Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。国内・国外のオーディオショーやショップを訪ね歩いています。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
借家(マンション) / その他 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
※引越したので現在は18帖の専用室です 部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET800(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6(WFBoard) …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

香港高級視聽展2019 その3 ハイエンドシステム2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月15日

前回の続き。


⑥スイスのStenheimのSPとdarTZeelのアンプ


去年に引き続き高い透明感と十分なダイナミクス・レンジを兼ね備え、総合的にレベルが高い音。


後ろにおいてあるのはAcoustic Signatureのプレーヤー『Invictus』。Air Force ZEROほどではないにしても巨大な筐体。


⑦ドイツ?のCESSARO HORN ACOUSTICSの『FIRE BIRD』




仕様はこちらの通り。


低音用は10インチユニットが片側3発1台計6発ありそれぞれが500Wのアクティブ駆動。実に余裕たっぷり、太鼓とかベースが入った音源を自信満々に鳴らす一方、意外とキレイな音もイケる感じ。少し調べるとツイーターはTAD製とのこと。


⑧Sigma Acousticsの『MAAT VECTOR XAC』


340kgのバカでかいコンストラクションからはちょっと想像できない普通の音。これと言って良くも悪くもないという感じで、上流はMSBのかなりいいのが入ってるけどイマイチ印象に残らないままでした。


⑨YG Acoustics


安定のYGはCarmel、Hailey、Sonjaの展示。去年はSonjaの3段、一昨年はXVが来ていたそうだけど今年はSonja2段まで。音はいつものYGなので省略。


⑩Avalon


安定のAvalonはPMシリーズを中心に展示。去年はSaga、一昨年はTesseractが来ていたそうだけど今年はPMシリーズまで。音はいつものAVALONなので省略。


⑪Esoteric


ゴールド仕様のGrandioso K1X。会場では展示のみ。デモはTannoyとP1X/D1Xを中心としたシステムで音はコメントなし。


⑫Magico


Magicoの新型ブックシェルフA1。プライスタグには72,500HKDとありました。(約98万円)

会場では展示のみでしたが、とあるところで試聴できたので詳細は後述します。デモはM2とConstellationの組み合わせでいつものMagicoなので省略。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする