ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

すごいコンサートの体験!【渋谷C.C.Lemonホール】

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年04月26日

今日は、久しぶりにクラシックコンサートに行きました。
渋谷交響楽団の第46回定期演奏会です。ホールは、渋谷C.C.Lemonホール(旧渋谷公会堂)です。ウチからは1時間少々で、わりと近めのホールです。このコンサートを選んだ理由は、近いこととメイン曲のチャイコフスキーの悲愴が好きな曲だったから、そして、プレゼントチケットがあったからです。(笑)

今日の日記の中身は、凄いコンサート体験についてです。何が凄いのか、順を追って話して行きますね。

まず、ホールに入る前のことです。開演は2時ちょうどからで開場が13時30分だったのですが、渋谷駅に着いた時点で開場時間を過ぎてしまいました。今日はGWだし場所も良い所なので、いい席が取れるか心配だったんで、足早にホールに向かいました。着いてみるともうすでに40分を過ぎているのに長蛇の列です。「何、30分開場じゃなかったの!」「通常、並んでいると開場時間よりも早く入れてくれるんだけどな~」などと思いながら、しかたがないので最後尾につきました。その後、並んだ順番にホールへ入り、私が入場できたのは1時50分になろうとしていました。第1印象悪し!ですよね。

ホールに入ると、そこは音楽ホールではなく演劇ホールと呼ばれるような所でした。事前にm○x○で教えて貰っていたのですが、これほどまでとは・・・(汗)ステージが奥まっていて、穴ぐらのようですし、天井が低くて開放感がないんです。更に、演奏者の椅子が、ステージの前方2mくらい空けて並んでいるので、余計に穴ぐら感でした。

過去の経験から、このようなケースでは音が前へ出て来難く、籠ったような音になってしまうため、何時ものように最前列中央を目指しました。ですが「ヤバィ、ほとんど埋まっている!」何時もはガラガラの最前列席が殆ど埋まっているようです。このホールでは、最前列は人気なのでしょうか。ど真ん中の2席だけが空いていそうだったんで、飛んでいくと荷物が置いてありました。「しかたがないな~」と思い2列目に座りました。1列違いなのですが、前に椅子や人が居るのと居ないのとでは(私にとっては)大きく違うんです。ガッカリしながら、2列目中央に座ったのですが、何時まで経っても荷物が座っているだけで、人が来ません。「もしかして」と思って前の人に聞いてみると「何と!」空いているとのことだったんです。即刻、席を前に移しました。何時もの最前列中央です。第2印象も悪し!ですよね。もう一席は、中年の女性が荷物を置いたままで、最後まで荷物が座っていました。(トホホ~)

さて開演です。本日のお品書きは、1)ボロディン:歌劇「イーゴリ公」序曲、2)チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、3)チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」です。
1曲目が無難に終わり、2曲目に移る時にピアノ協奏曲なので、セッティングが始まりました。するとグランドピアノがガラガラと目の前に運ばれたんです。舞台の前方2mはこのために空けられていたんですね。そして、本当に目の前で止まりました。「ウソ~!」目の前2mの所にグランドピアノが下から見上げるように置いて行かれたんです。演奏が始まり感じたことは・・・・・・
これは、ピアノ協奏曲ではなく、ピアノ独奏オーケストラ伴奏つきだよな~でした。ピアノの音がすごく大きく聴こえるのですが、オケが小さい、更にピアノの音は、ピアノの裏面から聞こえるんです。ピアノを裏から聴くのも一生のうち最初で最後なんだろうと思います。第3印象も悪し!ですよね。

お目当ての”悲愴”は何事もなく聴くことが出来ました。
今回の日記は、何か散々なコンサートだったように感じられるかも知れませんが、悪いことばかりではなかったんです。2曲目のピアノ独奏オーケストラ伴奏つきですが、ピアノの八尋三菜子さんがすごい迫力の演奏だったんです。にこやかにピアノの所まで来てから、ピアノの前に座ったら目つきが違う。鋭い目つきで、演奏を始めると強いタッチの所ではビクッ、ビクッと体を震わせ迫真の演奏です。目の前3mくらい所で、鍵盤を見つめる三菜子さんを下から覗き込むように見ていた私は、吸い寄せられるように目が離せなくなったんです。決めのタッチをした後に、手首だけ下を向いたまま、大きく手を振り上げるポーズもカッコよく決まっていました。

前述はピアノの演奏について書きましたが、アマコンでも団員の方々は真剣です。一生懸命演奏されているのがヒシヒシと伝わって来ました。この熱気は、オーディオや映像つきでもダイレクトには感じることは出来ないので、生演奏の良さなんだろうと思います。もうこのホールには来たくないですが、コンサートへは出来るだけ足を運ぼうと思っている次第です。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヒジヤン、こんばんは。
    大阪から戻りました・・・(^^;

    何やら、とっても楽しみ甲斐があるコンサートだったようですね。
    でも、演奏が良くて何よりでしたね。

    熱気と興奮(会場の空気も含め)は、その場でしか味わえないですね!
    コンサートで最高の感動を得て、そのコンテンツが世に出され、何度も再現体験できたらって思いますが・・・・なかなか適わぬ夢だから楽しいのかな?(^^;

    byMt.T2 at2009-04-26 22:17

  2. テツさん

    もうお帰りですか~、私はてっきりそのままGWで田植えかと思うとりました。

    でも、今回のは凄かった!書き忘れたんですが、開演前に渋谷区長の挨拶まで有ったんですよ。それと、演奏が良かったなんて書いた覚えないんですが・・・・・誤解を招く文章だったかな(笑)

    もしかして、ピアニストのことですか?これは、演奏ではなくて、パフォーマンスが凄かったということなんですよ(爆)

    byヒジヤン at2009-04-26 22:29

  3. 私はこのホールで
    大学3年生(今から38年前)の時に
    尾崎紀世彦さんのライブを
    聞いたことがあります
    (古ーーーー!)

    そのときはPAで拡声していたので
    さほど覚えていませんが
    相当古いホールですね。

    今みたいにいろいろないいホールが出来たら
    完全に時代遅れでしょうか。
    渋谷公会堂 懐かしくて
    涙が出そうになりました。

    byモモンガ at2009-04-26 22:31

  4. あ~モモンガさん

    すいません。思い出のホールをけなした格好になっていますかね。ですが、ホールのせいだけでなく①運営上のまずさ、②観客のまずさ、③区長まで出てきちゃって・・・・・(泣)

    PAで鳴らすなら問題ないと思います。
    思い出のものは、何でも(その方にとって)良いものになりますよね~。私も、懐かしのメロディーが好きです。(笑)

    byヒジヤン at2009-04-26 22:36

  5. ヒジヤンさん 今晩ワ

    昔のホールって大体こんな物でしたよね。
    運営が区主催であれば、運営のまずさは仕方の無い所でしょうか。

    しかし、ピアノの底板の音を聴く機会も余り無いので、貴重なご経験で無かったのではないでしょうか。

    お疲れさまでした。

    byRay at2009-04-26 22:43

  6. ヒジヤンさん、こんばんは!

    ”ピアノ独創オーケストラ伴奏つきだ”!めったに体験できないですよね(笑)。バランスはともかく、1列目はソリストとの一体感がすさまじいですね。彼(女)らのバイタルサインというか息吹、気迫が直に伝わってきて...そのような楽しみ方もあるのかと、教えていただきました。

    bynissy at2009-04-26 22:46

  7. ヒジヤンさん
    別に思い出のホールじゃないので
    たいしたことは ありません。

    クラシックは特にいいホールで聴くのと
    悪いホールで聞くのでは
    全然違いますから 今回みたいだと
    ガックリ来ると思います。

    やはり区主体ですと仕方がありませんね。

    ピアニストを目の前に見ていると
    気迫まで分かりますか。
    私もそんな体験がしてみたくなりました。

    byモモンガ at2009-04-26 22:52

  8. Rayさん こんばんわ!

    そうですか、昔のホールはだいたいこんなもの・・・・なんですね。このようなホールだと、クラシックコンサートのほんとの良さが味わえない・・・・・なんて言ったら贅沢なのかも知れませんね。

    ですが、良い音楽を聴くために良いホールも必要なのだと、痛切に感じたのも事実でして・・・・・日本でクラシックが大衆のものになり難いのは、こんな所も要因なのかも知れませんね。

    ピアノの底板の音!
    本当にこれは、貴重な体験をさせていただきました。
    ピアニストの顔を下から覗きこむのも!!! です。(笑)

    byヒジヤン at2009-04-26 23:12

  9. nissyさん

    バイオリン協奏曲やその他の楽器の協奏曲であれば、目の前で聴くのは本当に好きなんです。ですが、今回はピアノの裏から音が聞こえてきて・・・それもかなりの大音量でした。(90dBはいっていたと思います。)凄い体験でしたよ。(笑)

    ソリストとの一体感
    これは良かったですね。迫真の演奏!まざまざと見せつけられた感じです。多分この曲を聴くたびに思いだすことでしょう。

    byヒジヤン at2009-04-26 23:21

  10. モモンガさん

    お優しい人柄が伝わって来ました。

    >クラシックは特にいいホールで聴くのと悪いホールで聞くのでは全然違いますから 

    これ、本当にそうなんですよね。今回のホールで、中央より後ろに座ったら、音はオーディオの方が良いと思いますね。ですが、熱気は生演奏独特ですね。映像つきでも感じるのは難しいかと。

    >ピアニストを目の前に見ていると気迫まで分かりますか。

    これ、ピアニストを真近で下から覗きこむ・・・なんです。
    こんな体験は、一生出来ないと思います。(笑)

    byヒジヤン at2009-04-26 23:27

  11. ログさん こんばんわ!

    そうなんですね~、名前の件は電通が命名権を取得し、サントリーに命名権を転売した上で「渋谷C.C.Lemonホール」という名称になったんだそうなんです。

    荷物が座っていた件は、最初、初老の男性と中年の女性が二人で荷物を置いていたのです。「ここ空いていますか?」と声を掛けたら、男性はすぐに荷物をどけて「空いてます。どうぞ」だったんですが、もうひと方は知らん振りだったんです。空いている時ならいいと思いますが、混んでいましたし、前に人気があって「チラ見」していく方もいたんですよ。(怖)

    RD-3は、返しそびれていてスミマセン。効果は効くものと効かないものがあるようです。連休中にお返しに上がります。(謝謝)

    byヒジヤン at2009-04-27 20:45

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする