カノン5D
カノン5D
オーディオマニア&アニオタのカノン5Dです。 オーディオの中でも、『自作スピーカー派』でして、特に「バックロードホーン」「共鳴管」「フルレンジスピーカー」という長岡的なスピーカーに興味があります。 …

マイルーム

カノン5Dのオーディオルーム
カノン5Dのオーディオルーム
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
写真・オーディオ・自転車・アニメ・ラジコン、と多趣味な私です。 ブログ「趣味の小部屋」http://blog.goo.ne.jp/4g1g4g0 HP「カノン5Dの資料室」http://kan…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

音展2015(オーディオ・ホームシアター展 2015) スピーカーレビュー (前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月18日

昨日、「音展2015(オーディオ・ホームシアター展 2015)」に行ってきましたのでレビューをしようと思います。
もちろん、カノン5D視点のスピーカーが中心の(変態的ではない?)レビューです!


まずは、必聴の3ブランドから。

<ファルコン株式会社(FalconLab)>(2F 201)
http://falconlab.jp/index.html




今回の音展の正に大穴。
ホーン型と無指向性を上手く組み合わせた方式のスピーカーで、圧倒的な存在感と臨場感が両立しています。ホーン型に付随するであろう癖っぽさは微塵も感じさせないのが見事です。

小型のModel201は、瞬発力のある小口径ウーハーがホーンとのマッチングを見せます。小口径とはいっても20cmあるので、中低域の厚みもGOODです。

大型のModel707は、レンジが20Hz付近まで伸びる大型機サウンド。壮大なスケール感には、ただ圧倒されるばかり。大音量再生でも全く濁ることのない再生能力も素晴らしかったです。


<TAD (音元出版)> (1F HALL1)


定番のスピーカーながら、やはり崩れぬ盤石さがあります。
音を再生することにおいて、全く非の打ちどころがなく正に完璧です。デザイン的な存在感もさることながら、音を出せば他の追随を許さないハイエンドサウンドです。自動車でいうF1的存在かもしれません。

もちろん、「感情表現が・・・」とか「リラックスして聴けない・・・」とか思う節もありますが、それはそれ。F1に「静かさ」や「乗り心地」を求める人はいないでしょう。

スピーカービルダーのカノン5Dにとっては、まさに「絶望」的存在。聴くたびに、越えられない壁を感じてしまうのです。


<六本木工学研究所>(2F 205)




海外の高級ユニットを使ったスピーカーを展示していました。
名機のユニットを集めたところで、その音にはならないのは百も承知ですが、ユニットのパフォーマンスの高さは見逃せないものがあります。

今回はScanSpeakやSEASのユニットを使用したスピーカーでした。
ハイエンドスピーカーと言うにはエンクロージュア設計の甘さを感じましたが、他のブースでは聞けないダイナミックなサウンドは圧倒的なCP比だといえます。
高品位なユニットをシンプルに鳴らす好例のような作品で、(展示品のような)安価なアンプでも駆動しやすいことはユーザーにとっても嬉しいことでしょう。


-------------------------
音展は、まだまだ他にも沢山のスピーカーが来ていました!
ここでは定番のスピーカーを先に紹介します。

<PENAUDIO(SPEC)>(2F A)

欧州の高級スピーカーとして、よく見かける「SALA S」です。
やはり上品な音で心惹かれるものがありますね。家に置くならこれかな?

<MAGICO(完実電気)(オヤイデ電気)>(1F HALL3)(2F H)

トールボーイ型の「S3」は、完実電気ブースで発見しました。
アルミの重量級筐体からは、全く無駄な音が出ません。音が出て、消える瞬間が見事に聴こえてきます。こうなると、ちょっぴり木材の音が恋しくなったり!?


小型ブックシェルフの「Q1」は、オヤイデ電気にありました。
こちらは、素晴らしい鳴りっぷり。MAGICOは無色透明なぶん、アクセサリーでの使いこなしがポイントになるのかもしれません。


次回は、音展で見つけた「新しい出会い」を紹介します!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. カノン5Dさん  こんにちヮ!

     カノンさんの視点は、やはりスピーカー目線でしたね。  スピーカー物色中の私。 私も気になりますね~~ (^_-)

     ファルコンのmodel707。  良さそうですねェ~ 

    >> 大型のModel707は、レンジが20Hz付近まで伸びる大型機サウンド。壮大なスケール感には、ただ圧倒されるばかり。大音量再生でも全く濁ることのない再生能力も素晴らしかったです。

     こんな風に言われちゃうと聴きたくなって仕舞います。 見た目的には水平放射ですから、より広い空間が必要の様ですが・・ 普通の環境下ではどんな風に鳴ってくれるんでしょうね?  興味が湧きます・・


     TADは写真では小さく見えますが・・ TAD-E1-WNではないですよね?  モデルは何ですかね?  TIASでは小型モデルしか置いてなかったので、視聴出来ず仕舞いで残念でした。   これは音元さんが主催のイベント?  もう少し足元をキレイにして頂きたいですね(笑)  布一枚で覆うだけでも違うんだけどね・・ 


     モニター基調も好きなので(^O^) 私的には問題ない筈です。


    お疲れ様でした。。。
     .

    byアコスの住人 at2015-10-18 10:34

  2. アコスの住人 さん

    早速のコメント、ありがとうございます。

    ファルコンのスピーカーは、全くの想定外サウンドでしたね。特に音響パネルも使用せずに鳴らしていましたが、圧倒的なサウンドでした!

    TADは、「R1 MK2」ですね。200人規模の広い会場だったので小さく見えますが、背後にある白い小箱が巨漢「M600」です(笑)
    (ついでに写真も一つ追加しておきました♪)

    まだまだ、レビューも続きますので、ぜひ宜しくお願いします!

    byカノン5D at2015-10-18 11:32

  3. レビューお疲れ様でした。

    IASに引き続き、音展も逃してしまいました。
    ファルコンのHPを見て、凄い右肩下がりの特性に驚いてしまいました。指向性が広いので、実際にセッティングすることでバランスが整うのでしょうね。

    HPのやる気のなさを見ると、多分、開発者の方は趣味でスピーカーを作っている人ですね。だからこそ好きなように作れるわけで、個性も反映されるのだと思います。

    私、市販のあらゆるスピーカーの中でMBLが一番好きなんです。水平指向性360度のスピーカーにしか表現しえない世界がきっとあるのだろうと思います。

    bytaket at2015-10-18 20:16

  4. taketさん

    コメントありがとうございます。
    ファルコンは予備知識が殆どなかったので、驚きの逸品でした。ああいう独特なスピーカーは、大手メーカーでは作れないですよね。小型のは現実味のある値段なので、本格的に検討してみても良いかもしれません!?

    MBLは、何年か前に聴いたことがありますが、音色感も非常に良かった印象があります。買うかどうかは置いておいても、そういう製品(作品)との出会いはオーディオショウの醍醐味ですね!

    byカノン5D at2015-10-24 15:27

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする