Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
借家(マンション) / その他 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
※引越したので現在は18帖の専用室です 部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET800(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6(WFBoard) …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

光ボリューム

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年08月31日




メーカーページはこちらこちら

導入の経緯はこちら


パッと聴いた感じ、音色は殆ど変わりませんでした。
直観的な印象は「オープン」な感じ。これまでDACのPWDのボリュームで「絞って」いたのが「開放」されたとでも言うべきか。上下の帯域が少し伸びて、気持ちばかり元気になった印象を受けました。

とてもクリアで音を追いやすい。同時に複数の音を描き分け、聴き分けられる。輪郭を立たせることなくナチュラルなままで、豊かなステージがストレスなく広がる。





セレクターはダミー。音量調節はリモコンでできるので楽ちん。無接点ということで無駄に故障しないことを祈る。





自宅試聴したことも有ったので、概ね予想通り。とても綺麗に音が通る。部屋から出ても、ドア越しにクリアな音が聴こえてくる。いわゆるS/N比は非常に素晴らしいレベルだと思います。開放感、色付けの無さもとても印象的。

適切に音量調節するための機器としては、必要最小限にして至極充分だと思いました。生産中止で過去の遺物ですが、再び日の目を見る機会はやってくるのでしょうか?

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする