カノン5D
カノン5D
オーディオマニア&アニオタのカノン5Dです。 オーディオの中でも、『自作スピーカー派』でして、特に「バックロードホーン」「共鳴管」「フルレンジスピーカー」という長岡的なスピーカーに興味があります。 …

マイルーム

カノン5Dのオーディオルーム
カノン5Dのオーディオルーム
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
写真・オーディオ・自転車・アニメ・ラジコン、と多趣味な私です。 ブログ「趣味の小部屋」http://blog.goo.ne.jp/4g1g4g0 HP「カノン5Dの資料室」http://kan…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

<S-040> センタースピーカー ネットワーク編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月25日

今回は、ネットワーク編です。

人によって順番はあると思いますが、
とりあえず、ミッドレンジのFE108EΣから見ていきます。


まずは、フルレンジ「FE108EΣ」の特性。

インピーダンス測定をすると、
f0=70Hz, Qo=0.34と、カタログ通りの特性ですね。

周波数特性はこちら。

↑軸上0.5m

↑角度30° 0.5m

典型的なBH向けユニットの特性ですが、
密閉型のエンクロージュアでも、意外と普通に聴ける音です。

微小音も逃さず聞かせる感じで、ネットワークを直列に入れるのはもったいない感じです。
ミッドレンジで使うなら、2kHz~13kHzといったところでしょうか。


ウーハー「FW168HR」の特性はこちら。

インピーダンス測定をすると、
ユニット単独では、f0=55Hz, Qo=0.67。
カタログスペックと比較してf0もQ0も高めの結果となりました。低めの測定電圧(100mV)の影響でしょうか。

周波数特性はこちら。

↑軸上1m

相変わらずフルレンジ顔負けの特性ですが、
1kHz~2kHzのピークを切らないと、100Hz付近が聞こえないというのは1年前に経験済み。

ダクトの効果もあって、50Hz付近までしっかり伸びています。
中高域のピークを切り取ってしまえば、-10dBで40Hzといったところでしょうか。


せっかくなので、2本並列に接続して、
ネットワークの効果を確認してみます。

FW168HR×2+2.0mH(軸上50cm)


コイル一発ですが、バッサリ高域が切れたものです。
計算上は350Hzぐらいからカットされる計算です。
(最低域が落ちているのは、マイク位置が近く背面のダクト音が拾えなかったのでしょう。)

この状態で、Midをフルレンジ状態でつないでみます。



↑軸上50cm「 FW168HR×2(並列、2.0mH、正相)+FE108EΣ(フルレンジ)(正相)」

この接続の場合、どの接続でもウーハーとMidの位相が90°ズレた状態なので、理論的に正しい接続方法はないと思います。
とりあえず、逆送接続もテスト。


↑軸上50cm「 FW168HR×2(並列、2.0mH、逆相)+FE108EΣ(フルレンジ)(正相)」

ウーハーを逆相とした状態では、
低音域がMidと打ち消しあってしまうようで、
聴感上もNGです。


ウーハーの接続は正相として、
2kHzのディップを埋めるために、
ウーハーのコイルを2.0mH→0.5mHとします。


↑軸上50cm「 FW168HR×2(並列、0.5mH、正相)+FE108EΣ(フルレンジ)(正相)」

1~2kHzのディップが埋まってきましたね。
場合によっては、Midにコイルを入れて10kHz付近のピークを抑えてもよいかもしれません。


さらに、ツイーターを被せます。

↑軸上50cm「 FW168HR×2(並列、0.5mH、正相)+FE108EΣ(フルレンジ、正相)+FT7PR(0.68μF、逆相)」

このシステムだと、Twの能率が負けてるようで、
微かに鳴っている…かな?、ぐらいの鳴りっぷりですw

それでも、効果は絶大で、
正相接続では高域に違和感を覚えるのに対し、
逆送接続では、高域に好ましい「潤い感」や「抜け」を付与することができました。(掲載f特はこちら)


今回はデータばかりでしたが、
実際にシステムに組み込んでの視聴感想は次回を予定しています!

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする