ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

第1期の結論は!【森林浴サラウンドの効果】

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年03月26日

今週末に、mixiでウーファーの低音の質感の調整方法についてやり取りさせていただいた方と、オフ会をやることになりました。初めての方をお招きするのに、まさかコーラのビンとケースに竹が刺さった状態は恥ずかしい!と思い、森林浴サラウンドの実験も第1期は終了することとしました。

今回の結論は、ステレオでマルチの立体感や音像のクリアさに近づけたいなら、リスニングポイント後方の反射を増やすべし!です。その結論に至った経過を日記に残しておくことにしました。

まずは、前回の日記で付けた「簡易実験2」の結果のおさらいからです。
フロント側は、スピーカー横後ろあたりに適度な竹を配置し、リヤ側は、置けるところに竹を配置することで、広がりがありサラウンド感の強い音場にすることが出来る、でした。先週の土曜日にこの状態で、ヤマテツとさぬきのヒデさんに聴いてもらいました。

そして、竹をすべて外した時との比較をしました。この時のコメントと印象からです。
ヤマテツ「こんなもので変わるとは思わなかった。悔しいけど変わるな~」
ひでさん「変わるのはわかるが、ない方が音像がはっきりする。」
そして次に、元々予定していたヤマテツが持って来てくれた測定ソフトのMyspeakerで計測を実施しました。時間がなかったこともあり、データーに変化が現れやすいように竹を多めに配置した状態で計測です。前側はかなりの密林状態です。

測定結果は・・・もともと反射音の変化なので、周波数特性などの静的なものは変化が出ないだろうということで、周波数毎の残響時間を測定しました。赤が森林浴サラウンドの状態。黒がなしです。やはり残響時間が伸びていることが分かります。1KHzでは、0.3sから0.4Sと約30%の残響時間の増加が見て取れます。聴感はどうかというと、かなり広がり全体に包まれ感は出るのだが、音像がボケる印象でした。ひでさんにもコメントを聞きましたが、変わるは変わるけど~とどうやら好みではなさそうでした。

テツが「サラウンド感は出てるでしょ」と聞きましたが今一はっきりした答えは帰って来ませんでした。それじゃあ、ってことで後ろの竹を更に増やしてみました。私も横で聴いていたのですが、後ろからの反射音が強くなると思いきや、前方に定位する音像の立体感が増し、音像もはっきりする変化が出たのです。この変化には、ひでさんも同感と言われていたんです。

このことは、最近聴かせていただいた調整の図られたサラウンドとステレオの時の再生音の変化とそっくりでした。後から音を出すことにより、前側の音場と音像が変化するのです。なにか、低音を変えると高音の聞こえ方が変わったり、高音を変えると低音の聞こえかたが変わる現象とそっくりといった感触でした。

以上から、第1期の森林浴サラウンド実験結果は、
「ステレオでマルチの立体感や音像のクリア近づけたいなら、リスニングポイント後方の反射を増やすべし!」を教訓とすることにしました。サラウンドスピーカーと同じですね。現在はオフ会に向けて、綺麗な状態にしたかったので前側はすべて撤去して、後側の竹林のみ残すことにしました。第1期のチューニング結果は、何かさみしいですがリスニングポイントの後方に長さ1800mmの竹の棒を6本配置して、立体感の向上と音像のクリア化が図れたです。実用性を損なわずに置ける範囲で色々試した結果なんです。

コーラのボトルやケースも去っていき、何かさみしさも残りますが部屋をきれいにしとかなきゃ、ということなんです。効果も試しに聴いてもらおうと思っとります。(笑)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヒジヤンさん
    いつも大変勉強になります。
    変わるものなんですね。これだけの簡単なものなのにw
    ウチはどちらかというと本がたくさんあるので
    吸音する方が多いので反射音は、少ないような感じがしますw
    まあ、今後、スピーカーを変更したりして
    どう変化するかは、定かではありませんがww
    試してみたいですねww

    byなんかい at2009-03-26 22:50

  2. なんかいさん レスありがとうございます。

    今回の結果は、見た目は寂しいもので終わってしまいましたが、部屋の中がジャングルになるよりは良かったかもしれません。(笑)今回の結果は、ウチの場合はこうだったという特殊解ですが、良く調整されたサラウンドも同様なことが言えたので大きく外れることはないと思います。

    やはりポイントは、スピーカーから出た音を部屋の響きを使いながら、リスナーにどのように聴かせるかなのでしょうかね。

    byヒジヤン at2009-03-26 23:04

  3. ヒジヤンばんわ。

    変わりましたね!・・・測定にも現れ、感覚の裏づけができました。
    ただ、なかなかここまで体感できるものではない気もします。
    フロントの音響パネルによる環境と、リスニングポイントと後ろの壁の距離によって、未対処の部屋より変化が出やすいのかなと感じました。
    そこまでの追い込みの賜物と、驚くばかりです・・・・凄い!

    byMt.T2 at2009-03-26 23:53

  4. ヤマテツさん レスおおきに。

    後ろの壁の件は、一見すると近いので効果的に反射音が得られると思われているようですが、そうでもないんですよ。ここを単純反射とすると、壁がすぐ後ろにある感覚となりますし、拡散が必要になって来るんだと思います。反面、後ろの壁が遠い場合は耳より後ろの部屋の響きの総和が聴くことが出来るので、深みのある音が出せると思います。

    このことはマルチの場合も同じだと思いますが、壁が近いので竹(反射体)を近くに配置できる優位性はありますね。近いがゆえに後ろからの反射音を変化させ安ういのかも知れません。(笑)

    byヒジヤン at2009-03-27 00:28

  5. ヒジヤンさん こんにちは。

    なかなか面白い実験結果ですね。
    広い部屋に引っ越しましたら参考にして実験してみたいと思います。

    byしき at2009-03-27 13:40

  6. しきさん レスありがとうございます。

    音質向上策は、機材の変更・セッティングの詰め・電源のチューニング・伝送ロス対策・音響チューニング・その他アクセサリーなど色々ありますが、それぞれの持つ役割や効果は異なるものがあると感じています。ですから、手をつけていないものに手を入れると大きな効果が期待できるものだと思います。

    どうも、何かにこだわるとそればかりやってしまう傾向が誰しも持っているようです。ですから、それ以外のところに目を向けてみるのも良いことなのではないかと思ったりもします。

    byヒジヤン at2009-03-27 16:23

  7. ヒジヤンさん こんにちは

    実験の結果が測定値にちゃんと出るというのが凄いですね。
    やはりルームチューンはきわめて重要なことだというのが、
    よくわかる結果ですね。

    拙宅にもLVパネルはあるのですが、何となく立てかけているだけで、
    このように測定値をとっての追い込み等をやっていない状態です。
    ルームチューンはやる方にもエネルギーがいりますね。
    どうも最近そのエネルギーが無くて・・・(泣)。

    byたくみ@深川 at2009-03-27 16:43

  8. たくみさん レスありがとうございます。

    たくみさんもLVパネルを持っているのですか。何となく立て掛けてあるだけなど、ご謙遜ですね。たくみさんだったら有効活用されていることでしょう。

    たくみさんは板張りのオーディオルームですよね。同じ板張りのHYさんがご苦労されているようで、ミクには関連の記事が多数ありますよ。まずは見られてみてはいかがでしょうか。そして関心があったら情報交換~交流まで発展出来たら楽しそうです。同じ板張り同士で気が合うかも知れません。Phile-webにも登録されていますが、日記はあちらが主体のようです。あちらでは、私はよくレス交換しております。(笑)

    byヒジヤン at2009-03-27 18:58

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする