CDバカ
CDバカ
最初にオーディオに目覚めたのは80年代前半。 598スピーカーと798アンプが市場を席捲、物量投入&重量競争の最盛期でした。 社会人になっての寮生活とその後のワンルームマンション生活の10数年は完…

マイルーム

オーディオ三昧
オーディオ三昧
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
一人暮らしの気ままさゆえ、寝室を除く3部屋にオーディオ機器(新旧とりまぜ)を設置して、 各部屋で音楽を聴きながら好きなことをしています。(引きこもってはいません) メインシステムは2階のLDKに設…
所有製品
  • フォノイコライザー
    ACCUPHASE C-27
  • ADプレーヤー
    YAMAHA GT-2000
  • プリメインアンプ
    DENON PMA-S10II
  • ADプレーヤー
    YAMAHA GT-2000X
  • スピーカーシステム
    DIATONE DS-1000ZX

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

日記

SHM-CD試聴会に参加しての感想(負け惜しみ編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年06月29日

今日はSHM-CDの試聴会に参加しました。
以前、パイオニアのTAD-R1の試聴会で、藤岡誠さんがガラスCDを通常盤と
聴き比べをさせてくれましたが、そのときには音が出た瞬間に、ガラスCDの音像
の明瞭度と、楽器の響きの余韻に大きな違いをはっきりと認識できました。
今回の素材の違いは果たしてどのレベルの違いを見せつけてくれるのかと楽しみに
参加させて頂きました。
使用機材は、プレーヤー、アンプ、スピーカーの総額で1600万円という超ハイ
エンド。
先ず、ユニバーサル社の社員(多分技術者)の方がSHMーCDとはどういうもの
かということを説明され、実際に素材の違いで光の透過度がこれだけ違うというこ
とを、従来素材と新素材を何枚も重ねた物を見せてくれて実感させてくれました。
又、自社評価グラフのようなものを示して、従来素材との比較による物理特性等の
優位性も説明され、いよいよ比較試聴となりました。
結論。私は完全に自信喪失です。これまで、それなりにオーディオの経験を積んで
きたと思ってましたし、冒頭で書いたようなガラスCDの優位性も認識出来ました。
しかし、今回のSHM-CDに関してはギブアップです。
ポップス、ロック、ジャズとクラシック以外のジャンルの試聴を行いましたが、違い
が分からないということは自信満々で言えます。
しかしここで思いました。
「話の筋からすると、SHM-CDは音楽信号自体は従来CDと全く同じ製造過程な
ので完全に一緒。違うのは表面素材の透過度や物理特性だけだとすれば、それは信号
読取の精度向上による音質アップのはず。
であるなら、今回のような超ハイエンド機材では、もともと信号ピックアップの精度
も高いので、CD素材の違いに左右される度合いは低いはずだ。読取精度がある程度
の代物でこそ違いが出るのではないか」と。
我ながら何て素晴らしい負け惜しみだと、思わず自画自賛です。
又、
「今回の試聴では通常盤は30秒位で終わらせ、SHM盤を数分演奏するというやり
方で、通常盤の印象を記憶に留める時間が足りないのだ」とも思いました。
これ又素晴らしい負け惜しみです。
そこで、通常盤とSHM盤がセットになったサンプラーを一応購入してきましたので、
自宅でじっくり聴き比べをしてみようと思っています。
結果は又改めて。

今回の試聴会では別のことに気付きました。
ポップス、ロック物の音像、音場の捉え方です。
音像なんか滅茶苦茶です。
ボーカルなんか、本物のウルトラマンサイズ(見た事ないですけど)の口の大きさです。
ドラムなんか手が届かないだろう位の巨大さです。
なるほど、オーディオ好きの方がクラシックやジャズに走るのもごもっとも、と納得し
てしまいました。
私が普段家で聴いているジャンルは、ロックでもマイナーな小規模バンド物であること
と、自主制作に近いお金をかけない録音が多いせいか、まともな音像を普通に聴けてい
ました。
今回メジャー物のマルチモノの録音の恐ろしさを改めて知りました。
勿論、色々なパターンはあるでしょうけど。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんは

    私は、耳がヘタレなので、いま一歩わかりませんが(環境も悪い)
    今度、CDプレイヤーを変えて聞いてみます。
    マランツから、TEACへ

    さて、9月に、SHM-CDのサンプラー第2弾が出るそうです。
    (今回も1000円?)

    byレーザー at2008-06-29 21:57

  2. レーザーさん、こんにちは。
    「マランツからティアックへ」というのは、それなりのプレーヤーにグレードを下げる試みと解釈して宜しいでしょうか。
    結果が楽しみです。
    私はまだ時間の関係で比較用サンプル盤は未聴です。
    それなりの音量で確認したいと思ってますので、休みの日を狙っています。
    現在のサンプル盤はポップス、ロックですが、クラシック物で出たら又買いそうです。

    byCDバカ at2008-06-30 19:14

  3. coiさん、こんにちは。
    私もCDは輸入盤が90%以上です。安いですもん。国内盤ってほとんどは輸入盤に帯とライナーをつけただけのくせに、値段はグンっとアップ。しかも、ライナーに書かれた情報には間違いが色々。こんなレベルの付加価値は無いほうがましと思ってます。
    たまに、国内盤の方が安いときもあってそういうときだけ買います。
    SHM-CDはそれなりに材料コストが掛かっていそうで、値段が通常盤より高いうちは手を出さないと思います。
    ガラスCDが今のSHM-CDと同じ値段だったら、間違いなく買います。

    byCDバカ at2008-06-30 19:20

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする