Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
借家(マンション) / その他 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
DEVIALETを導入。 PC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET250(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6(WFBoard) ■室内配置 縦配置 …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

香港高級視聽展2018 その8 アクセサリー編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月02日

オーディオシステムにおいて最も高価なものは、実のところケーブルではないでしょうか?


MITのACC268
価格は$80000前後。



STEALTHのDreamシリーズ。
価格は$3000~$6000前後。



TransparentのReference~Magnum Opus。(SP横の亀みたいなの)
価格は200万~800万位。



同じくTransparentのPowerIsolator。
価格は100万円前後。



機材間のケーブルはセパレート化するほど増殖して、最終的には機材を超える金額になっている気がします(気のせい?


ケーブル類はそれほど高価じゃないモデルも沢山あって、複数のブースで普通に販売されていました。試してみたくなるのが色々あってついつい買ってしまいそうになりましたが、そんなに持って帰れないので止めておきました。


木の薫りが漂うアクセ屋さん

ここは木材を使ったインシュやラックなどを販売。子供が元気に商品を売ってたのが面白い。


Mythology Audio rack

このラックは振動を伝えない機構を持つらしく、わざとラックを振動させて、支柱に触ると携帯のバイブみたいに震えているけど、中央のガラスは全く震えてないというデモ。いくらかは見てなかったけど結構なお値段がするような雰囲気。


イベントの配布物

入場者に配布されるCDと入場パスとカタログとトートバッグ。配布CDはCDとSACDハイブリッドの2種類があってどちらかをもらえる。当然非売品につき日本には殆ど入ってない模様。入場料HK$80の見返りとしてはなかなか立派。


Vibb Eaters

Entreq取扱のネズミを模した振動吸収アクセサリー?実際に持ってみた所、結構な重さがあって、中には金属粉か砂粒と思しきものが詰まってる。


使用例1


使用例2

ついつい置きたくなってしまうようなユニークなデザイン。これも持って帰りたくなったけど我慢の子。ちなみにお値段は大きさによって異なり、HK$1100~5500前後(約16000円~78000円)。


意外にアクセサリーを見て回るのも面白く、日本では買えないものが沢山売ってるので、余裕がある人はショッピングを楽しむのもアリかも?会場の熱気もあり、ソフトもハードもバンバン売れていました。


さて、イベントのレポートとしては一旦ここで区切りを付け、以降は番外編へ。最近話題のあのメーカーが遂に姿を現す・・・。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Qさん

    哲学的でもあり、色々考えさせられながら読ませてもらってますよ

    話題のあのメーカー…
    楽しみです

    yasu126

    byyasu126 at2018-09-03 14:52

  2. yasu126さん

    あんまりこういう切り口は見かけないので、自由気ままに書いてます。考えれば考えるほど、いろんな発想が沸いてきて面白いですねー。

    次回はまだ全然進んでないので、しばしお待ち下さい。

    byQ at2018-09-05 21:50

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする