Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
借家(マンション) / その他 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET250(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6(WFBoard) ■室内配置 縦配置 …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

香港高級視聽展2018 その9(番外編) DEVIALETのPHANTOMに見るスピーカーの在り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月08日



良いスピーカーシステムとはどのようなものでしょうか?
Hi-Fiオーディオという枠組みを外して、
普通の人が良いと思えるようなものを考えると、、、


①音が良い
②デザインが良い
③コンパクトサイズ
④設置接続が簡易
⑤高価ではない


こんな要素が思い浮かびます。
さて、まずはこちらの動画をご覧いただきたい(ナレーター風に

これはDEVIALET社のPHANTOMのプロモーションビデオ。
「何が始まるんです?」この動画から伝わってくるのは、
何だかよくわからないけどすごい技術で作られた何か。
でも何なのかはよくわからない。


そもそもPHANTOMとはなんだろうか?
DEVIALET社はなにを目指しているのだろうか?

その謎を解き明かすべく、我々は香港へ飛んだ。
特派員が現地で目にした、スピーカーシステムの未来とは・・・!?


(香港のNathan Road)


そんな前振りをかまして始まる香港番外編、今回はDEVIALETショップの訪問です。香港へ飛ぶに際して、現地にある同社のStoreを訪ねてみたいと考えていましたが、日本を発って香港に着くまで、ずっと考えていたことがありました。


『なんでPHANTOMもEXPERTも日本に入ってこないのかなあ?』


以前の記事でも書いた通り、DEVIALETはステラが取扱いを終了してからしばらくの期間が経ち、今年になってようやく公式にサポートが引き継がれることになったとアナウンスされています。

初期のD-Premiereはそれなりに売れていると思いますが、その後のEXPERTは見かけることも少なく、PHANTOMに至っては正式に日本に入ってすらいません。


公式ページを見れば分かる通り、同社の販売網は今や世界中に広がっており、欧州からアジア、オセアニア、北米、アフリカにまで及びます。そのような中、日本はStoreの記載もありません。これが一体何を意味しているのか、揺れる機内でずっと考えていました。

その答えは香港に着くまでに大体想像がついてしまいましたが、ここでは触れません。知りたい方は香港に関するこれまでの記事を総合してみてください。



さて、香港にはいくつかのStore(直営店?)とDealer(販売店)がありますが、今回は滞在中の拠点から一番近かったHarbour City内にある直営店に行ってみました。

(商業施設の通り)

(ビル内の表札)

(Storeの外観)

ガラス張りのショールームに白い球体がちょこちょこ並ぶ雰囲気はなんというべきか、アップルストアみたいな感じかな?


PHANTOMは3種類あって、高い順に
・GOLD PHANTOM
・SILVER PHANTOM
・THE NEW PHANTOM
とのこと。

動作のデモもあって、モデルがウネウネ動くさまが通行人の目を惹きつけ、物好きが店内に吸い込まれていきます。

(ぬるぬる動くよ)

徐に試聴室内に入って、GOLD PHANTOMを聴かせてもらいました。選曲はTablet経由、ボリューム調整はEXPERTのものを簡略化したようなリモコンが用意されていました。


「(ボリュームを)回してみて下さい、いい音でしょう?余裕の音だ、馬力が違いますよ」

そんなことを店員氏が言っていたかどうかは知りませんが、正直、これまで書いてきたようなハイエンドスピーカーと比較するのは難しいですね。厳しく言うまでもなく、バランスは低音が強めで、全体的な品位もかなり劣ります。そもそも環境が音響を考慮しておらず、周囲も煩くて細部が分かりません。

では、本機を聴いて残念な結果に終わったかと言うと、そうではありません。個人的には新しい可能性を垣間見た印象がありました。



ここで冒頭に振り返りますが、良いスピーカーシステムとはどのようなものでしょうか?


①音が良い
②デザインが良い
③コンパクトサイズ
④接続が簡易
⑤高価ではない


はい、PHANTOMはどうでしょう?


①ハイエンドスピーカーと比べると劣るけど、
小型のサイズからはありえない低音と音量が出せる。


②白い球面形でリビングにもデスクトップにもお洒落に溶け込める。
(日本に合うとは言ってない


③充分なコンパクトサイズ。
イメージとしては炊飯器みたいな感じ。

GOLD PHANTOM 幅253 mm x高さ255 mm x奥行き343 mm 質量11.4㎏
NP-VN10 幅255 mm x高さ205 mm x奥行き375 mm 質量4㎏

EXPERT譲りの技術を用いたDACプリメイン内蔵スピーカーだから、
DAC、プリ、パワー、スピーカーと筐体を分ける必要がない。
最小構成1台のみで完結させている恐ろしいまでの割り切り。


④ほぼワイヤレスの極めて簡易な接続が実現できる。
Wi-Fi、Bluetooth、AirPlay、光デジタル入力可。
Spotify、Apple Music、TIDAL、DEEZERなど
流行りのストリーミングサービスにも対応。

EXPERT譲りの技術を用いたDACプリメイン内蔵スピーカーだから(2度目
デジタルケーブル、アナログケーブル、スピーカーケーブルなど
殆どのケーブルが不要。最小構成なら電源ケーブルだけでよい。


⑤1台あたり20万円~40万円程度とそれほど高価ではない。
上に書いた通り、ケーブルコスト・スペースコストが
殆ど掛からない分も考慮すると尚更のこと。

EXPERT譲りの技術を用いたDACプリメイン内蔵スピーカーだから(3度目
小さな筐体に凝縮されたテクノロジーからすると、
安いとは言えないかもしれないが高いとも言えない。



いやー、「音」じゃなくて「オーディオ」でもなくて「音楽」に触れることを重視する、ちょっとこだわりの音楽好きには『PHANTOM』お勧めじゃないですかねえ?



この辺でPHANTOMとはなにかと言うと、

『普通の人がスピーカーシステムに求める要素をギュッと1筐体に詰め込んだもの』

また、DEVIALET社はなにを目指しているのかと言うと、

『従来とは違った形でスピーカーシステムを楽しめる機会を幅広く提供すること』

かな。


その目論見が上手く行っているかは、グローバルな販売網と集積されたテクノロジーを見る限り、少なからず成功していると言えるんじゃないだろうか。少なくとも、ローカルなガレージメーカーよりはずっと、旧来のオーディオ専業メーカーとはまた違った形で。




普通の人がこのスピーカーシステムをどれだけ支持しているのか、
普通の人がスピーカーシステムに求めているものはなにか、
今後のスピーカーシステムの在り方はどうなるのか、

復路の機内で揺られながら、そんなことが頭の中を駆け巡るのでした。




おっと、普通じゃない人が求める最高のスピーカーシステムは、、、?
それはまた次回、真に驚くべきシステムの話が残っていました。
次回、最終話『スーパーハイエンドはどこにある?』



※つい最近発表されましたが、 DEVIALET社は正式に日本でもPHANTOMの販売を開始し、追ってEXPERTも入ってくるとのアナウンスが有りました。既に日本でも聴けるようになっているので、興味がある人は見て、触れて、聴いてみるのがいいでしょう。

日本に馴染むかは・・・これがわからない。世界に先駆けて、ではなく、かなり遅れて入ってきているので、その意味を少し考えると面白い、というか面白くないかもしれません。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Qさん PHANTOMはデザインからして西洋の物ですね。
    欧州などの古い物と新しい物が同居している文化にはよく合うと思いますし、中国も陸継きなんですよね。その辺りにも差を感じます。
    それと今の日本にはこれを買う心の余裕は無いように思います。
    ディナウディオのシオを使っているのですが、これに代わるものとして興味はありますね。TV、ゲーム、PC、アップルTVとか繋いで全てを賄うのに最適です。

    byタルガ at2018-09-08 18:18

  2. デビアレは海外ではアンプよりスピーカーの方が評価されているような声をどこかで聞いたような気がします。
    そういえばディナウディオも、インスタなどで検索すると海外ではカーステユーザーばかりです(^_^.)
    JBLもそうですが、音響機器といえど様々なお国事情がありそうですね。

    byにら at2018-09-08 19:28

  3. Qさん
    「とんでもねえ、(来日を)待ってたんだ」
    デビアレ待望の再来日ですね。デビアレのデザイン、サイズ感、技術には惹かれるものがあります。
    EXPERTも早く発表して欲しいですね。

    bytoWano at2018-09-08 23:52

  4. タルガさん

    PHANTOMは使う人の工夫によって色々できそうな製品ですが、日本での展開はなかなか難しそうかなあという気もします。ピュア派からすると1本での使用自体が駄目でしょうねえ。値段が1本分なので、ステレオ使用だと高いとか思われたりして。でも実際どうかは分かりませんので、今後の動きを見るしかないですね。

    byQ at2018-09-10 00:22

  5. にらさん

    スピーカーの評価というのはあまり聴いたことはありませんが、絶対数としてはPHANTOMのほうがかなり出回っているでしょうから、そういう声が多いかもしれません。日本だけではどうしても情報なり流通が限られてしまうので、海外に行くなり海外のサイトを眺めるなりすると、また違った視点が得られます。そういう意味でも、行ってよかったなと思います。

    byQ at2018-09-10 00:25

  6. toWanoさん

    (来いよベネット、セパレートなんか捨ててかかってこい!)
    なんやかんやの再上陸ですが、今後の展開に期待しています。EXPERTいいですよ。簡単に一定レベルの音が出るので重宝します。もう何台か欲しいですが、いつになることやら。

    byQ at2018-09-10 00:38

  7. Qさん

    Devialetの記事、興味深く読ませてもらいましたよ

    かなり前の話ですが、ある情報筋からこんな話を聞きました

    当時、日本の輸入代理店を失ったDevialet が、ある超有名高級ファッションブランドの傘下に入り、そのブティックでインテリアも兼ねるようなオシャレなものとして販売していきたい

    というものでした
    その話と前後してPHANTOMも発売されたと記憶しています
    当時、既にEXPERTを所有していた私は、そっちの方に進んでいくのかと思い、とても落胆したのを覚えています

    しかし、その心配をよそに、Devialetはちゃんと音への進化も忘れていませんでした

    一般的なオーディオを趣味にされている方々には中々認知されることは難しいと思いますが、海外ではかなり認められているメーカーだと思うので、EXPERT、FHANTOM共に、日本でも普及していくことを願っています

    Qさん宅のアップグレードやマルチ化、実現すると良いですね!

    yasu126

    byyasu126 at2018-09-10 23:04

  8. Qさん
    「パワーなんて必要ねぇ!イッヒッヒッヒ。プリにはもう用はねぇ!アハハハハ・・・DACも必要ねぇやぁハハハ・・・誰がセパレートなんか!セパなんかこわかネェェェ!……野郎、ぶっ○してやぁぁる!!!」

    実はデビアレの音はまだ聴いたことがなく、デザインに一目ぼれしている状態です。あの薄い狂態に技術がたくさん詰め込まれていて、そういった面からも非常に気になる存在です。
    あとはやっぱり価格が気になりますね。PHANTOMもドルと円で価格差があるので、さらに高価なEXPERTになったら完全に手が出なくなってしまうかもしれません。最近モノパワーの素晴らしさに目覚めたので、なんとしても2台運用してみたいと思うところです。

    bytoWano at2018-09-12 00:08

  9. yasu126さん

    せっかくなので、独自の視点からガッツリと書かせてもらいました。PHANTOMの特徴である「オールインワン」「無線化」がどこまで浸透していくか不明ですが、従来のピュア路線からはまた違った進化ではないかと考えています。

    香港にはなかったのですが、ORIGINAL NAUTILUSをEXPERTのマルチで鳴らしてる動画があって、個人的にはあれが理想ですね。でも、他にも沢山いいものがあることを知りましたので、まだまだ旅は始まったばかりです。

    byQ at2018-09-12 22:31

  10. toWanoさん

    実際EXPERTを使ってみると、そう思ってしまいかねません。これ以上に良いものも沢山知ってるんですけど、Integratedで完結できるならそれはそれで幸せなことだと思うのです。

    D-Premierでしたら中古ショップでたまに見かけるので、機会があれば触れてみてください。価格は流通するうちにやがて手頃になっていくかと思います。デザインは確かにいいんですけど、日本では持て余し気味なのでオーナーのセンスが問われます。そこがまた面白いですけどね。

    byQ at2018-09-12 22:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする