Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。国内・国外のオーディオショーやショップを訪ね歩いています。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
借家(マンション) / その他 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
※引越したので現在は18帖の専用室です 部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET800(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6(WFBoard) …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ようこそWelcome

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月14日


(黄金の鉄の塊 Mimesis9)

MUNDに別れてMUNDに会う。
MUNDの前にあったのはMUNDで、MUNDの後に来たのもMUND。
もう離れられないよ!



◆導入記


ネットでぶらぶら散策して、明確に的を絞らずグレードアップを検討していた。いくつかSPも検討したが、送料と搬入の手間を考えるに、負担が大きすぎる事が判明する(財布と体力的な意味で

ではアンプはどうだろうかと思った矢先に、近くで見つけてしまった罠。すぐさま現物を見に行って音を聴いてみる。軽い試聴程度じゃイマイチ判断がつかなかったが、程度も問題ないし、値段も魅力だった。

ショップの人と軽く話をするが、
充分なグレードアップになるとの弁。
曰く、「世界が変わる」と。
そこまでは行かずとも、これ以上はもう無いだろうと思ったので、確認事項をまとめた上で、すぐに決断した。

およそ65㌔の質量はヤバイの一言。下手なフロア型のSPより重い。成人男性の平均体重がこの四角い箱に収められていると言える。扱いを間違えたら軽い致命傷になること請け合いだ。搬入にはとても苦労した(主にショップの人が



◆音質所感


MM8.5との比較だが、基本的な路線は変わらない。ごく端的に言うならば、緻密でクール。とても良く似ているが、違いはレンジにある。

押し引きの幅が広い。何と言うべきか、静かな所は小さく静かに、大きくパワーが必要な所は、バシッとダイレクトにかましてくれる。

帯域の幅が広い。低音がもう少し下に伸びて、ドスンと腹に響くようになってくれた。相変わらずやたらとタイトなところに目尻が下がる。金物系も更に向上し、明白明瞭でとても良く冴えている。

ステージの幅が広い。SPの外側に音が現れ、漂う。サウンドステージを形作るアンプの支配力と言うものを提示してくれた。


やはり、ある程度の音量以上が気持ち良い。Tabletの騒音計で言うと70~85db付近で聴いているが、もっと大きな音量でもさぞや余裕だろう。



◆雑感


SR2(1999年)⇒Mimesis8.5(1993年)⇒Mimesis9(1989年)

時代は逆行しているが、音は明らかに向上している。25年前、つまり4半世紀前のアンプと言えば、そろそろヴィンテージと言っても差し支えなさそうだ。


この頃のMUNDが目指していたモノを知る由もないが、俗に言う「忠実再生」や「生の再現」とは異なる軸上に存在するアンプではなかろうかと思う。エレクトリカルで無機的な音楽がこれほど美しく広がるとはね、舌を巻かざるを得なかった。


MUNDが齎してくれる世界を私は気に入っている。導入して「世界が変わった」なんてことはなかったが、「世界が拡がった」と体感して嬉しいと思った。沢山の事を教えてくれる、かわいいアンプである。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Qさん
    今晩は。

    MUNDの9おめでとう御座います。。。
    良いアンプは年代に関係なく良いと思ってます♪

    好きなブランドが一番ですね(^^)

    byはやぶさ at2014-04-17 19:58

  2. はやぶささん

    こんばんは。3台目ですが結局MUNDが好きでした。アンプの底力というものを見せつけてくれると惹き込まれますね。以前からさらに磨きこみましたので、お時間が有りましたらお立ち寄り下さい。

    byQ at2014-04-17 23:30

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする