ジュン
ジュン
レコード音楽と車が大好きなおじさんです。

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / その他 / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
狭い部屋ですが、3セット組んであります。
所有製品
  • プリメインアンプ
    ESOTERIC F-07
  • スピーカーシステム
  • センタースピーカー
    CABASSE CABRERA
  • CDプレーヤー/トランスポート
    TECHNICS SL-C700
  • プリメインアンプ
    TECHNICS SU-C700

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

日記

レコード至上主義

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月11日


写真は私のメインのレコードキャビネット。
ハイドンからショスタコーヴィチの交響曲。
キャビネットの幅に合わせているのでカラヤン指揮が多いですが、因みに例えばマーラー全集は他にショルティ(2組)、バーンスタイン(2組)、ハイティンク等。ベートーヴェンに至っては、、、、省略。
この中から好きな演奏を引っ張り出して聴くのが至福の時。

一昨年、そのPVを見て虜になり東京ドームまで見に行ってしまった「BABYMETAL」。
しかしながらそのライブはわかっていたとはいえ、遥か遠くで何やら歌って踊っている模様。
これだったら昨年購入したBlu-rayの同公演の方がよっぽど楽しめる。

さて、つい先日地元のミューザまで聴きに行った「春の祭典」。
席は2階中央前から5番目。
視覚的にも、おお〜っ! と思ったのは第2部でタンブリン等打楽器を従えて9本!のホルンがユニゾンで奏するところ。
因みに演奏は音楽大学混成管弦楽団。これが「シカゴ響のホルンだったら」とか想像しましたが、私は何故かクラシックのチケットにン万円も払う気はしません。

サントリーホールができた頃、期待に胸を膨らませてサンサーンスの3番を聴きに行きましたが、そのパイプオルガンの迫力の無さにがっかり。
カラヤン指揮の輸入レコード(初盤)の方がよっぽど(ある意味)凄い!

今までにナマで聞いて感激したのは高校生の時に初めて聞いた「第九」と神奈川県立音楽堂で聞いたショスタコーヴィチの5番でした。
思えば、9番は東北大学オケ。5番は東大オケ。
共にアマチュア。

毎年3月に催される「音楽大学フェスティバルコンサート」ですが来年の川崎公演は新しく出来るホールで行われるみたいです。
曲目は幻想交響曲他。
私はもちろん行きます。
だってチケット安いんだもん。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ジュンさん、

    こんにちは。

    ミューザ川崎の音楽大学フェスティバルオーケストラ「春の祭典」を聴かれたのですね。
    日記にも書きましたが、私はかなり感動しました。

    >サントリーホールができた頃、期待に胸を膨らませてサンサーンスの3番を聴きに行きましたが、そのパイプオルガンの迫力の無さにがっかり。

    良くわかるような気がします。(笑)
    サントリーホールのオルガンは聴いたことがないのですが、私の好きなミューザ川崎でさえそのオルガンは迫力不足を感じました。
    ホールの容積等の関係でしょうか?
    CDで聴く限りアメリカの教会の巨大オルガンやフィラデルフィアのコンサートホールのオルガンなどに迫力を感じます。
    フィラデルフィアのは聴いてみたいですが、遠すぎます。(涙)

    byK&K at2018-04-11 14:50

  2. こんにちは。

    40年以上前に成人式でも行った「産業文化会館」くらいしかホールが無かった川崎駅近辺ですが、まさか自宅から歩いても30分くらいの駅前にクラシック専用ホールが出来るとは、、、長生きはするもんです。

    昨年のマーラーの6番でもそうでしたが、指定は8本なのですが、今回もホルンは9本使っていました。ホルンのユニゾンは痺れます。
    このコンサートは大編成で好きな(派手な)曲ばかりやるので嬉しいです。
    来年の「1812年」が今から楽しみ。来年の新ホールは多目的ホールだと思いますので音響はどうでしょうね?

    byジュン at2018-04-11 16:38

  3. 初めまして。
    大昔のことですが、東京カテドラルでメシアンのオルガン曲を聴いたときは大感激したことを思い出しました。また、国際基督教大学ホールのオルガンではがっかりしたことも。
    私もサンサーンスの三番(アンセルメ/スイスロマンド)やツアラトストラ(メータ/ロスフィル)をレコードで聴きますが、CDと音質比較をして重低音の出方がレコードの方が圧倒的に多いことが気になっていましたところ、最近の話題でffrrとRIAAの問題が原因ではないかと思い始めたところです。20Hzで6dBもブーストされればなるほど納得です。

    byトム at2018-04-11 18:43

  4. ジュンさん

    レコード至上主義でも、更に交響曲至上主義ですね!

    懐かしいBOX(ベーム・モーツァルト、デイビス・シベリウス・・・等など)が並んでいて、聴きたくなってきました。

    byパグ太郎 at2018-04-11 20:49

  5. トムさん今日は。

    ひと言で言い表すと、レコードの音は「分厚い」と思います。

    私の持っているCDで、レコードより優れていると思っているのはバルビローリ指揮のマーラーの5番のエソテリック盤くらい。

    一度カラヤン指揮ベルリンpoのサンサーンスを聴いてみてください。
    終楽章のオルガン出だしでビックリします。

    byジュン at2018-04-12 00:14

  6. パグ太郎さん今晩は。

    5つの場所に置いてある私のレコードキャビネットですが、写真のそれは故意に交響曲を集めたものです。
    作曲家は不動ですが、指揮者はたまに変わります。キャビネットに丁度納めるために演奏よりもボックスの幅が重要なのがたまにキズです。

    仰る通り、クラシックのジャンルで聞くのは圧倒的に交響曲です。次がピアノ協奏曲でしょうか。
    でも何故か、聴き始めに最初にターンテーブルの上に載るのはアルビノーニのオーボエ協奏曲op9-2。奏者はホリガー、伴奏はイムジチ。これ絶対です。

    byジュン at2018-04-12 00:32

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする