表示してくれるそうな。
聴いた印象は…低域出過ぎor高域不足で音が篭ったように感じられた。そのためなのか?「Tonos~」を聴くと遠くで歌っているように聴こえる。一方「The Lute~」では豊富な低域が良い方向に作用しているのか、リアルな印象があった。


4階
プレーヤー:LUXMAN D-08
アンプ:EINSTEIN The Absolute Tune Ⅱ
スピーカー:Joseph Audio PULSAR
EINSTEINのアンプの巨大トランスが目を引きますが、こちらは定位が素晴らしく、音の広がりに圧倒されました。奥行きもかなりのものです。このシステムも聴いていて非常に心地よいものがありました。2階が東の横綱ならこちらは西の横綱か。

7階のシステムも聴いてみたかったのですが、ずーっと他のお客様が試聴されていたので試聴できず。残念。

こんなD300+ Vol.7でした。
あくまで私の個人的な印象ですので…


この後、某A氏のフロアーで話をしながら色々聴かせていただきました。
THORENSの超弩級ターンテーブル+DENON DL-102~HEGELのセパレートアンプ~Consensus Audio Lightning SEのモノラルシステムで貴重なモノラル盤を聴きましたが、DL-102でここまで鳴らせられるの?って思うほど表情豊かに鳴っていました。
さらに、TAD D600~GOLDMUND MIMESIS 22 Sig~GOLDMUND TELOS 1000~JBL EVEREST DD66000と言うこれまたハイエンドなシステムで数曲聴かせていただきましたが、これは凄かったですねぇ。
流石に38cmダブルウーファーの威力で圧倒的な低域の伸び・量感ですが過多ではなく自然な広帯域が実に心地よい音楽を聴かせてくれました。
私の求める奥行き・広がりとは目指す方向が違いますが、これはこれでありだな…って買えませんが(笑)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おはようございます。
    3階のメインステージはやはり奥のJBLとマッキンが鎮座している場所でしょうから、あの場所でD300やって欲しいですね。

    byのりぞー at2010-05-06 08:01

  2. さすがにFCAさん、帰省中もアキバ巡りとは素晴らしい。

    私は東北方面に旅に出ておりまして、ここを見られませんでした。

    某A氏のフロアーはいつも熱いですね。

    byMac_cel at2010-05-06 13:25

  3. のりぞーさん
    3階の奥ってどうなっていたかなぁ?
    全然覚えていないのでした(爆)
    今回、SP周りの空間は大事だなぁと改めて学びました。

    Mac_celさん
    東北は多少は涼しかったでしょうか。
    東京は(大阪も)寒い4月から急に暑くなって体調を崩しがちでした。
    6階でこんなにじっくり聴いたのは初めてでした。

    byFCA at2010-05-06 20:19

  4.  4月の関東は訳のわからない気候でしたね。周囲でも体調崩す人だらけでした。

     当方の記事がお役に立つようであればいくらでもリンクしてくださいな。

     いや、今回の2Fには参りました。この金額のセットでかよと思うことしきりでして。今回のB&Wの刷新は、フルモデルチェンジのレベルだったのだろうなぁと思いました。

     そして、4FをよしとするあたりにFCAさんの志向が垣間見えるようで興味深いですね。

    by黒川鍵司 at2010-05-07 19:23

  5. 急激な温度変化は応えますね。
    (7階を聴いていませんが)2階の奥行き、4階の広がりが印象的でした。
    B&Wは壁から十分離して設置すれば素晴らしい音を聴かせてくれると実感しましたが、設置によっては実力を発揮するのが難しい…と言う課題の裏返しだなぁと思いました。Animaもそうなのですが(笑)

    byFCA at2010-05-08 08:28

  6. クロさん
    5階の雰囲気は実に良かったですよ。
    2chでSP間が空いているならあの設置も惹かれるのですが、我が家の場合は真ん中にセンター兼モノラルSP(G1300)があるためちょっと難しいですね。
    照明についても参考になりました。

    byFCA at2010-05-08 22:40

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする