makotya
makotya
オーディオはコーラル、ニート音響時代から。ラグビー、 バイク大好き、時にはセーカーも振ります。 13年間JAZZサ=クルの代表も勤めています。

マイルーム

男の隠れ家
男の隠れ家
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
40年程前、アルテックA7を購入、その後612A(銀箱)ユッツトは604-8Hに変更を 使用、現在の愛機はJBLになっています。音楽空間はリビングの7畳ほどを使用、好きなコレ クションがてんこ盛り…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

秋の夜長をムードジャズで

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年11月22日

私は、夜音楽を楽しむ事は殆ど無い(酔っ払って早く寝る)ただ、晩秋の紅葉の季節はチヨュト音楽を聴くことがある。決まってW/モンゴメリーやG/ベンソンなどストリングス入りなどが多く、ボーカルものも掛ける。装置はプリメインアンプ
にJBL2115(LE8Tのプロ用)ボーカル物には定評ある名機だ。
ここに数枚ムードジャズを紹介してみよう。


ジャッキー・グリンソン(編曲、指揮、TVショー司会、映画(ハスラーでポール・ニューマンと共演)楽団フイチャー(tp)はボビー・ハケット、デキシーランドではJ・Tガーデンと「コースト・コンサート」名盤、またボーカルの名花りー・ワイリとは「マンハッタン」で共演、彼女に寄り添うようなオブリガートで見事な名演が有る。ここではゴージャスなストリングスをバックに古風なコルネットでスタンダード曲を50曲(アルバムは4~5枚ほどある)ほど吹いている。
キャピトルのレコードジャケは、どれも素晴らしいものばかりだ。


終戦後、進駐軍放送ではスイングジャズの全盛で、ダンスを伴ったジャズが流れていた。アーテー・ショー、ガイ・ロンバート、トミー・ドーシー等、何故かべーシー、エリントンの黒人バンドは聴いた記憶が無い(黒人差別か)?その後短い数年間クールジャズ時代があった。クールジャズと云えばジョージ・シアリングでしょう(この時代マイルスの「クールの誕生」などあった)ピアノ、ギター、バイブ、
のユニゾン奏法は彼らの売りでした。キャピトル時代はストリングス、ダテン打楽器を使用したムードジャズが沢山あります。ジャケットも仄かなお色気が漂うもので、どぎついヴィーナス盤とは比べ物になりません。

キャピトルレコードのジャケ


コテコテのジャズフアンは、ストリングス入りとなると渋い顔をし、気の抜けたB
JMと貶してしてしまう。一方ハードバッパーのミユージシャンは一度はストリングスとの共演をねがう。B・ウエブスター、S・ステット、J・ホッジス、S・ゲッツ等沢山ある。このアルバムではミルト・ジャクソンがハードなマット捌きから
一転バラード芸術を披露する。バックがクイシー・ジョーンズ・オーケストラときては悪かろうはずが無い。「アロ~ン・トゥギャーザー」「テンダリー」など、うっとリする演奏だ。


秋の夜はやっぱり淑女のボーカルも聴きたい。近年はアメリカの歌手が元気がなく
EU,カナダ産を聴くことが多い。往年のエラ、クリス、サラなどパンチのきいた
歌が聴かれないのが淋しい。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする