Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
借家(マンション) / その他 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET800(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6(WFBoard) ■室内配置 縦配置 …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

関西出張試聴記① 沢山の出会いと体験と

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月20日

先の連休を利用して関西方面に行ってきました。例のごとくショップ訪問・オーディオファイル訪問・レジャー・グルメ等々、沢山の得難い体験をしてきましたので、ぼちぼち書いていきます。

関西のショップは8年くらい前にI品館を訪れたことがあります。今回は同社以外にもいくつか回りたかったので、神戸から日本橋のショップを中心に回りました。


◆ショップ訪問:Rサウンド


神戸の有名なショップです。実は今年の2月にも神戸を訪れていましたが、その時は都合上立ち寄る余裕がありませんでした。奥の試聴室は結構な広さがあり、沢山の機材が所狭しと並べてあります。

・試聴機器

PLAYER:Esoteric
AMP:Constellation audioのセット
SP:Sonus Accord

とても綺麗に感じました。SPのサイズ上、凄く低い音は出ていないけれど、細かいところをきっちり拾って、破綻することなく優雅に音楽を聴かせてくれます。力強さは無いけれど育ちの良いお嬢様という感じ。とはいえ、音色や柔らかさだけで聴かせることなくしっかり情報量もあったので、持ち込んだシンセも割と良い印象でした。

店主さんに話を伺うと、意外にもConstellation audioがその印象に一役買っているそうです。


◆ショップ訪問:I品館


大阪の有名ショップです。同社は店舗が近くに複数あってそれぞれ位置付けがあるため、まずは中古品を物色した後、3号館でハイエンド機器を試聴しました。試聴室は静かでセッティングも行き届き、広さも23畳程度と我が家とほぼ同じです。

・試聴機器

PLAYER:TAD
AMP:TAD
SP:B&W 802D3

最新鋭のHi-Fiオーディオ、という感じでした。全体的にピントがピタッと合って、上から下まで音楽の姿が実によく分かります。明瞭だけどきつさはないし、何でも行ける万能選手でした。

尚、ウェルフロートボードが各機材の下においてあり、音量を上げるとSPが僅かながらも横に振れています。これは結構印象的で、100キロ近い重量物を支える脚元は、音質に大きく影響を及ぼす部分だと実感しました。


◆ショッピング:日本橋散策


大盛カレーを食ってブレイクし、日本橋を物色していきます。とあるショップでCDを物色していたら、なんと6年くらい前から探していた絶版のCDが目の前にあって、速攻で購入しました。不思議な出会いもあるもんだなと思いつつ、すぐ近くのSムセンやK口無線を訪問します。

Sムセンは上階にハイエンドの試聴室があり、AVALONのDIAMONDとB&Wの802D3がありました。試聴室の環境も良かったのですが、もうB&Wは十分だったので流れていたものをちょい聴きに止め、中古品を物色してきました。

と、ここでも探していたある品が目に入り、速攻でお買い上げ。なんか話が出来過ぎている気がしますが、ネットだけじゃなく足で探すと、思いがけない掘り出し物があるものですね。見つけた瞬間は目が点になりました。ちなみに、他にも立ち寄ったショップが有りますが、都合上省略します。


◆アクティビティ:ツーリング


明石海峡大橋から淡路島をバイクで突っ走りました。海風をたっぷりと浴び、拡がる空と海を眺めれば心も体もリフレッシュ。復路は夜になってたので、大橋から神戸の夜景にダイブしていくような感覚でこれが実に爽快でした。



いつものことですが、新たな体験は認識を変え、考え方を変えてくれますね。そして行動が変わり、結果が変わる。色んな出会いがある旅とオーディオは、意外と相性が良いのかもしれません。

オーディオの旅はいつ果てるともなく、誰かが望む限りどこまでも続いていくことでしょう。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする