ジュン
ジュン
レコード音楽と車が大好きなおじさんです。

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / その他 / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
狭い部屋ですが、3セット組んであります。
所有製品
  • プリメインアンプ
    ESOTERIC F-07
  • スピーカーシステム
  • センタースピーカー
    CABASSE CABRERA
  • CDプレーヤー/トランスポート
    TECHNICS SL-C700
  • プリメインアンプ
    TECHNICS SU-C700

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

日記

かっこいいチェンバロ曲

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月16日

チェンバロソロの曲というと、音量は無いし、強弱はつかないし、で、地味な印象がありますが、なかなかどうして昔の曲で結構派手な曲があります。

ケレル作曲「パッサカリア」
クラシック好きでもまず知られていないこの作曲家。もちろん私もこの時初めて聴きましたが、3分くらいからの「これでもかトリル」に思わず鳥肌が立ちました。
しかし、終結があっけなさすぎ。なんか手抜きにも思えます。

フォルクレ作曲「ジュピター」
名前もかっこいいですが曲も痺れます、チェンバロ好きなら知らない人はいないと思います。
尚、演奏者はこの時大学院生でしたが、現在「東京芸術大学音楽学部教授」でいらっしゃいます。

ロワイエ作曲「アルマンド」
ロワイエというと、「スキタイ人の行進」がつとに有名ですが、かっこよさではこの曲も負けてはいません。実はこの演奏、喫茶店で行われた演奏会のアンコールで弾かれたもの。それでなくとも調律が狂いやすいこの楽器はこの時狂いまくっている上に全レジスター音ONで最初から大迫力!?
ところでこの曲、誰かフルオーケストラに編曲して頂けないでしょうか?かなりイケルと思いますが。シェーンベルク編曲のブラームス作曲ピアノ四重奏の終楽章みたいに、、、、、。打楽器も多種使って。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ジュンさん

    今晩は。リンク先、聴きました。確かにカッコいいですねー。
    チェンバロは再生が難しい楽器ですね。あの残響の減衰が綺麗に出ないし、アタック音は少しでも付帯音が乗ると刺激的になるし、拙宅では自然な感じになることの方が少ないかもしれません。
    私はのんびりとラモーを流すことが多いです。

    byパグ太郎 at2018-04-18 00:20

  2. おはようございます。

    チェンバロに関しては、「遠くの舞台の上」ではなくて、「客席と同じ高さの近く」で聴くのがベストだと思っています。
    生ではなくて自宅のステレオで聴く時は往々にしてボリュームを上げて聴きがちになりますよね。
    ピアノに比べてその構造上、どうしても楽音以外の雑音が多い楽器でも有ります。

    byジュン at2018-04-18 09:21

  3. ジュンさん、こんばんわ~♪

    ケレルさんのパッサカリアは知りませんでした~、、、
    なかなか良い感じの曲ですね(^^)、、、(イイ)

    田舎に住んでると生でチェンバロを聴く機会はほとんどありませんし、たしかにオーディオで聴くと音量大きめになりますね(笑)
    チェンバロやアコギのように音圧の少ない楽器は録音、再生が難しいですね。

    折角なので、かっこよくはないけど「イケてる曲」をチョイと紹介させていただきます(爆)
    既知でしたらゴメンナサイね。

    Johann Jakob Froberger(1616-1667) - Suite XX , Allemande

    Jean-Henri d'Anglebert(1629-1691) - Prelude non mesure

    YouTubeで各1分30秒の抜粋、約3分です

    https://www.youtube.com/watch?v=32HdqfcNub4

    byspcjpnorg at2018-04-18 20:23

  4. こんばんは。
    皆様に便乗して私も1曲ご紹介です。
    古楽のような優雅さはかけらもない曲ですが、ある意味こちらも「イケてる曲」です。
    チェンバロのみのバージョンもあるのですが残念ながら良い音源が見つからなかったので、オリジナルのシンセのバック付き演奏です。

    Perrey & Kingsley - Baroque Hoedown

    https://youtu.be/Ax00vnsZPKE

    1967年の曲ですが、もしかしたら世界で一番認知度が高いチェンバロ曲かもしれません(笑)

    by眠り猫 at2018-04-18 22:11

  5. spcjpnorgさん今晩は。

    フローベルガーは芸大の学内演奏会で生で何回か聴きましたが、ダングルベールは覚えておりません。

    3人もレスを頂いたので、この日記続編を考えております。

    byジュン at2018-04-19 01:20

  6. 眠り猫さん今晩は。

    これってオリジナルはチェンバロを想定している曲なのでしょうか?
    youtubeで探すとチェンバロソロで弾いているコンサートがありました。
    全然違和感ありませんね。

    byジュン at2018-04-19 01:24

  7. こんばんは。
    チェンバロのBaroque Hoedownを聞いていたら便乗したくなってしまいました。

    少し毛色の違う曲です。0:12と0:26の駆け上がりがチェンバロならではのキレの良さで気持ち良いです。まるでそこだけ8bit音源の様な。

    すぎやまこういち 邪悪なるもの
    https://www.youtube.com/watch?v=CMB6izhYA5k

    byhigh speed at2018-04-19 02:38

  8. ジュンさん
    こんにちは。
    タイトルからしてチェンバロ前提だと思います。(ソロの前提ではないのかもしれませんが)
    日本人の演奏家のソロCDが出ていたと記憶しています。

    ちなみにhoedownはアメリカの田舎の踊りのことだそうで。
    アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグといった舞曲、チェンバロ協奏曲、といったバロックの要素を、現代のアメリカに換骨奪胎してみせた音楽なのかな、と思います。

    by眠り猫 at2018-04-19 14:38

  9. high speedさん今晩は。

    聴いてみました。
    ゲームミュージックというより純クラシックの現代音楽ぽいですよね。何をもって「純クラシック」というのか微妙ですが。

    byジュン at2018-04-19 22:14

  10. 眠り猫さん今晩は。

    なるほど。
    シンセだけで聴くとそうは思えないけど、チェンバロソロで聴くとこれがオリジナルとも思える不思議な曲です。って、youtubeの舞台袖?から撮ったものしかソロは聴いたことないですが。

    byジュン at2018-04-19 22:21

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする