Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。国内・国外のオーディオショーやショップを訪ね歩いています。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / ~2ch
※引越したので現在は18帖の専用室です 部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET800(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6 ■室内配置 …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

SPが持てる性能を発揮した時

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月10日

眼前のSPは消え去り、ただただ音楽がそこにあるのみ・・・


そんなこともあるかもしれません。

もう少し現実的に考えていますが、SPが今現在何%の性能を発揮しているか?ということを知るのは容易では無いと思います。何故なら100%の音なんて誰も知り得ません。とは言え、幾つかの状況証拠からある程度を想像することは出来ます。


例えば、開発者の頭の中には、理想の音や想定している状況というものが必ずあるはずです。それらを実現するためにManualがあり、設置方法や位置関係の目安、推奨する接続機器、想定音量などが記載されていることでしょう。

現用のThiel CS6のManualを見てみると、(こちらから見れます)その辺りが明確に書いてあります。部屋は個別性が強いため、最終的にはいくつかの実験を行うことを前提としていますが、その主旨を汲み取り実践することで浮かび上がるものもあります。


■SPを壁から充分に離し、余計な物を置かない
後壁から90cm以上、側壁から150cm以上を推奨
⇒現在後壁90cm、左側面のみ120cm


■SPから離れ、真っ直ぐに配置を行う
SPからリスナーまで2.4m以上の距離を取る事を推奨
⇒現在SPから3.5m、平行配置


■広さのある部屋で鳴らす
Average listening room=14ft*18ft≒23.40㎡≒14.4帖
Large listening room=18ft*25ft≒41.80㎡≒25.8帖
⇒現在約24帖


■低インピーダンスに対応し、求める音量と部屋に応じたアンプを用いる
公称4Ω 最低2.4Ω
⇒現用のMimesis9は2Ω対応


■過剰な音量で聴き続けない
90dB以上の長時間曝露は推奨しない
⇒現在は瞬間でも80dBくらい


さて、概ね推奨条件に沿ってセッティングをしていくと、そのSPの方向性と良さが見えて来ます。思うにこれがまず目指すべき第一歩ではないかと。

音を良くするためには多種多様なアプローチがありますが、とりわけSPの開発者の理念を理解し、忠実性を持って実行するのは強ち遠回りなことでもないのでは、、、そう思った初秋の夜更けでした。


まあ、実の処ここまで足掛け7年掛けてますけどね。煩い夏は過ぎ去ったところで、より良い音楽がそこにある、オーディオの秋が楽しみですね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは

    なかなか日本の家庭ではQさんのような部屋で
    オーディオを楽しむことは難しいですけど
    開発者の理想に近い環境で聞くことができたら
    スピーカー本来の音を奏でてくれるのかもしれないですね。

    私の部屋では無理ですけどね。

    byHermitage at2016-09-10 10:26

  2. こんにちは。
    Qさんの部屋の高さはどのくらいでしょうか。
    米国は普通の家で3.0メートルです。日本家屋は高さが2.4メートルなので、その辺が一番問題ではないかと思っています。
    以前カナダに住んでいたときにダイヤトーンP610ツインを使っていましたが、いい音がしていました。たぶん高さ3メートル、部屋は20畳くらいでした。

    byマイペース at2016-09-10 14:54

  3. 逆に、コレだけ明確に指示されていると、気が引けちゃいますね。  普通の人は(笑)  ただし、取説見て=買ってから見て気が付いても後の祭りです (*_*; (*_*; 

     こう言うセッティングや環境は、スピーカーエンジニアにとっては普通に言いたい事なのでしょうが・・・ それを言って仕舞えば誰も買ってくれません(笑) 日本家屋に於いてはハードルが高過ぎですから・・(^^)/    Qさんの様な環境は極々稀ですからね。


     ただ・・ 【 ■過剰な音量で聴き続けない。 90dB以上の長時間曝露は推奨しない】  数値が具体的すぎるのが面白いですが、連続はあまり無いでしょうね。 長時間も具体的に**時間と挙げて貰うと良かったのに(笑)

     しかし、理想的な環境やセッティングは難しいですね。  ウチは既にアウト!!や (-_-メ) (-_-メ) (-_-メ)

    byアコスの住人 at2016-09-10 23:14

  4. Hermitageさん

    こんばんは。色々やってみて思いますが、大型SPを日本の一般的な居室で鳴らすのは大変だとつくづく思います。とは言え、開発者の理想を想像することでそれに近づけてみたいと考え、大枠を固めてきました。

    まだまだやりたいことは沢山ありますし、これで終わるつもりは毛頭ないですけどね。少なからず見てきましたが、良い音を探求する人達の情熱はENDLESSですね。

    byQ at2016-09-11 00:31

  5. マイペースさん

    こんばんは。我が家の高さはごく一般的な2.4メートルです。確かに天井が高いリスニングルームは開放的になりますね。どれだけSPまで情報があっても、それから耳に届くまで、物凄く部屋の影響を受けますしね。

    アメリカやカナダはまだ行ったことないです。Thielはアメリカのブランドですし、あちらのオーディオファイルに知り合いを作って、行ってみたいですね。今後の課題としたいと思います。

    byQ at2016-09-11 00:43

  6. アコスの住人さん

    こんばんは。いつもありがとうございます。確かに指示は明確ですが、ロジカルであってオカルトではないですし、ごくシンプルだと思います。ただ、日本では空間を確保するのが色んな意味で大変ですよね。

    エンジニアの気持ちは知る由もありませんが、一般的にはユーザーにより良い音をより良い環境で聴いてもらいたい、という気持ちはあるのではないでしょうか。使う人は作った人の事を少し考えてみるのも面白いのかもしれませんね。

    環境については個別性が強いので、どこまでやれるかですね。シアターが入ると機材もケーブルも増えて大変ですしね。次の部屋がもっとスペース確保できるなら、シアターも考えなくもないですけど、今の自分がやったら構成がかなり大掛かりになりそうなので、私はシンプルに行こうと思います。

    byQ at2016-09-11 00:58

  7. こんにちはQさん。
    kaku18です。

    いやいや、それ、普通、無理な環境ですよ。
    オーディオの世界、突き詰めれば、家を建てるところに行き着くというのは、私が、オーディオを始めた20年以上前から言われていたことですが、現実問題として、なかなか・・・

    とかいいながら、意外と実践している人は多かったりしますが
    やはり、経済力云々以前に、マニアの一念、岩をも突き通すですかね(笑)

    うち?
    うちは、娘が物心つくまでは(オーディオを破壊しない年齢になるまでは)、現状維持でいこうと考えていますが(汗)

    bykaku18 at2016-09-13 16:28

  8. kaku18さん

    こんばんは。まあ、普通は日本では難しいですね。そう言いつつも、拘る人のお部屋は、広くて余裕たっぷりスケール豊かなんですよね。個人宅で40帖くらいのリスニングルームにお邪魔しましたが、あれくらい目指してみたいな、と思いつつ着地点はどの辺りかを模索中です。

    経済力も大事かもしれませんが、その気になって行動を起こさないと部屋は絶対にやって来ません。私は音響マニアであると同時に部屋マニアでもあるので、両方共絶えず探求していく所存です。

    byQ at2016-09-13 21:37

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする