ミヤモ
ミヤモ
こんにちは。 小さな娘と妻と格闘?しながら、細々とマンションでオーディオをやっています。いつの日かは専用ルームで大型システムをと夢みているのですが、いつ叶うのでしょうか?

マイルーム

JBLと真空管とジェフ
JBLと真空管とジェフ
借家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
こんにちは。東京都品川区の在住。妻と娘の3人暮らし。それほど大きくないマンションの個室ですが、やや大きめのJBLが鎮座しています。憧れのMC275でドライブ。伸びやかで艶のある音が響き渡ります。最近は…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

お気に入り製品

日記

じょんびさんお宅訪問

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月21日

一か月以上前のレポですが、じょんびさんお宅を訪問させて頂きました。(遅めのレポですが、お許しください).

もともと私がLINNのDSに感心があり、じょんびさんの計らいで、ご自宅試聴の機会を頂戴しました。

感謝!!

ここ最近、CDプレーヤーのことで悩んでいた中で、PCオーディオやDSのような形式や、回転系のデジタルを捨てたLINNには少なからず疑念を持っていました。オーディオショーでは何度も聴く機会があったのですが、いまいちぱっとしたことがありません。印象としては躍動感の無い死んでいる音に聞こえることが多かったです。申し訳ありません。そうしたイメージで訪問させて頂いた じょんびさんのシステムですが、どこから書けば良いか迷う程、色々と示唆があり軽いカルチャーショックのような気分で、少しここでの報告が遅れてしまったこともあります。





まずLINNのアキュレートのプリ&DS、ATCのパワーアンプ、同じくATCのブックシェルフスピーカーで再生される音の迫力と低域が予想外に凄く、床への振動が足の裏まで伝わってきます。また小さなブックシェルフですから6畳の部屋でも、のびのびと気持ちよく歌って音が無駄に飽和しません。またATCらしく豊かなミッドレンジを中心に過不足なく音が空中に飛び出してきて、奥行感もよく出ており、また密閉式らしく音の滲みが全くなく強靭かつ明晰で音が手に取るように分かる、遊びの無い正にモニタースピーカーの真骨頂といった感じです。


さて、肝心のDSの音です。ここから先はやや私見が結構入っていますが。やはりプリからDSが同じLINNですからシステム全体はLINNが支配しています。やや陽性な雰囲気の中に、淀みの一切無いくっきりとした音が自然かつフラットバランスで安定的に送り出されています。この安定した感じは最高クラスのLP12の再生と似ているメージです。しかし、あっちは300万近いですが、こちらはその3分の1以下ですし、メンテナンスや扱い易さを考慮すれば、この再生音は相当なレベルに到達していると感じます。


私が最も良いと思ったのはこの豊かな中域とその説得力です。これはスピーカーやパワーアンプの特徴もあると思うのですが、以前、ヒノオーディオで聴いたJBLのパラゴンの音を少しだけ思いだしました。オーディオの目指す世界としてのゴールは色々とあると思いますが、私がかつて聴いた中での感動体験はアーティストの魂が見える。心のひだが感じ取れるような再生ですが、じょんびさんさんのシステムからは、そのようなアーティストの語りが見える思いでした。


結論ですが、回転系のCPプレーヤーより遥かにDSによるデータ再生の方が論理的にも音質的にも良いと言えると思います。それが基本的には証明されたという感想です。CDという考え方が既に規格の限界の中にあり、本来、静的なデジタルとモーターの振動とを同じ箱の中に同居させることには矛盾があるのです。しかし、私はCDプレーヤーとDSは全く別のものという認識も同時にしました。CDにはCDというメディアのスタイルがあり、そのスタイルは慣れ親しんだ私たちにとって、決して悪いものではありません。理想を言うなればCDプレーヤーとは分けて、ネットワークオーディオを同居させて行くのも一つの道かもしれませんね。


最後に、奥様を交えて色々とお話をさせて頂きましたが、結論としてがレコード演奏家で有名な菅野さんの各言「音は人なり」に、じょんびさんとも同感であり、お互いに共通の見解でした。じょんびさんさんのシステムは適切な“引き算”があります。それは今までより小さなスピーカーに入れ替えたり、敢えてチープなケーブルを使ったりというバランスを取る適切な考え方です。しかし、オーディオに対する粘り強い愛情と絶え間ない挑戦と意志を持ってこれまでつき進んできた信念のようなものが、システムの構成やこれまでのお話を通して強く感じられました。反面、私のシステムはまだ楽観的でカジュアルで、ちょっと恥ずかしい気持ちにもなった次第です(汗)。

じょんびさん、色々と御親切ありがとうございました。

 完

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ミヤモさん、こんばんは。

    先日はありがとうございました。また、拙宅の稚拙な音に過分なご評価を頂き、恐縮しています。

    ミヤモさんの仰る通り、CDにはCDの、DSにはDSの、更にはアナログにはアナログの良さがあると思いますので、それぞれの良さを尊重して楽しんでいけば良いと思います。ミヤモさんはバランス良くそれぞれを楽しむことができる方だと思います。ついついどれが一番偉いとか順位を決めてしまいがちですが、あまり意味は無いと私は思っています。

    今度はミヤモさんのサウンドを聞かせてください。

    今後ともよろしくお願いします。

    ps) 我が地元の有名人(?)ふなっしーのグッズ、お嬢さんに気に入って頂けたようで良かったです(^_^

    byじょんび at2014-02-21 21:57

  2. じょんびさん、レスありがとうございます。その節は誠にありがとうございました。勝ってにいろいろと書かせて頂きすいません^^;

    あの後、厚木さんを訪ねてダイナにも行きました。クライマックスしか置いておらずJBLとの組み合わせでじっくり聴かせてもらいましたが、また違ったイメージもそこで抱きました。

    現在、プレーヤーが入院中ですが、おそらく私は先にDACを買うと思います。いづれDSも欲しいのが正直なところですが。またうちにも遊びに来てください(^^)

    byミヤモ at2014-02-22 09:30

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする