マイルーム

暖炉とAV
暖炉とAV
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch
もともと暖炉主体の居間でテレビは置かず、オーディオもBGM用にB&OのOuvertureとBeoLab6000を置いただけでしたが時折訪れる家族は来てもTVのある部屋に行ってしまうので居間に居させる撒…
所有製品
  • HDMIケーブル
    WIRE WORLD SSH5-2
  • インシュレーター
    KRYNA-PRO S-PROP
  • インシュレーター
    FOSTEX WS-50
  • スピーカーシステム
  • スピーカーシステム
    SOLID ACOUSTICS ASSAM

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

SW変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年12月30日

お正月BD映画見まくりに向けてNEW SWを入手しました。

もともとこれまで使ってきたLINNのSWはBeoLab2を導入するまでの繋ぎだったので、やっと来るべきものが来たと言うところでしょうか。

この白いSWはインテリアにも溶け込んで気に入っていたのですが、いかんせん能力不足でBDの迫力低音シーンではちょっとビビるんですね。設定はいろいろ試したのですが音量を上げてアクションものを見ると大体1、2シーンですがビビる箇所があり筐体自体も2~3cm移動していました。ビビりさえ出なければとても良いSWなのですが。

ということで前から欲しかったB&OのSWです。
これで7.1chの5.1ch分はB&Oに揃いました。
特にフロントは全てIcePowerになった訳です。

BeoLab2の角度を変えるために逆さまにしてゴム台座をトメ螺子2個で調整しますが、これがなんとトルクス螺子です…流石ヨーロッパものだね。

この螺子はやたら硬いとネットブログで読んだことがありましたがトルクスドライバーで難なく調整できました。改めてブログを読むと書いた人はトルクスを知らなかったようです。

この後Audysseyを使ってスピーカー設定、これまで問題になっていたシーンを幾つか再生してみましたが問題ありません。
これまではとても使えなかったDouble Bass設定でSWを強調しても破綻しません。
音の繋がりもとても良いのですが空気を震わすような重低音が薄れたような…気のせいかなぁ…

最低再生帯域がLINN CLASSIK AFEKT:9Hz~に対してBeoLab2:23Hz~の違いか?

BD見まくりで試してみなくちゃ、というよりSWは他無いし。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんは!
    普通はトルクス螺子の事は知らないでしょうね。

    私もARCAM SOLOからCDが取り出せなくなった時、開けようとしたら
    トルクス螺子が使われていて困りました。

    突起のあるもので手持ちのが使えないため急遽買いましたがあんまり使う機会はないですね~

    bymori at2008-12-31 18:54

  2. moriさん
    確かにあまり使う機会はありませんね。
    私は何故か持っていました…何に使ったのか…多分車だったと思うけど。
    しかし、これは良く出来た螺子ですよ。力が等分にかかり頭をなめることもありません。

    bytaka at2009-01-02 12:39

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする