FCA
FCA
2007年、約10年ぶりにオーディオ復活。殆どの機器を入れ替えて六畳間に5ch Multiオーディオを構築しようと悪戦苦闘中。 →5chは諦め、4chバーチャルサラウンドに…

マイルーム

6畳の魔窟
6畳の魔窟
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
やっと、お見せできるレベルに達したので公開します。(2008年2月2日) 6畳の和室を横長に使って無理矢理4.0chを置いています。 アナログプレーヤー(Technics SL-1200Mk3…
所有製品
  • CDプレーヤー/トランスポート
    DENON DCD-SX
  • その他オーディオ関連機器
  • ヘッドホン
    STAX SR-L700
  • スピーカーシステム
  • レンズ一体型エントリークラス
    PANASONIC DMC-LX100

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

日記

Schubert/弦楽五重奏曲 ハ長調 D.956(その1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月15日

Schubert/弦楽五重奏曲 ハ長調 D.956 が好きで色々と聴いている

パストラーレで1楽章の冒頭のみLP2点試聴した。

HungarianQ+Varga:濃密な音・演奏、色気・艶がある。ジャケットが秀逸。


ABQ+Schiff:どちらかと言うと淡白だが空間の広がりが感じられる。

どちらも欲しかったが予算的に両方を買うことはできず、色気とジャケットでHungarianQ+Vargaを買った。

弦楽五重奏曲は弦楽四重奏曲にヴィオラを足した曲が一般的だが、Schubertの場合はチェロを足しているため音の重心が下がり音に厚みのある音楽となっている。
そしてチェロが2名いることで1人が旋律、1人が通奏低音(ピチカート等)と演じ分けられるため多彩な表現が可能となっている。
通して聴くと全(1〜4)楽章が充実して引き込まれる、ダレる箇所が無い、実に良い曲だった。
Schubertが無くなる2ヶ月前に完成したが出版は生前に間に合わなかった。
ピアノソナタ19〜21番もそうだが1828年のSchubertは神が宿っていたとしか思えない至福の音楽を残している。
もう少し長く生きていてくれたら…とどうしても考えてしまう。


ABQ+Schiff,HagenQ+Schiff演奏のCDも後に入手した。

曲の構成・印象
長い(1楽章繰り返し省略で50分前後)が、長さを感じさせない。

1楽章:ソナタ形式
特に長い。
静かに始まるが、段々と盛り上がり、不協和音的な力強さ。
HagenQ+Schiffだけは呈示部の繰り返しあり。
再現部では転調の妙が見事。Schubertは転調の使い方において唯一無二の存在だと感じさせてくれる。

2楽章:緩徐楽章
チェロのピチカートが印象的、中間部はかなり激しい音楽で、この対比が見事。
再現部ではヴァイオリンもピチカートあり。
演奏が嵌まると実に幸せな気分になれる
この曲の要と言える楽章。

3楽章:スケルツォ
快活な主題と、ゆったりとして哀調を帯びた中間部の両極端が凄い。
実に上手いなぁと感心してしまう。

4楽章:アレグレット
次々と転調する主題に引き込まれる。
ラストの高揚感・疾走感がたまらない。

3点を繰り返し聴いて、最も好きなのはやっぱりHungarianQ+VargaのLP。
パストラーレで買ったLPの中で最も価値ある1枚だった。ジャケットも秀逸。
そして最も好きな室内楽曲となってしまった。
皆様も晩年のSchubertの魅力・魔力に嵌まってみてください。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. FCAさま、 はじめまして、ちょさんと申します。
    シューベルトの弦楽五重奏いいですよね。
    もしご興味があれば、当代随一のエベーヌ四重奏団のCDを聴いてみてください。全く隙のない緊張感と表現力の多彩さに圧倒されます。
    お好きな第2楽章は、思わず息をのむほどの張り詰めた雰囲気を味わえます。
    その2もあるのでしょうか?期待しております。

    byちょさん at2016-11-17 00:00

  2. ちょさん さん
    はじめまして。

    エベーヌ四重奏団は名前は知っていますが聴いたことはありませんでした。
    中古ショップ行った時に探すことにします。
    ありがとうございました。
    その2 はある筈です(笑)

    byFCA at2016-11-17 19:34

  3. FCAさん
    はじめまして!

    Hungarian Quartet+ László Varga の音源を入手しました。96年のリマスター版CDです。いいですね~。随所に聞き耳を立てたくなるようなこまやかな魅力があって、レコードのほうがさらに魅力的に聞こえる気もいたしました。
    ご紹介ありがとうございました!

    エベーヌの話題がでていたので私からもひとこと。ちょさんさんがご紹介のCDですが、いっしょに入っている歌曲もすばらしいです!(私はそちらだけを聞くことも多いです)。バリトンのマティアス・ゲルネもいいですよ。

    それとKuss Quartetも渋い魅力があります。
    https://www.amazon.co.jp/dp/B00I5G6K14/
    ちょっとエベーヌとは対照的な演奏です。

    byゲオルグ at2016-11-17 21:45

  4. ゲオルグさん
    はじめまして

    HungarianQ+Vargaを聴かれましたか!
    良いでしょう。
    LPの方がさらに濃密で良いかも。

    Kuss Quartetは知りませんでした。
    検索すると、新しいQuartetなんですね。
    こちらも探してみます。

    byFCA at2016-11-18 19:05

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする