Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
借家(マンション) / その他 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET800(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6(WFBoard) ■室内配置 縦配置 …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

旅の記録と雑記

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月17日

ようやく身の回りが落ち着いたので、最近の振り返りを書いてみます。


今夏、8月の香港ショーを皮切りに、


10月のマラソン試聴会(と真空管フェア)


11月のTIAS


12月の小倉のイベント

まで、ガッツリ聴いて回りました。書いていませんが、各所のお店訪問やお宅訪問も色々ありました。お世話になった人も楽しい時間を過ごした人も沢山ありすぎて、思ったことも感じたことも無数にありますが、それらを書き記すにこのページは狭すぎる、、、

と終わるのもつまらないので簡単に。



SONYのポータブル機DMP-Z1はどうなりましたかね?当時は随分な言われようだったと思いますが先日国内でも販売開始され、SNSを見て回るとそれなりに話題になっているようです。



もう書き尽くしましたが、香港は非常にドラスティックな体験でした。何しろ、

・知らない場所
・知らない音源
・知らない機器

を解説なんてないまま聴いて回るのは日本ではありえません。いや、解説あるけど日本語じゃないため理解できないので同じこと、頼れるのは自分の耳と感性だけです。


これすごく思いましたが『最近のオーディオの音を自分の耳で聴いて、ちゃんと良し悪しを判断できるかなあ?』って。

・雑誌に書いてあったこと、
・カタログに書いてあったこと、
・評論家が言ったこと、
・ネットの有名人が言ったこと、
・過去の経験、

そういう影響を受けず、純粋に自分の耳で判断できてるのかなあ?ってほんとよく思います。国内にいる限りはどうしてもチャンネルが限られるので知らず知らず日本の常識が当たり前ですが、一度でも海外のオーディオショーに行って、最新の機器や流れている音楽を肌で感じると見る目が随分変わります。

もう少し言ってしまうと、雑誌も、カタログも、評論家も、ネットの有名人も、そんなに気にして右往左往する必要がなくなります。なにしろ自分の目と耳、心と体に刻み込んだものはその全てに勝りますからね、それに気付いたのが今年一番の収穫だったと思ったのでした。



来年もまた未知の音を探す旅は続きそうです。最近のオーディオ、一括りにして語れるほど単純なものでもありません。色々あって面白いものですが・・・

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする