Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
借家(マンション) / その他 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
※引越したので現在は18帖の専用室です 部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET800(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6(WFBoard) …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

香港高級視聽展2018 その5 スピーカーシステム前編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月20日

スピーカーシステムは無数にあってとても書ききれないので、印象に残ったものをピックアップ。


①メイン会場

メインとなる会場の奥側の端っこから見たらこんな感じで、ベニヤ造りみたいな箱が各メーカーのブース。


ESD Acoustic

人が飲み込まれそうな大きさのド級ホーンシステム。デザインは精悍で美しい。


③MAGICO A3(カットモデル)

話題のA3の断面モデル。HK$100,000(日本円で約141万円くらい)。


FISCHER & FISCHER

ドイツのハイエンドスピーカー。遠目には分かりづらいけど、エンクロージャーはなんと石材。


⑤Wilson TuneTot

ウィルソンの小型ブックシェルフ。後ろのパワーアンプはEMM Labsで、そっちの迫力が中々。


⑥VIVID AUDIO GIYAとKAYA


現代アート的な佇まい。すぐ近くでGIYAもKAYAも慣らしてたので聴き比べも容易。パッと聴きはKAYAの方が洗練されてる印象。


⑦CHORD

システマチックなCHORDシステム。青い光と先進的かつ独創的なデザインは見るだけでも楽しめる。


SUGDENとHARBETH

以前所有していたヘッドホンアンプのメーカー。日本ではあまりメジャーではないけど、健在で何より。


ARTOS AUDIO

Consensus AudioとかLumen whiteみたいな造り。このユニットは会場内のいたるところで見かけたような。



到底紹介しきれませんが、日本では全然見かけないブランドやモデルが沢山あって、新しい発見の連続です。音については、日本より音量の余裕があって、掛ける音源も大分傾向が違うため(クラ・ジャズ少なめ)、これまた新鮮な目線で臨むことが出来ました。

実際何百という機材を聴きましたが、ことスピーカーについては聴いてるうちに大雑把な傾向を掴むことが出来ます。前も書いた通り、あれこれゴチャゴチャ考えるよりパッと感じたほうが早いです。目で見るより頭で考えるより、耳で聴いて心に尋ねたら答えは一瞬ではありませんか?

ということで、次回は後編、心に残ったスピーカーシステムについて書いてみたいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Qさん

    担々麺の記事と共に、楽しく拝見させてもらってますよ〜
    今後の記事で日本ではお目に掛かれないDeviとgauを密かに僅かに期待しつつ… 笑

    yasu126

    byyasu126 at2018-08-21 01:23

  2. yasu126さん

    いやー実はこれでもまだ半分くらいなんですねー、ほんと頭がパンクするくらい色々ありました。先に言ってしまうとG社の出番はありませんで、⑨のARTOS AUDIOが近いと思いますが、中央付近の仕切りがないスペースで鳴らされてあまり良く分かりませんでした。

    D社はちゃんと出番がありますので個別にまとめます。しばし続きをお待ち下さい。

    byQ at2018-08-22 22:26

  3. Qさん こんばんは

    ARTOS AUDIOは、ユニットの色が違うくらいでGauによく似てますね〜 同じドイツですし
    タルガさんも、「yasuくんのためにQさんが気ぃ使って載せてくれたんじゃないの?」と申しておりました 苦笑
    またDeviの記事も楽しみにしてますね

    yasu126

    byyasu126 at2018-08-22 23:28

  4. こんにちは、Qさん。

    うーん、相変わらず、オーディオの評論家レベルの記事、有り難うございます。
    香港のオーディオショーにまで遠征されるとは、仕事ついでかどうかは分かりませんが、どちらにせよ本当に頭が下がる思いです。

    と、それはさておき、804D3を導入して、オーディオスパイラルから脱却(解脱?)した状態のままの私としても、MagicoのA3は、気になるところではあります(聴かない方が身のためなんでしょうけどね(笑))

    とはいえ、他のオーディオ機器と同様、100万円以上のスピーカーに関しては、どのスピーカーも、ほぼ、行き着くところまで、行き着いているような気もしなくはないです。

    車と同じで、これから先は基本性能以外のプラスαで勝負する時代になったのかもしれませんね。

    bykaku18 at2018-08-24 18:34

  5. yasu126さん

    いやー否定はしません笑 あのユニットを使っているメーカーは思い返しても結構多くて、写真の都合上載せきれませんでした。


    kaku18さん

    今回は仕事や旅行のついでとかではなくて、純粋にオーディオが目的です。そのために行くのはよほどの酔狂ですが、逆にそこが業者や記者、評論家との違いでもあると思ったりしました。

    金や商売が目的じゃないんです、ある人の言葉を借りるなら、「真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!」という感じですかね。


    A3は一度しか聴いてませんが、いいSPかと思います。最近福岡のショップで聴いた人によると、概ね好意的なコメントだったので、試聴の価値はあると思います。B&Wとは大分鳴り方が違うので、聴いてどうなるか?はその人のご判断次第、と申し上げておきましょう笑

    byQ at2018-08-26 09:38

  6. 追記

    純粋にオーディオ目的って(汗)
    今の私にそこまでの情熱はないですね~
    というか、妻に絞め殺されます(笑)

    あと、自分で言うのもなんですが、804D3は、3LDKの共用スペースであるリビングのTVの横に置いてAV目的で使う分には、本当に素晴らしいスピーカーです。
    これ以上のスピーカーは、自分には必要ないと素直に感じることが出来た初めてのスピーカーだったりします。

    とはいえ、A3は、聴かない方が良さそうですね。
    君子?、危うきに近寄らずということで(笑)

    bykaku18 at2018-08-28 21:11

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする