ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

スーパーリアリズム!【うさぎ仮面邸訪問】

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年02月21日

今日はマイ○○さんのうさぎ仮面邸に訪問してきました。このHNとトレードマークが凄いでしょ!目立つので前々からどんな方だろうと興味津津だったんです。先日、小林悟朗さんが来訪された時に「仲間のうさぎ仮面がスーパーリアリズムの音を出しているので聴いてくるといいよ!」とアドバイスを貰いました。その後、早速メッセージを入れてマイ○○になっていただくと共に、お宅訪問をさせていただくことになったものです。

トントン拍子で話は進み、最寄駅を降りてお宅に向かいます。都内にもかかわらず、最寄駅から徒歩5分と好立地なお宅でした。何時もの如くテツと一緒に、事前に教えていただいた「うまいラーメン屋」で腹ごしらえをしてから、いざ出陣です!

リスニングルームは20畳ほどの広さの専用ルームでした。足を踏み入れようとすると、床が廊下より低い位置にありました。天井の高さを少しでも稼ぐためだとか。更に、スピーカーを置く部分は、基礎の高さまで掘り込まれていました。こちらは構造上こうなったそうです。そして、目の前には高くそびえる「機竜」長岡式のネッシーを改良したものだそうです。写真では分かり難いのですが、掘り込まれた床から天井の近くまで、2.8mくらいの高さに驚きます。下の部分は置き台として持ち上げられており、ユニットの上は共鳴管がそびえ立っています。

このスピーカーが、デジタルチャンネルデバイダーでマルチ駆動されています。アキュフェイズの製品を中心に取り揃えられた、送りだしと駆動装置群です。

ソフトの数も半端ではありません。3000枚は超えているのではないでしょか。

オーディオのみでなく、シアターもやられているので、サブウーファーは一番いい所に陣取っていました。床部とサブウーファーの上端位置くらいに見える横桟までが掘り込みの深さです。

リスニングポイントとリヤスピーカーとプロジェクターとソフトの山です。仕事の時以外は、ほとんど籠っているという男の城ですね。

私の訪問依頼だったので、まずはオーディオから聴かせていただきました。最初は食べたばかりの麺が飛び出してしまわぬように、コーラスやボーカルで耳ならしを3曲ほどしていただきました。そろそろいいでしょう!と言うことで本気モードに突入です。

まずは、ベースから。クリスチャン・マクブライドの鉄の爪で掻いたベースを、
・・・バッチンバッチン、ボー!凄いです。弦が鞭で鉄を打ったようにビンビンきます、更に胴鳴りが「機竜」の共鳴管からボーっと出ています。私はそこで、蒸気機関車の煙突から出る、ボーという音を携えて出る煙を見た気分になりました。続くコントラバスは、低い音が再生されました。こちらは地を這う低音で、下からグウォ~ン。パーカッションのエベリン・グレニーも目の前を音が飛び回っている感覚。これぞ!スーパーリアリズムです。生音そのものとは違います。ですが、生より生っぽい音なんです。驚きました!

その後もボーカルや楽曲などを聴かせていただきました。その中で特に印象に残ったのは、琵琶と尺八のクラシックのCDでした。琵琶のバチバチ、尺八のブウォー。音量がでかい。100dBどころの騒ぎではなく110dBは出ています。最高にでかいのはドラムのヤツで117dBまで出ているそうです。音量計で測られているとのことでした。ちなみに、私の好みの音量は丁度100dBでした。うさぎ仮面さんの好みは「繊細で上品な透明感と、猪のような下品で荒々しいパワー、全く相反するようなものが両立するようなサウンドが好き」なのだそうです。確かに、もの悲しいボーカルは悲しげに歌っていました、狙い通りの音を出されていたことになるのです。

次は、映像にチェンジ。これがまた凄い。音楽ものの映像を見せていただきましたが、画質が生々しいんです。女性の肌が、飛びつきなるような生っぽさで迫ります。これは体も精神も自制が必要です。そして、イノセンスやバイオハザードの映画は、のけ反り・目を閉じてしまうほどの迫力です。立ち上がりが早く、切れのいい音が115dB超えでうなっていました。心臓の弱い私は、もう1時間お邪魔していたら、夜まで心臓のバクバクが止まらなかったかも知れません。

まとめの感想は「まるで、遊園地のアトラクションを体験したようだった!」です。もう少し、心臓を鍛える必要があることを痛切に感じました。スーパー楽しかったです。
うさぎ仮面さん、もう少し心臓を鍛えて来るのでまた遊んでくださいね!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ひじやん、ばんわ!
    まだ、今日アップするお話かきこ中(^^;

    にしても、凄い体験でした!!
    まさに体験・・・・・からだが反応しました!

    帰って、バイオハザード3の見せていただいたシーンを再生してみましたが、普通の娯楽映画でした・・・・全然怖くない~!!
    音量をちょっと一瞬、常識に目をつむって上げてみたら、怖さの寸前くらいまでは体感できましたが、今日の体験とは雲泥の差でした(^^;・・・あのトランジェットは真似出来ません!!

    でも、やるなら、うちの音量で、あの怖さを出さないと・・・難しすぎ!・・・却下、封印です・・・・ガハハ(^^;
    でも、どこかでチャレンジしないといけない課題ですね・・・密かに修行します(^^;

    byMt.T2 at2009-02-22 04:10

  2. テツさん

    いい体験が出来ましたね。
    このような再生は、初めての経験です。機竜という自作のSPがあって初めて出せる音!なんでしょうね。

    悲しいものは、悲しく!荒くれたものは荒くれて!コンセプトが明快でそれを実現していることに、凄味と脱帽感を感じさせられましたね。

    また伺わせてもらいましょうね。

    byヒジヤン at2009-02-22 07:09

  3. ヒジヤンさん こんにちは。

    東京や神奈川には同好の士がたくさんいて良いですね。
    「機竜」とは面白いSPですね。珍しい。

    AVは私はしていませんが友人がやっていますので
    時々聴かせていただきますが「効果音」の低音は
    凄いやつが入っていますね。
    私には「心臓」に悪いので早めに退散するようにしています。

    AVは2chに比べるとグレードの低いモノで騙されますね。

    byしき at2009-02-22 10:53

  4. ヒジヤン お早うございます。

    相変わらずのアクティブな姿勢、恐れ入ります。

    それにしてもスーパーリアリズムとは響きがいいですね。
    SWも含めてSPの設置位置が床直置きの長所が出ているのでしょうか。

    低域がしっかり再生されており、それに中高域が乗っている印象を受けました。
    大音量でも聴けると言う事は中高域の調整が非常に巧くいっている裏返しですよね。
    見た目からは想像の域を遥かに超えている素晴らしいSPである事がヒシヒシと伝わってきました。
    世間には素晴らしい方が多くいるんですね。
    それをまたきっちりとチェックをされるヒジヤンの姿勢にも頭が下がります。

    これでまた、ヒジヤン邸の音が一歩前進ですね。

    byRay at2009-02-22 11:29

  5. インフルエンザによりダウンです。
    未だに熱が下がらずにのどが痛い・・・
    回復するまでちょっとの間休みます。

    しかし今回のお宅訪問も素晴らしかったようで・・・AVに関しては音の傾向が似ているみたいですね。

    byMac_cel at2009-02-22 19:19

  6. 皆様へ

    レスいただきありがとうございます。
    今日は出かけていたので、お返事が遅くなり申し訳ありません。今日のことは後で日記に書こうと思っています。


    しきさん

    本当に、近くに沢山のマニアの方が居られることを幸せに思います。色々な方が、それぞれのアプローチでご自分の好みのサウンドを作られています。様々な個性がありますが、どのサウンドもご自分の考え方を反映して音づくりをさせていて、それを聴かせてもらうと感激します。

    都会は、良い面と悪い面が背中あわせです。


    Rayさん 

    確かに地面直置きの良さが出ているようです。ゲゲゲでも大地と言う商品を作っていますね。今日はAVフェスタに寄ったので、大地を踏んできました。確かにしっかりと踏みしめる感覚と、振動がまったく伝わりませんでした。

    機竜は、ちょっと見は凄そうではないのですが、エンクロジャーが鉄板でおおわれていて、これでもかの制振が図られていました。重量は片側200Kgだそうです。(恐)

    今回のお宅は、自分に取り込むのは難しいです。ですが、別件のチューニング手法を教えてもらいましたので、後日、日記に書こうと思っています。


    Mac_celさん

    お身体を大事にして下さいね。レスしていただかなくても、外国に行った!など思わないようにします。(笑)

    今回のお宅は、Mac_cel邸とは少し違った凄味でした。Mac_cel邸がザ低音だとすると、うさぎ仮面邸はカミソリサウンドとでも言ったら良いかも知れません。

    皆さん素晴らしいです。

    byヒジヤン at2009-02-22 22:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする