カノン5D
カノン5D
オーディオマニア&アニオタのカノン5Dです。 オーディオの中でも、『自作スピーカー派』でして、特に「バックロードホーン」「共鳴管」「フルレンジスピーカー」という長岡的なスピーカーに興味があります。 …

マイルーム

カノン5Dのオーディオルーム
カノン5Dのオーディオルーム
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
写真・オーディオ・自転車・アニメ・ラジコン、と多趣味な私です。 ブログ「趣味の小部屋」http://blog.goo.ne.jp/4g1g4g0 HP「カノン5Dの資料室」http://kan…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

自作スピーカーの試行錯誤 ~その3~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年01月27日

相変わらず、満足のいく音を目指して自作スピーカーを弄っています。


○吸音材の検討 → 一段落?
Phile-webコミュニティで戸沢式レゾネーターが良いとのことで、
それを模した形状を検討しました。

具体的には、半紙をコップ型に折り(中心に空気を含んだ立体型形状とする)、空気室中心に設置します。


どうやら、バックロードホーンの場合は空気室が単純な形状(理想的には球形?)に近い方が好結果が得られるようで、このような立体型の吸音材・散音材は邪魔な存在になるようです。
音質には、低音の量感低下や、痩せた中音域として現れてしまいました。

また、半紙を用いると形態の如何に関わらず、超高域に吸音感が出てしまうようなので、
サラサラとした表面の上質紙(コピー用紙に近い)を用いてみました。

(右手前のみが半紙)
結果は上出来。いろいろな大きさや形状を試しましたが、ユニット対面に10cm×4cm程度の紙を折って立てるような設置が最良でした。
さらにツルツルした表面をもつ素材(紙風船?)も良さそうです。


○フェルトでのユニット支持
ユニットとバッフルの間の接触歪みを減少させる目的で、フェルトを介して固定してみました。アイディアとしてはGe3の「ケブタフェルト」を参考にしています。

(↑ネジを半分締めた状態で、すす~っとフェルトを挟み込んだ後、適度な具合にネジを締めます。)
中高域の嫌みが非常に少なくなり、結果的に全帯域で音質向上が感じられました。特に、大音量から小音量までのリニアティが上がったのが良いですね。


○「自立台」でのユニット支持
聞き込むにつれ、ギターの弾き感や、空間の澄み切り、音色の豊かさが欲しくなってきました。
そこで、同じくGe3が提唱する「自立台」もどきを作製してみました。
本家の「自立台」はユニット支持部から下へ一本の木材(ヒノキとか)が床まで伸びているのだと思いますが、今回は空気室内に適当なブロックを挿入する簡易的な方法をとりました。
(ちょっと見難いですが…)
効果は抜群。フェルトの効果と相まって不満箇所は一気に改善されました。上記項目に加え、定位もピンポイントで決まるようになったのは驚きです。



次の対策の前に・・・
自作スピーカーといっても、
やはりオーディオ的な使いこなしが重要です。

そこで、次のことを実践。
○自作オーディオボード(30mm厚ラワン合板、45cm×45cm)の追加
○ガタ取り、インシュレーターの検討
○CDPの設置方法
○部屋の整理、ルームアコースティック
○ラックの補強、整振

どれも定番な方法だけあって、効果絶大でした。(手順や効果はご想像の通りです)
良いスピーカー作りには、良い環境からだということを体感できましたねw

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. クロ大好き さん

     コメントありがとうございます。
     自作スピーカーは、メーカーの技術者がやっている試行錯誤を自分でやらなくてはいけない大変さと楽しみがありますね。それだけ自分好みの音に近づけられるのも、自作の利点だと思います。
     「ノドボトケ」は面白い命名ですね。スピーカーを人間のように自由に鳴らしてあげられる設計が理想かもしれません。
     Ge3は独特な方法論ながら、実際に聴くと効果を感じてしまうのが面白いです。先入観で拒絶せず、これからも色々と試していきたいですね。

    byカノン5D at2010-01-28 21:02

  2. カノン5Dさん、こんばんは。
    自立台とフェルトシール・・・やっぱ効きましたか\(^^)/
    後は仮想ウェイト(Ge3で言うヒグラシ鼓粒)ですね・・・これは代替品がないんですよ(^^;
    これがねえ、自立台でSPの重心を支える、同時にフレームを歪ませない、エンクロージャーとの振動を遮断・・・もひとつが信号にリニアに空気を前出せるように仮想ウエイトでユニットを固定
    この最後が加わると、音離れが別世界に!・・・全方位に音が広がります(^^;
    まあ、そんなお遊びは、自作小口径フルレンジならでは・・・って、思われがちですが・・・それなりのSPでやると驚きは半端じゃなくなるんですけどね(^^;

    byMt.T2 at2010-01-28 22:49

  3. Mt.T2 さん
    自立台の件では、分かりやすい説明をありがとうございました。簡易的ではありますが、大きな効果に驚いています。
    自作スピーカーだと長岡先生の影響なのか、頑強にユニットを固定する方法が主流なので、Ge3の手法は新鮮でした。ここ一番の作品には製品版を導入してみたいですね。

    byカノン5D at2010-01-29 23:14

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする