Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
借家(マンション) / その他 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET800(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6(WFBoard) ■室内配置 縦配置 …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

回顧雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月19日

その昔、LHH300RとLHH1000(DAC部)を利用していた頃のことを、ふっと思い出す。


今一つSPでの音の印象は薄いが、STAXのESPで聴いた時の音は、今でもイメージが残っている。即ち、もっちりというか、コシがあるというか、密度が高いというか。音の細やかさや透明感はさほどでもないが、ぎゅっと中身が詰まったような充実感があったと記憶している。

小型のSPがあまり相性が良くなかったのか、もっと大型のシステムで本領発揮したんじゃなかろうか、と推察する次第。


今は昔、今日の音は羽のように軽く、遠くまで明瞭で、嘘みたいに透けている。あの頃にあった密度感は、システムの変遷とともに消え去ってしまった。もう戻ることはないが、少しだけ懐かしく思えた。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする