Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。国内・国外のオーディオショーやショップを訪ね歩いています。

マイルーム

A&Vのお部屋
A&Vのお部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / ~2ch
※引越したので現在は18帖の専用室です 部屋は24帖+α 構成はPC(LYNX AES16e)⇒DEVIALET800(AES/EBU入力)⇒THIEL CS6 ■室内配置 …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

2019年 印象的な3つのスピーカーシステム

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月30日

さて、これだけ回って何千もの写真と幾千ものシステムから独断と偏見と主観で選りすぐった私好みのシステムを3つ紹介します。


第3位

GOLDMUND SAMADHI



高雄と台北で聴きました。所感は以前詳しく書いてますのでそちらを見ていただければと思います。非常に高価ですが検討できる人には確たる訴求力があり、(予算の制限がなければ)是非欲しいと思えるシステムです。


第2位

DUNTECH C5800 PRINCESS



香港で聴きました。オーストラリアのメーカーですがMelbourneには来ていませんでした。おそらくオーストラリアと中華圏の一部でしか聴くことができません。自室のTHIELと同じ方向性でほぼ全ての要素が自分が求めるレベルを超えており非常にバランスが良いと感じました。これも(予算の制限がなければ)欲しいと思えるシステムです。


第1位

KiiAudio Kii THREE+BXT



高雄、台北、Melbourne等で聴きました。このシステムは基本的に何処で聴いても同じ方向性で一定以上のパフォーマンスを発揮して殆どブレません。音は極めて現実的で強力で、強い音をそのまま強く出してきます。音量上げたときの筐体や駆動側の安定感も良好で、大口径ユニットの様な太さや最低域は出ませんが、広すぎる環境でなければ非常に強力なパフォーマンスを発揮するはずです。ただ、構成上遊びの余地がほぼないのでそこが合わない人には致命的に合わないでしょう。

価格は日本円で500万円程度で他のシステムと比べるとまだなんとか現実的です。デザインはともかくサイズ感は日本の環境にもピッタリで、これは結構本気で欲しいと思えました。


番外

TAD TAD-R1TX

番外と呼ぶのはどうかという気がしますが、日本で聴いた中で最も良好なパフォーマンスを発揮していたのはTADだと思います。R1TXは高性能と表現力を両立しており、どんな音源を持ってきても対応できる懐の深い音だと思いました。


ヘッドホンシステムへ続く。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする