Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。国内・国外のオーディオショーやショップを訪ね歩いています。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
借家(マンション) / その他 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
※引越したので現在は18帖の専用室です 部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET800(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6(WFBoard) …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

若手オーディオ勢来訪!オーディオ・グルメツアーin九州~ヴィンテージオーディオ編~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月22日

事の発端は昨年のTIAS、そして年の瀬。
私は東京都内に居ましたが、ある場所である人達に、

「九州来たらどう?歓迎するよ?」

という趣旨の話をしました。それから時は流れ、幸か不幸か真に受けた人たちが、連休を使って来訪する運びとなってしまいました。

わざわざ地方まで飛んで来てもらうので、相応のおもてなしをさせていただく必要があります。そこで、ホスト役のXさんが練りに練ったプランを準備し、言い出しっぺの私はサブホストとして同行して、水先案内人を務めるという役回りでしたので、その一部を記したいと思います。


さて、今回お越しいただいたのは以下の4人です。

Kさん(経験豊富。ミュンヘンハイエンドショウにも参加)
Dさん(自作派)
Yさん(真空管マニア)
Tさん(MAGICO使い)

平均年齢はなんと30を切りますが、皆さんかなりのマニアで濃い知識と経験をお持ちです。


まずは第一弾、Western Electricと真空管が織りなす、幽玄なヴィンテージの世界です。




このシステムは稀少なWEのSPと自作の真空管アンプを中心としており、部屋は約20帖、天井は傾斜しており壁はやや特殊な仕上げになっています。オーナー氏は大変なマニアで、SPのこだわりや真空管への造詣が深く、戦前の貴重な球やヴィンテージの部品を多数保有されて音の違いを楽しまれています。




一聴して感じたのは「JAZZが濡れている!」

音に潤いが有りとても艷やかで、JAZZを聴かない私が思わず唸ってしまう説得力がありました。そして、全体的な音のバランスが調い、音楽の出方がごく自然です。

見た目からするとでっかい音楽の形がでっかい音で出てきそうですが、そんなことは些かも感じさせず、ほどほどの音量で音の出処や形もコンパクト。しかし響きは生々しくも嫌味がなく細かい音まで余裕で再現しており、オーナー氏のバランス感覚が窺われるシステムでした。


ここで燦然と輝きだしたのが真空管マニアのYさん。1920年台の球の構造や成り立ちの話に静かながらも自信を持って応じ、貴重な真空管への深い理解と真剣な眼差しを見たオーナー氏も思わず熱が入ります。

結局、滞在の半分は彼とオーナー氏が熱く語り合っていたのではないでしょうか、あまりに噛み合う会話に、ともすれば弟子入りしてしまいかねない勢いを感じたのでした。




さて、アナログもCDも聴かせていただいたのですが、CDPはPHILIPSのLHH300です。この部屋にあって、実にナチュラルな佇まいを感じます。私も以前LHH300RとLHH1000のDACを使用していましたので、その話をして、

「もしピックアップが壊れたら?」

とお伺いしたところ、

「予備を確保してあるので問題ない」

と言う趣旨の回答でした。
さすが!と心の中で拍手を贈ったのでした。


インテリアは全体的にシックで落ち着いており、これもまたオーナー氏のセンスが光ります。夜の帳が下りた頃、電球色につつまれた部屋の中でJAZZとお酒をゆったり楽しめる、都心に有りながらも限られた人しか知ることはない、隠れ家のようなお部屋でした。




お暇した後は近くの居酒屋に場所を移して、美味しい焼鳥を堪能します。久々のお酒と先程の美音に早くも気分は上々。ディープなオーディオトークが繰り広げられ、楽しい夜は更けていくのでした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Qさん、こんばんは。

    九州での素敵な交流のご様子を、とても興味深く拝見致しました。
    その機器構成や見識からは、平均年齢が30歳未満とは信じ難いです・・・

    食べ物もお酒も美味しいので、懇親会もさぞかし盛り上がったことでしょうね〜

    byKYLYN(キリン) at2017-03-25 00:08

  2. KYLYN(キリン)さん

    こんにちは。今回はなかなか濃い面子が揃っていましたので、案内する側も楽しかったです。というか、私自身がいち参加者として最も楽しんでいたかもしれません。

    食事を含め、スケジューリングは工夫の余地がありましたので、今回の反省を次に活かしたいなと思いました。

    byQ at2017-03-25 11:19

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする