Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
借家(マンション) / その他 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET800(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6(WFBoard) ■室内配置 縦配置 …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

部屋の話をしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月24日

その昔、最初にオーディオの機材を置いた部屋はこういう形だった。




この部屋は和洋一体の変わった造り、収納が広めで実質11帖弱の広さがあり、自由度は意外に高かった。ただ、家族が居たので殆ど音量を上げられず、せいぜい70dBもいかないくらいだったか。それでもミニコンポ・シアターセット・ヘッドホン・2CHステレオ等々いろんな機材を入れて、試行錯誤が楽しかった。


次はいわゆるワンルームマンション。




実質7帖程度の部屋は、全てを入れるには狭すぎたので、ここではヘッドホンだけに絞った。周辺は比較的静かだったので、狹い頭の中に豊かな世界が拡がる。当時はMARANTZ・PHILIPSと2系統のシステムを組んで、ダイナミック型とコンデンサー型のヘッドホンシステムをメインに据えていた。

とりわけSTAXのSignatureSystemⅡは、気難しいところもあったけど、調子が良い時は吸い込まれるような感触だったのが印象的だった。


より広さを求めて、短期間で次のマンションに移る事になる。




ここは駅近くで周辺は騒がしかったが、最上階角部屋で広さはそれなりにあり、結構な音量も出せる。小型SP~ThielのCS2.3まで幾つかのSPを試した。ヘッドホンも同時に移設したが、徐々に出番は少なくなっていった。ここでは多分90dB位なら出せていたかもしれない。古いくせに妙に頑丈で音漏れの心配はなかった。

(当時の面影)



しばらくした後、あるマンションの情報を得て、紆余曲折の末に入居したのが今の部屋。




これまでとは桁違いの広さだけに、自由度やスケールが格段に上がったのは既述の通り。機材も部屋に合わせて大型化していくのは最早必然。

部屋としてのイメージはほぼ完成してしまったので、大幅な模様替えや意匠変更はもうないと思う。強いて不満を言えば、敷き詰めたタイルカーペットと複数のカーテンで音を吸いすぎていること、そして近隣配慮のため音量が80dBくらいまでしか出せないところかな。

(近影)




本題に入りますが、私は仕事柄莫大な数の部屋を見ているため、オーディオと同じくらい部屋に対するこだわりは強い方です。オーディオと部屋は切っても切れない関係にあって、部屋も重視するべきだと常日頃から考えています。

ルームアコースティックはさておき、より音量が出せる環境・より広い環境は、確実に満足度を高めてくれます。私の次の目標は、④と同等以上の広さがあり、より音量を出せる部屋を買うことですね。3~5年程度の間に実現させるつもりです。


これまでの変遷で機器は都度入れ替わり、最初から使っているものなんて1つも残っていません。何処まで行ってもモノや環境、考え方は少しずつ変化し拡張し続けることでしょう。

15年前のあの部屋から1つだけ変わらないものがあるとすれば、オーディオに対する情熱だと思っています。長期に亘ってマイペースで取り組める懐の深さ、他の趣味との親和性の高さがあるからこそ、飽きっぽい私がオーディオを続けられるし、そこにオーディオの面白さがあるのではないでしょうか?


※間取り図は某フリーソフトにて制作

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Qさん こんにちは

    オーディオにとって部屋が大事というのはその通りですね。でも良い部屋という唯一絶対の尺度があるわけではなく、それぞれのリスニング環境や遍歴があるのですね。

    五味康祐も部屋が大事と言っていますが、こんな体験を語っていました。20畳の防音対策をしたリスニングルームにタンノイGRFを導入したらついに理想のシステムを得たと陶然となった。さらに良い部屋を求めて新築して30畳のリスニングルームに引っ越した。天井高も高く天井や壁材にも凝って理想の響きを求めた。そうしたらGRFの音が悪くなって愕然としたというお話です。前の部屋ではダメだったSABAが新居では俄然良くなった。実はタンノイは、放送局モニターで防音室でこそよく鳴るスピーカーだったのです。逆にSABAは一般家庭用。生活空間として自然なエコーがある部屋でよく鳴るようにできていたということだったのです。

    byベルウッド at2016-06-25 11:59

  2. もりりんさん

    こんにちは。家族がいる中では音量出せないので、最初の環境では結構私迷惑かけてました。スペースも自由に使えないですし、どうしてもそうなりますよね。今は一人で好きにやれるので、出来る限り理想を追求できますが、それがいつまで続くかわかりません。

    音量は爆音でなくてもいいですが、偶に非日常を感じられるくらいには上げたいなあと思います。今でもある程度は出来る恵まれた環境にはありますけどね。

    byQ at2016-06-25 13:08

  3. ベルウッドさん

    こんにちは。誰しもが今ある環境の中でオーディオをされていると思います。簡単に環境を変えられれば苦労はしないでしょうが、中々そうはいかないものですね。

    五味氏のお話は興味深いですね。仰るとおりで、SPが想定しているフィールドというものがあることでしょう。それもSPの数だけあると思います。広い部屋は考えないといけないことも多くなり、結構な手間暇がかかります。私自身も今の部屋で何度も何度も配置換えを繰り返して、今に至っています。

    でも、どんな部屋でもやりようによっては楽しめるのもオーディオの良い所だと思っています。本当に大事なのは部屋でも機材でもなく、オーナーの情熱だというのがこの記事の帰結するところです。

    byQ at2016-06-25 13:29

  4. Qさんへ

     私の思い。  

    部屋もオーディオ機器です(笑) 

    私の遍歴は、6畳(普通の部屋) → 8畳弱(6畳の部屋の一部を撤去。防音室化。ルームインルーム) → 今。 20畳相当防音完備。

    経験が無いと部屋の恩恵は理解し難い。 機器の価格では部屋(防音室)は買えないからね(笑)   6畳の時も最後には38cmウーファーの4344を用いていた。  今思えば、全く4344の素晴らしさは発揮していなかった。  部屋・広さに準じたモノを使用すべし・・は、経験者だから言えるセリフであり、当時の本人は憧れていたスピーカーを持った喜びに浮かれていた(笑)

     
     家族は「また、大きな音出して・・」で済むが、周辺の他人からすれば単なる騒音! 大迷惑な事です。 地域に依っては法にも触れて仕舞いますからね ( 一一)   迷惑を掛けてし合う事は人の道としてダメな事ですからね。

     音量の大小は個人により様々ですから、防音のレベルも違いが出て来るでしょうね。 少し無理してでも部屋を整える事で、オーディオは一層楽しくなると思います。

     最近思う事・・・ もっと天井高くしておけば良かったな !(^^)!


     アコス…。

    byアコスの住人 at2016-06-25 20:46

  5. こんにちは、kaku18です。

    いや~、懐かしいです。
    お伺いさせて戴いたのは、3番目の洋室13畳でしたね。
    もう3年以上前になるでしょうか。
    あの時点で、相当、良い音が鳴っていたと記憶していますが、機器も一新した今、どれほどの音で鳴っているのか・・・私、興味あります(笑)

    しかし、妻子ある身としては、どうしても家族優先になるので、オーディオが後回しになります。
    どうも、オーディオ的に素晴らしい部屋と、日常の生活空間として快適な部屋との間には大きな隔たりがあるようで。

    うーん、私も、あと数年以内に、耳がまともに機能するうちに、オーディオルームを確保したいものです。

    bykaku18 at2016-06-26 13:32

  6. アコスの住人さん

    こんにちは。いつもありがとうございます。経験があれば、振り返って色々なことが分かりますね。いくつも部屋を変えてオーディオにトライすると、そこかしこで様々なことが見えてくると思います。

    しかし、音の問題は狹い日本では中々避けがたいですね。集合住宅でも戸建てでも、近隣配慮は必要なご時世になりました。オーディオをやる上で一番良くないのは、他でもなく他者に迷惑をかけることでしょう。

    結構先ですが、部屋の構想は今でも大きく膨らんでいますので、種々の条件をクリアした理想の部屋を手に入れたいと思っています。

    byQ at2016-06-27 19:22

  7. もりりんさん

    こんにちは。私も今の部屋はそうそうないと思っていますので、興味本位でも気軽にどうぞ。音源は私も結構独特なので、公序良俗に反しない程度であればなんでも構いません。詳細は追ってメッセージしておきますね。

    byQ at2016-06-27 19:26

  8. kaku18さん

    こんにちは。そう言えば3年以上前でしたか、あの頃とはまた結構変わりました。機材や部屋もさることながら、いろんな方とコミュニケーションを取り、ショップや個人宅を訪問させていただいた賜物だと思っています。

    オーディオとファミリーの日常空間は、中々両立しがたいところでしょうか。余計なお世話かもしれませんが、何事も時の移ろいと共に事情は変わっていくと思いますので、ここは是非構想を練っておいて下さい。

    私の場合、5年位前から仕事中でも、いや仕事中だからこそオーディオと部屋のことばかり考えています。そんな中で、考えていた部屋との縁が生まれてきたのだと思います。

    byQ at2016-06-27 19:47

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする