カノン5D
カノン5D
オーディオマニア&アニオタのカノン5Dです。 オーディオの中でも、『自作スピーカー派』でして、特に「バックロードホーン」「共鳴管」「フルレンジスピーカー」という長岡的なスピーカーに興味があります。 …

マイルーム

カノン5Dのオーディオルーム
カノン5Dのオーディオルーム
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
写真・オーディオ・自転車・アニメ・ラジコン、と多趣味な私です。 ブログ「趣味の小部屋」http://blog.goo.ne.jp/4g1g4g0 HP「カノン5Dの資料室」http://kan…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

謹賀新年 & 自作スピーカー馴れ初め話

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年01月01日

皆様、明けましておめでとうございます。

ご挨拶のついでに、
「カノン5Dが自作スピーカーを始めた時のこと」
を書いてみようと思います。


-------------------------------------------

今から5年前。大学生になったカノン5Dは、本格的なオーディオシステムを揃えたいなぁ~と思っていました。

当時欲しかったのは、ONKYOの「D-302E」、ビクター「SX-LC33」などでした。
高校生時代、模擬試験で東京に出る度に家電量販店で何度も試聴したうえでの選択です。特にSX-LC33は今でも凄いスピーカーだと思っています。





ただ、金が無い(笑)

なぜか、バイトをするという選択肢は頭に無く、
「自分で安く作る」という茨の道へ猛進しはじめたのです。



幸い、とある大学の研究室紹介で「バックロードホーン型スピーカー」を聴いた経験があり、その鮮烈な再生音が脳裏に鮮明に残っていました。

「作るんなら、バックロードがいいなぁ。」というイメージは最初からあったのです。



しかし、何をすれば良いのか、サッパリ分からないのです。

高校生時代からオーディオ誌を読んではいたのですが、
読んでいたのは、DVDオーディオやホームシアターの記事だけ。

興味の無い情報は、勝手にシャットアウトされるんですね。自分の「目」の性能に感服です(笑)


インターネットで、色々なwebページを見ていると、
どうやら「長岡鉄男」という有名な人がいて、
「FOSTEX」というメーカー(ブランド)の作例が多いなぁ・・・
というボンヤリとした感じが掴めてきました。

当時は、今ほど「FOSTEX」の知名度は高くなく、
NHKモニターSPと、小型SPの2機種だけを地味に売っていただけだと思います。(←たぶん)



難関は、木材の加工。
手元にあるのは「ノコギリ」だけ。

ましてや、設計方法なんて知る由もありません。
長岡先生の図面集は高そうだし、今みたいに復刻版として出版されてもいませんでした。(←たぶん)



とりあえず、FOSTEXのカタログを見てみると、
なんか良さそうなキットを発見したのです。

http://audio-heritage.jp/FOSTEX/unit/bk10.html

実売なら、ペアで2万円以下。サイズも丁度よい感じでした。
しかも、板材は全て加工済みなので、これは有難い!



このカタログを読んでみると、
 [取付け可能ユニット例] FE107E、FE103E、FE108EΣ、FF125N、FE126E
とあるではないですか。

一つだけなら良いのですが、こんなにあっても困ってしまいます。
ユニット単体なんて「テレオン」に行っても試聴できません。情報はカタログにある一行程度の説明文だけ。。。


とりあえず、「10cmより12cmのほうが低音出るだろう」みたいなノリで、FF125KとFE126Eに絞り込みました。
熟練者にメールで聞いてみると、「この二つだと、FE126Eの方が自然な響きだよ。」とか。有難いことこの上なしです。



早速、お買い上げ!

ずっしりと重い「BK10」、巨大な磁気回路の「FE126E」。
いやおう無く期待が高まります!


いざ組み上げてみると…
なんと、ユニットが入らないのです!!!

よくカタログを見ると、「12cm口径を装着するには、板材の加工が必要です。」と書いてあるではないですか。
単純な不注意で、決してFOSTEXに非はありません。たぶん(笑)



急いで、フロントバッフルを調達しないといけません。
せっかくキットを買ったのに、「東急ハンズ」のお世話になることになりました。

その後も、接着ミスやら、ハンダミスを連発し、
隙間だらけのバックロードホーンが完成したのです(爆)



しかし、そんなヘタレっぷり全開のスピーカーも、
見事な音を鳴らしてくれたのです。

今までのフルレンジ一発のイメージ(学校の校内放送用みたいなの)とは全く異なる、鮮明なサウンド。そこには、すっかり自作スピーカーに魅了されたカノン5Dがいたのです。


-------------------------------------------

新年早々、長文失礼しました。
今年も宜しくお願いします!!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. カノン5Dさん、謹賀新年!
    コーン紙の軽いスピーカと駆動力の弱いアンプでバックロードホーン・・・アマチュアらしい取り組み方と思いました。がっばってください。

    by何も聞こえなくなった at2012-01-01 08:39

  2. カノン5Dさん、こんにちは。 m ( _ _ ) m
    新年明けましておめでとうございます。
    本年もどうぞ宜しくお願い致します。 m ( _ _ ) m

    自作スピーカーに目覚めるまでにそのようなことがあったんですね。
    私もスピーカーを自作してみたいなぁと思ってはいるのですが、
    敷居が高そうな先入観があって、なかなか挑戦には至りません...

    大型の2Wayスピーカーが欲しいんですよね。PCオーディオ用に。
    38cmとか46cmとかの大口径ウーファーを搭載してみたいです。
    (ベースアンプが15インチドライバーなので魅力に感じてます)

    byYonechi at2012-01-01 10:36

  3. 皆さん、あけましておめでとうございます。

    何も聞こえなくなった さん
    メーカー製とは違ったやりかたが出来るのも自作の利点ですね。これからも、面白いものにチャレンジしてみたいです♪

    Yonechi さん
    最初はどうやれば良いかすら分からなかったので、試行錯誤の連続でしたね。
    おお、大口径ウーハーですか! PCオーディオというと小型スピーカーかな…と思っていたので、非常に参考になります。

    でかん さん
    今でこそ通販が使えますが、昔は難しかったですよね。Phile-webみたいなコミュニティも無かったですし。

    おお、偶然にも私もS-1EXに適合するようなセンタースピーカーを考えていた所です。近々日記にしますね♪

    byカノン5D at2012-01-01 18:26

  4. カノン5Dさん、あけましておめでとうございます。

    カノン5Dさんも最初はバックロードから入られたのですね。
    奇遇ですが私も最初自作のスピーカは同じバックロードだったので、少々遅ればせながら、こちらにレスさせていただきます。

    思い起こせば、オーディオ全盛期だった中学生の頃にバックロードホーンというスピーカを知って以来紆余曲折を経て、10年前に長岡式D-37を作ろうと思い立ち、無謀にもホームセンターにシナ合板5枚を買いに行き、数か月かけて作成したのも良い思い出です。
    年末にはせっかく購入したFE163EnSを付けようと画策したものの、年賀状書きと大掃除に追われて年越しを迎えています。相変わらず無計画な自分に自己嫌悪です。

    でも今年はカノン5Dさんの活動に刺激を受けて、スピーカー作りにも精を出したいと考えていますので、今年もよろしくお願いします。(コンテスト応募までは考えていませんが…。)

    byDuke Starfield at2012-01-03 23:37

  5. Duke Starfield さん

    あけましておめでとうございます。
    最初がD-37は凄いですね! しっかりとした造りのBHは、それだけ長く使えるから良いですよね。

    私も計画&妄想だけなら大量にあるのですが、やはり時間の確保が課題ですね。そんな中、木工仕事の手際が良くなってきた自分の成長に感謝する日々です(笑)

    先日、ParcAudioからBH向けの8cmフルレンジが出たので、近々作品にしてみたいと思っています。新FFシリーズ、FE163En-Sに続くユニット発売ラッシュなので、雑誌で作例発表する評論家さんも大変ですね(汗
    あとは、センタースピーカーの設計もやりたいです!

    byカノン5D at2012-01-04 10:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする