ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

森林浴サラウンド実験1【データ編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年03月14日

この前に書いた日記:森林浴サラウンドとは!【簡易実験してみました】のデータ編の内容です。
森林浴サラウンドを狙った、竹を室内に配置したものです。最終形は上記ですが色々な置き方をしたので、その都度PAA3で音圧と周波数特性を測ってみました。測定方法は、Phile-web基準の音圧測定パターンです。

オリジナル:現状のリスニングルーム
配置1:1.5mの竹を、音響パネルの前に配置
配置2:1.5mの竹を、音響パネルの中間部に配置
配置3:1.5mの竹を、スピーカーの外側にまとめて配置
配置5:前側は取り払い、後方に1.8mの竹を配置
配置7:前側に1.8mの竹を12本。後側に1.8mの竹を8本置いた仕様
それぞれの仕様で、最大音圧レベルはほぼ同じ。周波数特性は、高域が変化していますが、竹の配置との関連性は薄く、測定のバラツキと見た方がいいと思いました。
◇このような反射音のチューニングでは、周波数特性に変化は出ないようです。でも聴感はものすごく変わっています。

ピンクノイズによる、周波数特性比較です。測定条件はPhile-web基準の周波数パターンです。
オリジナル:現状のリスニングルーム
配置7:前側に1.8mの竹を12本。後側に1.8mの竹を8本置いた仕様これも明快な変化は現れませんでした。

◇森林浴サラウンドの第1回チューニングでは、周波数特性への変化は現れませんでした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヒジヤンさん この前の竹ですね。

    いよいよ試行が始まりましたか。
    楽しみです。

    byしき at2009-03-14 20:33

  2. しきさん 早いですね。

    でもこの速さだと、読んでくれていませんね。まぁ、この手の話は、興味がないとつまらないものです。

    見栄えが課題ですが、これはものになるとの感触をつかみました。
    楽しみにしていて下さい。(笑)

    byヒジヤン at2009-03-14 20:55

  3. ヒジヤンさん それは有りません。

    何をしようとしているかがまだ完全に理解できませんし、
    データをどう捉えるかも(差が有ると言えば差が有るし、無いと言えば無いともとれます)難しいです。

    誤差範囲ではないか?

    私の場合バランスではなく質感を問題視しています。

    byしき at2009-03-14 21:10

  4. ヒジヤン さん
    やはりf特は変化なしですか…

    私も何回かルームチューン後にf特測ってみましたが、
    散音材の追加で増えるのは、中高域の細かなピーク&ディップだけでした。

    少なくとも、オクターブバンド(1/3オクターブでしょうか?)での表示では変化は出てこないと思います。

    変な話、散音材を加えても、周波数特性は荒れるだけなので、
    f特を重視するなら、吸音が最適になってしまうのです…
    反射波を考えれば当然の結果かもしれませんが(汗

    今後のPAA3の使いこなしを楽しみにしています。

    byカノン5D at2009-03-15 08:37

  5. カノン5Dさん

    そうですね、反射音の周波数特性への影響は出て来ないものですね。これは、周波数特性が静的なデータであり直接音と比較するとおのずと減衰してしまう反射音の特性変化は捉えにくいためですね。この辺りの特性変化をデータで示すためには、周波数毎の残響音の時間軸データだと良く表すことが出来ますね。

    数年前にこの辺りのデータ解析を実施しようとしましたが、調べて見るとかなり面倒だったんで止めました。(笑)

    お手軽PAA3の使い道はこれから探りを入れてみます。機動力が一番のような気がしますが(笑)これを使い始めてから、生録をやろうかななどと考え始めています。(爆)

    byヒジヤン at2009-03-15 09:07

  6. ヒジヤン超遅レスでゴメンナサイm(_ _)m
    多分測定限界になると思うけど、竹の直径?が効果を発揮する単一音源を部屋の中心で測った時の音圧差って出ないかな?
    ・・・・没かな?(^^;

    byMt.T2 at2009-03-16 13:21

  7. テツさん 考えが少し浅いようです。

    カノン5Dさんへのレスで書いたとおり、反射音は直接音に比べれば減衰してしまい小さい音圧となってしまうために、次々に新しい音が出てくる音源の中では、音の総和しか表さない周波数特性のデータの中では埋もれてしまいます。聴感はこの音を聴き分けることが出来るんです。音楽の中の微細な音を聴くことが出来るのと同じです。だから、周波数特性のデータには現れてこないのですが、聴感は変わるんです。

    この変化をデータであらわすためには、瞬間に出た音に対して周波数毎の残響音を時間軸に表したデータだと表現することが出来ると思います。

    byヒジヤン at2009-03-17 00:25

  8. 超遅再レス

    こんなのですか?

    http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/myspeaker/help/meas.htm#acm

    byMt.T2 at2009-03-17 06:53

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする