カノン5D
カノン5D
オーディオマニア&アニオタのカノン5Dです。 オーディオの中でも、『自作スピーカー派』でして、特に「バックロードホーン」「共鳴管」「フルレンジスピーカー」という長岡的なスピーカーに興味があります。 …

マイルーム

カノン5Dのオーディオルーム
カノン5Dのオーディオルーム
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
写真・オーディオ・自転車・アニメ・ラジコン、と多趣味な私です。 ブログ「趣味の小部屋」http://blog.goo.ne.jp/4g1g4g0 HP「カノン5Dの資料室」http://kan…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

自作スピーカーが出来るまで!? (1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年10月01日

自作スピーカーを作るには、まず設計をします。
そしてホームセンターで板を切ります。

貼り付けます。

塗ります。








・・・・・・すみません、ちゃんと話しますw

コンテストに向けての作品なので、音質は元より仕上げにも拘りたいですね。

そこで、設計自体は試作6号機を基準としますが、
本体部をラワン合板、ヘッド部をロシアンバーチで作製します。

さらに、箱内部を2回塗り、箱外部を6回塗り(予定)します。
音道の抵抗減少と、「鏡面」に近い外観を目指します。(ホントに出来るのかww)

塗料は油性ウレタンニス(黒)です。ラワンの粗雑な響きを押さえ込む方針なので、さらに上質な板を使うのであれば別の塗料が良いかもしれません(ヲイw


この工作は先週から作業開始しており、既に内面部塗装は完了しています。
この週末で構造としては完成する予定です。


しかし、表面の6回塗りは時間が掛かりそうです。

仕上げの理想としては、
SONY SS-AR1 
http://www.sony.jp/audio/products/SS-AR1/
です。

石丸電気で実物を見ましたが、
一見ダークブラウンなのですが、よく見ると下地の天然木目が肉厚塗装の下に浮き出ている・・・という素晴らしい仕上げなのです!!


ま、気長にいきましょ~



----------------------------------------
12月12日の発表会詳細はこちら
http://d.hatena.ne.jp/musenohakobune/20100920/1284989665

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする