pharoah
pharoah
田舎もの。 レコードジャンキーです。 オーディオど素人です。 教えて下さい。

マイルーム

別名体育館
別名体育館
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン130型以上 / ~5.1ch
ダイワハウス製住宅の2階寝室兼オーディオルーム兼ホームシアターの20畳部屋で楽しんでいます。 入居前には「体育館みた~い」と揶揄された自室も、いまではオーディオとレコードでごっちゃがえて狭苦しく…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

SPU手に入れました♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月11日

メインアームのスペースアームロングにはphasemation PP500を取り付けていますが、高性能過ぎて、録音の粗が目立つことがあります。
そこでサブアームのSA750L用に味わい深いカートリッジを!と現行SPUからなんとな~くよさそうな、SPU Synergyを買って取り付けてみました。
憧れのSPU、やはり風格があります。この時点でもう満足というw
「ortofon SPU Synergy 地を揺るがす超低域」というパワフルそうなキャッチコピーでしたが、出てきた音は、そりゃもうフワッと優しい温かい音でなんともアナログで落ち着いた音です。録音の古い再発MONO盤も雰囲気のある音で鳴ってくれます。
優しい音を求めていたので結果オーライですが、パワフル系では全然ありませんでした・・・。 なにか使いこなし術があるのかな・・? アナログの世界は奥深いです・・(*´Д`)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは、pharoahさん。

    レコードプレーヤーの写真掲載ありがとうございます。
    立派に出来上がっていますね。
    ジェルコのアームは昔のビクターのアームに似ていると思っていましたが、SA750Lは少し違うようですね。
    SPU+EARのアンプが、モノ盤に合ったようで何よりです。
    (SPUはクラシックしか持った事がなく何のアドバイスもできないのに、レスしてすみませんでした)

    byTON2 at2020-04-13 13:07

  2. TON2 様
    レス有り難うございます
    synergyは職人による左右のコイル巻きが均一でmonoにも向いているというレビューをどこかでみて決めましたが、音質的にも味があり気持ちよく聴けます。
    JELCOの他のモデルは昔のビクターに似ているんですね。
    SA750Lはずいぶん前に生産終了しているモデルなので今のモデルとは少し違うのかもしれません。
    spuはクラシックしかおもちでない、ということはクラシックがとても良いということなのですね。
    幸いユニバーサルアームなのでいつかクラシックも試してみたいものです♪

    bypharoah at2020-04-13 15:17

  3. pharoahさん、こんばんは。
    レスが遅くなってすみません。

    私もSynergyユーザーで、SME3009S2と組み合わせて使っています。

    このカートリッジは高出力で低インピーダンスのため、MCトランスの選択が難しいと思います。

    使い易い出力電圧にしようとして、DL103等で使う昇圧比10倍程度のMCトランスを使うと、音のエッジが丸まって優しい音色傾向になるようです。

    昇圧比が30倍前後で中インピーダンスのトランスを使うと、音のキレが良くてパワフルな音色傾向になるのではないかと思いますが、市販のトランスで該当するものを探すのが難しいですね。

    私の場合は自作で、タムラのTK-40(150Ω:60kΩ)や、同社で無名(30Ω:50kΩ)の小型トランスを使って良い結果が出ています。

    参考になりますでしょうか。

    byED at2020-04-20 22:53

  4. EDさん、レス有り難うございます。
    なるほど、昇圧比というものが関係してくるのですね。
    いまは、ear912のmcポジション40Ωで使っていますが、優しい音に飽きたら、トランスについても勉強して検討してみたいと思います。
    アナログ道は険しいです(-_-;)

    bypharoah at2020-04-21 12:18

  5. ear912のmcポジションには、3Ω、6Ω、14Ω、40Ωからセレクターで選べるようになっているのですが、これはカートリッジの内部インピーダンスが3Ωなら3Ωの位置にあわせろという意味なのか、トランスのインピーダンスが3Ωだよといういみなのかわかりません。
    カートリッジの内部インピーダンスの10倍以上のインピーダンスのトランスに繋ぐべきという話を聞いたことがあるので、たとえば、3Ωのカートリッジならアンプがわで40Ωを選択するのかな?とおもっていましたが、3Ωを選ぶべき?
    どなたかわかるかたいないですか?

    bypharoah at2020-04-22 12:58

  6. pharoahさん、こんばんは。

    ear912の回路図が開示されていないようなので、一般的なMCトランスの例になりますが、大きく外すことはないと思いますので参考にしてください。

    先ず、MCトランス一次側の3Ω、6Ω、14Ω、40Ωという表示は、MCカートリッジの内部インピーダンスに対応した値になっているはずです。

    そして、MCトランス二次側インピーダンスは4kΩ程度になっていて、一次側と二次側のインピーダンス比の平方根が昇圧比になります。

    3Ω:4000Ω →36.5倍
    6Ω:4000Ω →25.8倍
    14Ω:4000Ω →16.9倍
    40Ω:4000Ω →10倍

    それでは、実際のMCトランス一次側インピーダンスはどうなるかというと、二次側の負荷抵抗を昇圧比の2乗で割算した値にります。

    二次側にはEQ入力抵抗47kΩを接続するので、以下のようになっていると考えられます。

    3Ω端子の実インピーダンス:35Ω (47000÷(36.5×36.5)
    6Ω端子の実インピーダンス:71Ω (47000÷(25.8×25.8)
    14Ω端子の実インピーダンス:165Ω(47000÷(16.9×16.9)
    40Ω端子の実インピーダンス:470Ω(47000÷(10×10))

    SPU Synergyの推奨負荷インピーダンスは10~50Ωなので、3Ωの端子へ接続するのが良いということになります。

    ただし、このときの昇圧比は36.5倍になるので、Synergyの0.5mVを18mV程度まで上げてしまいます。

    真空管式EQではこの程度の入力で出力がクリップすることはないと思いますが、ヴォリュームコントロールのし易さを考慮して昇圧比がやや低い6Ω端子を使うほうが無難かもしれませんね。

    6Ω端子では推奨インピーダンスの上限を少し超えますが、この程度なら許容範囲でしょう。

    トランス自体の癖もあるので、音色がお気に召さなければ3Ω、14Ω端子も試してみてください。

    byED at2020-04-22 22:27

  7. ED様
    レス有り難うございます!
    詳しいご説明をまことに有り難うございました!
    取り敢えずセレクターをカチャカチャやってみて試してみます(^^;

    bypharoah at2020-04-23 12:46

  8. ED様
    結果、Synergyは912側で3Ωに合わせるとエネルギッシュかつ艶のある音になったような気がします。
    これになれると、40Ωはエッジが丸くてきけたものではなくなってしまいました・・・w
    ご助言ありがとうございました!

    bypharoah at2020-05-12 21:42

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする