ジュン
ジュン
レコード音楽と車が大好きなおじさんです。

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / その他 / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
狭い部屋ですが、3セット組んであります。
所有製品
  • プリメインアンプ
    ESOTERIC F-07
  • スピーカーシステム
  • センタースピーカー
    CABASSE CABRERA
  • CDプレーヤー/トランスポート
    TECHNICS SL-C700
  • プリメインアンプ
    TECHNICS SU-C700

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

日記

古くて新しいチェンバロ曲

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月21日

前回はチェンバロのかっこいい(派手な)曲をご紹介しましたが、今回は作品の生まれた時代が焦点。まずは。

Anonymous「Daphne」

曲名の「ダフネ」とはギリシャ神話で、アポロに言い寄られて月桂樹に変身してしまったあのニンフのことでしょうか?
では「Anonymous」とは?
これは「よみ人知らず、作者不詳」要するにここでは古すぎて作曲者が分からない(たぶん)。そういえばかなり古いような感じがします。

武満徹「夢見る雨(1986)」

忘れもしない1979年。当時調律の専門学校に通っていた時、たまたまもらったタダ券で見に行った新作映画「燃える秋」。
購入したプログラムを後で見て何がびっくりしたのなんのって、映画の内容よりも、ハイファイセットが歌う美しい「燃える秋」の作曲者がなんと「武満徹」。
「夢見る雨」はこの映画よりもあとに作られたチェンバロオリジナル曲。
確かに聞き始めは、雨が夢見ているように聞こえ  なくもない。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは。

    新しくてかっこいい曲と言えば、有橋淑和(ありはしすみな)さんの「チェンバロ・レボリューション」があります。

    ラヴェル、マスネ、ブゾーニ、ショスタコーヴィチ、伊福部昭などなど20世紀の作曲家たちがチェンバロのために作曲した曲がずらり。ジャン=ジャック・ベリー&ガーション・キングスレーの「バロック・ホーダウン」という曲は、誰もがご存知のTDLのエレクトリカル・パレードのテーマの原曲です。

    すべてモダンチェンバロのために作曲されたものですが、有橋さんが弾いているのは、ジャーマンタイプのミートケタイプのレプリカです。録音も、ノイマンのマイク、dcsの機器による192/24からのマスタリングでキレッキレの高音質です。

    オリジナルは廃盤ですが、なぜかhansllerの輸入盤で入手可能です。

    チェンバロ好きの方はぜひ!

    byベルウッド at2018-04-21 11:42

  2. ありがとうございます。

    早速アマゾンで日本盤(こちらの方がジャケットがカワイイ!)中古をポチしてしまいました。

    あの伊福部昭がこのCDのために作った(書き直した?)!曲を聴くのが今から楽しみです。

    byジュン at2018-04-21 12:34

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする