カノン5D
カノン5D
オーディオマニア&アニオタのカノン5Dです。 オーディオの中でも、『自作スピーカー派』でして、特に「バックロードホーン」「共鳴管」「フルレンジスピーカー」という長岡的なスピーカーに興味があります。 …

マイルーム

カノン5Dのオーディオルーム
カノン5Dのオーディオルーム
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
写真・オーディオ・自転車・アニメ・ラジコン、と多趣味な私です。 ブログ「趣味の小部屋」http://blog.goo.ne.jp/4g1g4g0 HP「カノン5Dの資料室」http://kan…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

オーディオマニアの見るCEATEC 2013

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年10月03日

先日CEATECに行ってきましたので、そのレポートを書きます。
基本的には、ディスプレイは4Kや8Kがメインで、自動車メーカーや家電メーカーは「スマート」がメインです。

気になるのが音響関係の展示です。

最大の注目は、京セラの「ピエゾフィルムスピーカー」でしょうか。
経済産業大臣賞の受賞もあってか、ブース前には常に人だかりができていました。



こちらが、実機。


有機フィルムにピエゾ素子を組み込んだ構造です。
ピエゾを使ったスピーカーとしては20年前に音響メーカーがやっていたことと同じなのですが、「薄型化のニーズが時代にマッチした。音響特性を上げるための最適化を行った。(担当者談)」とのこと。


試聴コーナーもあったので、行ってきました!

こちらも常に長蛇の列!
音響機器にこれほどまでの注目が集まっていること自体、驚きなのです。


まずは、従来型のスピーカーの視聴からスタート。
強烈に籠った音が出てきて驚いたのですが、「(TV裏に設置されるSPを想定して、)下向きに音を出している」という説明を聞いて納得。

次に、ピエゾ型の視聴。
ユニットが正面を向いているぶん、明瞭さが確保されています。中高音がピーキーですが、チューニング次第で何とかなるのでしょう。

最後に、LG電子のTVの登場です。

こちらは、流石のサウンド。イコライザーの調整が巧みなのか、普及クラスのミニコンポと同等レベルの(TV付属スピーカーとしては驚異的な)サウンドだと思いました。



さて、大注目の京セラでしたが、
なんと、NEC/TOKIN ブースにも「ピエゾスピーカー」を発見しました。


動作原理は、ほぼ京セラと一緒。
巨大な紙コップの裏に、ピエゾ素子が貼り付けてありました。

これ、凄く音が良いのです。
クラッシックが鳴っていましたが、弦楽は切れ味よく、かつ滑らかで、非常に上質な音だと感じました。

もちろん、ナローレンジなのは言うまでもないですが、ダイナミック型を超える利点はあるのかなぁ、と感じさせた一品でした。


そして、こちらはFOSTER電気のブース。


薄型スピーカーとして、振動板を裏返したようなユニットが出ていたので、チェック。

音は聞けませんでしたが、周波数特性は良さそうです。


ラストは、ニチコンのブースです。

オリジナルのコンデンサはもちろん、音響機器への搭載例なども展示してあり、興味深く見てきました。
写真はソニーのポタアンですが、他にはマランツのSA-11S3(電源部)や、アキュフェーズのパワーアンプも展示していました。


CEATECは、土曜までやっているので、
興味のある方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おお!! ピエゾフィルム・スピーカーおもしろそう。
    私が使っているTAKE-TのBAT PROもピエゾフィルムを使っているよう
    ですが、振動板は波状になっていてハイル型と呼ばれているから、似て
    いるけど少しちがうんでしょうね。2枚目の写真で平面の透明フィルムが
    見えますが、あれがピエゾフィルムでしょうか。白い箱の中には昇圧トランスが入っているんですかね?
    京セラからフィルムスピーカーが発売されてもおもしろいし、ユニット
    販売もしてほしいですねえ。

    by青いコゴミ at2013-10-03 20:58

  2. こんばんは。

    今年は行けないのですが、面白そうですね。
    ピエゾ素子は昔っからチョロッと試作が出ては消え・・・でしたから、商品化に至るとなると、難しいようですね。

    お遊び(?)でピエゾ素子でスピーカーが出来るか試したことがありますが、すぐ匙を投げました。

    byこたちゃん at2013-10-03 21:43

  3. こんばんは。自分はCEATECには顔を出していませんが面白そうですね。

    仕事の余興で圧電素子(ピエゾ)に音楽信号入れて曲を鳴らした事はあります。中高音なら十分に「!?」と思わせる何かはあると思います。
    ガラスやテーブルに貼りつけて音を鳴らすヤツも所謂ピエゾですね。
    スピーカーを作ろうとは思いませんでした…結局振動板がネックなので、中途半端に手を出すモンじゃないなと。
    音が出た!って喜ぶだけなら簡単なんですけどねぇ(笑)

    京セラには頑張って貰いたいものです。

    そう言えばピュアオーディオで圧電型のツィーターといえば村田製作所が有名ですよね。
    こちらもモノは良いのですが、いかんせんブランドイメージが足りなかったのか、既に撤退済みでありますけれども。

    byテナガザル at2013-10-03 23:02

  4. コメントありがとうございます。

    青いコゴミさん
    ピエゾは高電圧が必要のようですが、積層して並列接続しているのがポイントのようです。
    京セラのユニットは、単品発売されたら面白そうですね!

    こたちゃんさん
    おお、実際にピエゾ素子にチャレンジされましたか。部品とか、どこで入手されたのか気になります!

    テナガザルさん
    やはり振動板の材質がキモですか。京セラより、NEC/TOKINの音が良かったのは、単に紙振動板の音を聴いていただけかもしれませんね(笑)
    軽量というポイントでは、今後注目されそうな方式・・・になると面白そうですね。

    byカノン5D at2013-10-04 05:22

  5. 昔、圧電素子の教育教材(ってなんだよ!?)で、「こんな事も出来ますよ~!」とやってみました。

    ナローレンジにも程があるという感じだったので、そこまででした。

    byこたちゃん at2013-10-04 18:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする