ぶ~。
ぶ~。
皆さんはじめまして!! ピュアオーディオをメインにホームシアターもやっているぶ~。と言います。 オーディオ歴はもうすぐ20年というところですが…まだまだウンチク好きな青二才です。 そろそろ落ち着…

マイルーム

とりあえずMy Room
とりあえずMy Room
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
いろいろやりたいのは山々ですが、所詮はマンションの一室… いずれ引っ越すことを考えつつ、いまはできる範囲でごそごそと…という感じでしょうか。 部屋の形は縦長のシューボックスに近い感じ、広さはお…
所有製品
  • その他ケーブル
    OYAIDE HPC-LS
  • ヘッドホンアンプ
    FiiO E6
  • ヘッドホン
    VICTOR HP-FX500
  • ヘッドホン
    AUDIO-TECHNICA ATH-CK100
  • その他アクセサリー

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

お気に入り製品

お気に入りユーザー

日記

久々CDR-HD1300大活躍

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年05月29日

ちょっとした事故で表示部を割ってしまい、仕事の都合で修理にも持って行けず、暫く不憫な思いをさせた我が家のCDR-HD1300。
ようやく表示部の修理も完了し、ラックに再設置するついでに棚板にPACIFIC AUDIOのASP-001を敷いたところ、音が激変していることに気が付きました。
我が家にやって来た頃は典型的YAMAHAトーンで、『JAZZライブの熱さを再現するにはもう少し低音が踏ん張ってくれた方が好みだなぁ…』などと思っていたのですが、ASP-001を敷いた棚板の上に設置したところ、低音の量・切れ共に大改善!!
暗騒音も抑えられたようで、無音時の静けさも改善されて大満足でございます(^^)

とはいうものの、価格差が5倍の我が家のリファレンスSACDプレーヤー DCD-SA1とガチンコ比較をすると、やっぱりDCD-SA1に軍配が上がるんですけどね。

ちなみに、CDR-HD1300の場合はCDソフトを直接鳴らすより、一度内蔵HDDにリッピングしてからの方が良い音で聴けます。
ということは、以前話題にした内蔵HDDのSSDへの換装にもかなり期待が持てる!?

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ぶ~さん、初めまして。
    私もCDR-HD1300を使用しております。
    私は、ミュージックバード用に使用しております。
    棚板で音が激変は、わかります。
    私は、AA誌で当選して戴いたブラックラビオリを使用しています。
    また、天板内部には、鉛のシート(接着式)を貼っています。
    天板を叩いてみると、違いがあります。
    音も、ピュアになります。
    HDDで音が違うかと、関心がありますが、流通が少なくなっていますよね。
    私は、予備として、1つストックしてあります。
    ぶ~さんは、どのメーカーのHDDですか?
    私は、マクスター製です。
    CDR-HD1300は、
    リモコンが、チョット不満です・・・
    1500用のリモコンが良さそうですが、入手難しそうなので
    学習リモコンを昨日買ってしまいました。
    今日、届くかな?

    byぽっくん at2010-05-30 06:55

  2. ぶ~ さん、はじめまして。

    私もこのレコーダーを持っています。普段の使い道は野外で生録下音源をCD-Rに焼くのとFMエアチェックです(1978~1987年までに発売されたFM/AMチューナーを複数台所有)。

    普段はタオックのラックに鎮座しているのですが、この機種は天板がチト弱いので色々と手を打ってました。鉛のインゴットを乗せていた時期もあったのですが、今は鉱物専門店で手に入れた「タンタライト」という鉱物を乗せています。鉛以上に音の抜けよくなるうえに重心が下がるのはいいんですが、手に入れるのに結構苦労するのが難点です。また、脚はブナのスペーサーを介してタオックのインシュレーターを取り付ける方式に改造しています(直接取り付けるのは、脚の周囲から飛び出しているネジにインシュレーターがひっかかるのでNG)。

    HDDはマクスター製、サムソン製、シーゲイト製、富士通製と数種類所有していますが、プラッタは1枚、1枚当たりの容量は80GB以下、回転数は5400回転でなるべく合わせています。7200回転のものは音の立ち上がりは速いものの音の重心が上がってしまい、低域の量感に乏しいふわついた音になりがちなのであまり使っていません。3,4年前までなら中古でもこのくらいのものが安く(3000円前後)が買えたのですが、今ではあまり見かけなくなっています。

    それと、AD/DAコンバーターはRMEのFireface400を使い、FirefaceとCDR-HD1300の間はアコリバのD-sixで96KHz/24Bitというハイサンプリングで伝送しています(CDR-HD1300が手放せない一番の理由がこれ。取説には記載されていないが88.2KHz/24Bitも受け付ける)。

    内臓HDDのSSD化ですがSSDは基本的にシリアルATAのものしかないだけに接続端子が旧式のウルトラATAであるこの機種では困難だと言わざるを得ませんね。

    by8050A at2010-05-30 14:35

  3. ぽっくんさん、8050Aさん、コメントありがとうございます。

    > 内臓HDDのSSD化ですがSSDは基本的にシリアルATAのものしかないだけに接続端子が旧式のウルトラATAであるこの機種では困難だと言わざるを得ませんね。

    そんなことありませんよ。
    S-ATA⇒3.5"IDE変換アダプタ(基板1枚で構成されたシンプルなもの)は山のようにありますし、2.5"サイズのSSDを3.5"HDDスロットに固定するステーもたくさん出ていますからね。
    ただ、メーカー保障はないし、ステーなどが鳴かないようにとか、どのメーカーの変換基板が音が良いか調査…など、対策が必要だとは思いますが。

    回転機構を持つHDDは何かと故障しやすいので、PC用部品を使ってSSDに乗り換えられるのであれば、その方が製品寿命も…と思うわけですよ。
    いかがでしょうか?

    byぶ~。 at2010-05-30 22:49

  4. ぶ~ さん、こんばんわ。

    変換アタブタの件ですが、存在をど忘れしてました(大汗)。しばらくPC用パーツについてはご無沙汰だったものであわててPC用パーツの通販サイトを見たところ、興味をひくものがいくつかありました。
     CDR-HD1300は来年で発売から8年になるのでその際にオーバーホールをしたうえで今後も使っていこうと考えていますし、SSDも32GBや64GBといった低容量のものなら(HDDは低容量のほうが音がいい。普段使いのサムソン製HDDは30GB)手ごろな価格で入手できるようになっていましたので、スレーブ&マスターの設定など対策がいるものの、試してみたいという気になってきました。
     ただ、いまはコルグのMR-2(5月下旬発売予定が延期になった)が先なので手をつけるのはその後になりそうです。

    by8050A at2010-06-01 19:31

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする