カノン5D
カノン5D
オーディオマニア&アニオタのカノン5Dです。 オーディオの中でも、『自作スピーカー派』でして、特に「バックロードホーン」「共鳴管」「フルレンジスピーカー」という長岡的なスピーカーに興味があります。 …

マイルーム

カノン5Dのオーディオルーム
カノン5Dのオーディオルーム
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
写真・オーディオ・自転車・アニメ・ラジコン、と多趣味な私です。 ブログ「趣味の小部屋」http://blog.goo.ne.jp/4g1g4g0 HP「カノン5Dの資料室」http://kan…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

「Living Music」に行ってきました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年01月19日

先日は、「Living Music」に行ってきました。

御茶ノ水にお店を新規オープンされたとのことで、御茶ノ水駅を降りて湯島聖堂方面へ。
お店は神田明神の鳥居をくぐり、すぐ傍の建物の6Fです。
なかなか縁起の良い場所ですね!

ちょっと薄暗いエレベーターを上がり、マンション風の一室をノックする…
のは、お店巡りの定番なので今更驚きませんw


「Living Music」はお店というより、若手オーディオ好きの一室といった雰囲気で、
大きめのソファーと左側に揃った機材が安心感を与えてくれます。

(中央の積み上げられたスピーカーは結線されていません)
代表の広瀬さんが出迎えてくださり、コーヒーを頂きながら試聴開始です。


今回聴いたのは、オリジナルブランド「MUSEHEART」の新スピーカー「S-2C-ISX」です。内部配線に「ISODA ELECTRIC」のケーブルを使っている最高峰モデルですが、お値段はペア20万円以下と現実味のあるものでした。

----------「ISODA ELECTRIC」のケーブル----------
←表層効果を意識したため、複雑な導体。1.5mで4万3千円!!
なお、RCAケーブルもあり、1.5mで3万円。う~ん、イイお値段です。
------------------------------------------------

クラッシックでは、コンサートホールの響き・雰囲気が上手く出ていました。
音色は正統的なバランスながら、木質感がありオケの動きや楽曲の表情がビシビシと伝わってきます。
一方JAZZではスイング感があり、ノリ良く聴かせてくれました。小型スピーカーながら、低音も巧みに聴かせてくれます。


お話を伺うと、「オーディオ機器は全て楽器」だと考えてチューニングしているそう。
どんな物でもSPの音圧などで振動し、その音が付いてしまう。
だからといって、振動を無理に押えつけてしまうと冷たく重い音になってしまう。
だから(機械振動をそれほど抑えていない)中級クラスの機材を用いて、その嫌な振動部分だけを適度に抑えている、 とのこと。

実際に機材を見ると、「MUSEHEART」のスピーカーはもちろん、CECの製品にも
「foQ」の約1cm角サイズのテープが要所に貼られていました。
この位置は長年のノウハウがあるそうで、音質向上への道のりも単純なものではなかったそうです。

オーディオは山登りのように順当に上へは行けない、
失敗をして一度落ちた所から向上していくことで次のより高い所へ行ける、
という広瀬さんのお言葉からも長年の取り組みの重さを感じる事ができました。


さて、私としては満足だったサウンドですが、どうやら広瀬さんは満足がいかないご様子。
静電気のせいではないか?とおっしゃり、
「MUSIC WATER」をCDの両面にシュシュっと吹いて拭き取り、再度CDPへセットします。

なんと、演奏の求心力が一気に強まり音の表情も豊かになったではないですか。ヒラリーハーンのバイオリンも伸び伸びと鳴っています。
オーディオ的に言えば混色が少なくなったという感じで、かなり変化は大きいと言えますね。


「MUSEHEART」のスピーカーは、小型2wayなのですがフルオーケストラやJAZZのバスドラムも気持ちよく聴かせてくれます。このスピーカーを作るにあたって「阿姐鼓 / 朱哲琴」というチベットの音楽を完全に鳴らすことを目標としたとのこと。
「阿姐鼓 / 朱哲琴」はかなり昔のCDらしいのですが、圧倒的なDレンジと超低域信号が入っており(特に小型SPでは)非常に鳴らすのが難しい曲に感じました。もちろん、「Living Music」のシステムは上手く鳴らし切っていたと思います。あの小口径ウーハーから風圧を感じる低音が出ていたのは不思議な体験でしたね。


クラッシックからJAZZまで聴かせて頂き、広瀬さんの「○○向きというのはナンセンスで、ちゃんとした装置は何でも鳴らす」という言葉を実感することができました。

最後に聴かせて頂いた「Lars&Ivan」など、比較的手の届く価格帯で充実のサウンドを奏でているのが印象的なお店でした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. カノン5D様、初めまして。 快聴亭戯休と申します。

    Living Musicさんにはケーブルの購入等で大変お世話になりました。

    前の2つの店舗には何度かお邪魔させて頂いたのですが、一度日曜日定休になってからは地方者には伺う機会が中々無く、そのままでした・・・。

    新店舗になられて、日曜日でも大丈夫になりましたので、次の機会には是非行ってみたいです。

    広瀬さんを始めとするお店の方々のお人柄も合わせて、個人的には1,2を争う程の好きなお店なんですよ。

    勿論、音の好き好きは人それぞれ、音の正解も自分自身が自分の中で見つけるしかないのですが、それでも1度は皆様に聴いて頂きたいと思っています。

    by快聴亭戯休 at2010-01-19 21:18

  2. カノン5Dさん こんばんは
    いなまると申します。

    昨年、長年使っていたプレーヤーが昇天した後、広瀬社主にお世話になりました。
    ミュージックウォーターマジックの洗礼は皆さん受けるようですが、本当に効果ありますね。もうすぐ無くなりそうなので、私も新たな店舗に顔を出してみることにします。DACもお世話になるつもりだったのですが、結局予定変更してしまいまして、やや敷居が高いです(笑)。

    byいなまる at2010-01-19 23:03

  3. コメントありがとうございます。

    クロ大好き さん
    振動をコントロールするのは、求める音が明白だからできる技なのだと思います。スピーカー自作派としても見習いたいところですね。
    特に生音系ソフトには強いので、オススメのお店だと思います。

    快聴亭戯休 さん
    ケーブルというと、FSKのものでしょうか。今回は大部分がISODAケーブルになっていましたが、FSKの製品もいくつか見えました。
    今ではFSKの新規注文は2年位先になってしまうと、広瀬さんは言っていましたね。
    新店舗もとても雰囲気の良い場所なので、行けるといいですね。

    いなまる さん
    ミュージックウォーターは激変でしたね。 静電気除去効果の他にも、クリーニングという意味でも効いているのだと思います。
    新店舗になったことですし、行くのでしたら良い機会ではないでしょうか。お茶の水駅から近く、秋葉原の時より行きやすい場所だと思いますね。

    byカノン5D at2010-01-20 09:54

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする